FC2ブログ
映画やドラマの感想です
★★☆☆☆容疑者Xの献身 2008
2018-09-18 Tue 22:00
監督:西谷弘
出演者:福山雅治、 柴咲コウ、 松雪泰子、 堤真一
収録時間:128分
レンタル開始日:2009-03-18

Story
東野圭吾の直木賞受賞作を、福山雅治と柴咲コウ共演で映画化。貝塚北警察署の刑事・内海から殺人事件の相談を受けた湯川学は、かつての親友である天才数学者・石神哲哉が事件に深く関わっているのではと疑念を抱き…。共演は堤真一と松雪泰子。 (詳細はこちら

すごく雰囲気を大事にしてるのは伝わるけど、エンタメ的豪華
キャストでちょっと無理があったかな。

ドラマのちょっと明るい雰囲気もどうしても引きずるし。

品川とか出てきちゃうとふと現実に引き戻されるというか。

雰囲気を大事しようという思いだけ一人歩き。

厳しい雪山登山もなあ。

山を楽しむ数学者ってたくさんいるとは思うけどあそこまで厳しい
雪山だとものすごく違和感があった。


東野ならではの凝ったプロットだけど、個人的にはそれが仇と
なって回りくどかったけどたいしたオチでもなかったなという
印象。

ちょっと石神の花岡靖子への思いも理解できるまでに至ら
なかったかな(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆物呪~モノロイ~ 2009
2018-09-15 Sat 22:00
出演者:成宮寛貴、 谷村美月、 西田麻衣、 末高斗夢、 森下亮、 島田秀平、 田中要次、 コン・テユ
収録時間:51分
レンタル開始日:2010-03-26

Story
呪いが宿った物に関する実在の恐怖物語を、ドラマ形式とドキュメンタリー形式で綴ったオムニバスホラー。ナビゲーターに人気俳優・成宮寛貴を迎え、恨みや悲しみが「物」に宿ったことで起きた3つの恐怖の実話を生々しいタッチで紹介する。 (詳細はこちら

役者が派手じゃない分、しっかり丁寧に作られていた感がありま
した。

★★★☆☆恐怖の降霊術「ひとりかくれんぼ」

ほんとに流行ってるのか知らないけど流行ってるとしたらここまで
来たかとちょっと怖くなりました。

ぬいぐるみに刃物突き立てるとかはなあ(^^;

谷村美月はすっかりホラーものではベテランですね(^^;



★☆☆☆☆島田秀平が見た心霊アパート「13階段」

この話、前松本のゾッとする話で聞いてたけど正直嘘臭くて今一。

13階段がとってつけた感じなんですよね(・、・)

話も今一。

後の霊がついてた話もうそ臭く白けました。



★★★☆☆遊女の呪いが起こす戦慄「おいらん淵」

おいらん淵ってよく聞きはするけどすぐ忘れてたような。

これはおいらん淵を本当に上から覗き込む映像があったのである
意味それが一番怖かったです(^^;

あんなところでいきなり橋を落とされたら(^^;

仕事であの辺りに行ったことがあるのでひょっとして通ってたの
かなと思ってゾッとしました(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆真少林寺 1994
2018-09-12 Wed 22:00
出演者:ジェット・リー
収録時間:91分
レンタル開始日:2003-08-29

Story
ハリウッドアクションスターとなったジェット・リーが、『少林寺』で映画スターとなるまでの血の滲むような修行の様子を克明に追いかけたドキュメンタリー。本人の演技や、高名な少林武僧たちの妙技の数々、恩師に再会する感動的なシーンなどを収録。 (詳細はこちら

一応映画館上映を想定した作りみたいですが少林寺を中心とした
拳法の練習やその成果を集めたものですね。

あとジェットリーのPVみたいな感じかな。

それはいくらなんでもインチキだろってものやあほらしくて笑える
ものが多くてびっくり人間特集みたいなところも。

人間を鐘突き棒みたいに釣って鐘突きみたいに硬いの突いて頭鍛え
たり、空気椅子させてお尻に鋭利な棒突きつけて倒れたら刺さるよ
とか。

一番笑ったのは股間を鍛えるとかで何度も何度も蹴って貰ったり
グラウンドを鳴らす鉄のローラーみたいのを引っ張ったりするとこ
かな(^^~

あとこの子は頭を鍛錬してるから大丈夫とブロックをぶつけられて
ブロックを割るんだけど明らかに子供が涙目だったり(笑)


痛々しいのは槍を四方八方からしなるほど突きつけられるけど
刺さりませんて奴かな。

やめてー!見たくない!って感じでした。


あと一指禅とか行って人差し指一本で逆立ち(壁にはもたれかかる
けど)って奴の人差し指がぐに~って曲がってるとこかな(^^;



まあ子供が見たら真似して大怪我しそうだから「絶対真似しない
で下さい」と今ならテロ必須ですね。

そういえば途中で出てきた太極拳の師匠が亀仙人そっくりでした。


ジェットリーの演舞は一人ってのもあって映画の比じゃない俊敏さ
で一見の価値有りですね。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★よみがえる第二次世界大戦 2009
2018-09-09 Sun 22:00
収録時間:49分
レンタル開始日:2015-04-24

Story
第2次世界大戦の貴重な記録映像を、デジタル技術を駆使してカラー化した戦争ドキュメンタリー第1巻。ヒトラーの台頭に始まり、ポーランドへの侵攻、ドイツ人によるユダヤ人迫害など、初期のヨーロッパ戦線について紹介する。第1回を収録。 (詳細はこちら

第二次世界大戦の映像に色を付け再構築して解説してくれる作品。


色がつくだけでやっぱり生々しさが全然違いますね。

ヒットラーも本当に生きてるみたいに。

時系列に並べて解説してくれるので非常に分かりやすいです。

正直、知らなかったり忘れてたことが多くて恥ずかしくなる位。


印象に残るのはレニングラードで本当にライフルスナイパーが遠く
を歩いてる敵兵を狩りのように射殺していくところですね。


あとやはりユダヤ人虐殺かな。
改めて白い肌の死体の山を見ると愕然としますね。

特に収容所の所長の妻が刺青とか人体をコレクションしてた話。

そこで首が縦に綺麗に真っ二つに切られ四角いガラスのケースに
入れられて部屋の飾りにされてるのは眩暈すら覚えるほどおぞまし
かったです。


あと忘れがち、陰に隠れがちだったけどアメリカの日系人市民の
強制収容所もかなり環境が劣悪で悲惨だったようですね。

そこで無理やり忠誠を誓わせて前線で通訳などに強要していたと。


それこそほとんど戦禍の無いアメリカ本土内でもこんな凄惨な話が

あったとなるとまあどこの強制収用がひどいと考えるのもあまり
意味が無いのかなとも。


終わって思ったのは結局鍵は核爆弾だったなと。

当初開発に圧倒的に有利だったのはドイツだったけどあまり興味を
示さなかったんですよね。

同じくアメリカが日本をかなり警戒していたらしく日本も先に開発
してもおかしくなかった。けど日本もあまり興味を示さなかった。


アメリカも当初興味を示さなかったが迫害を受けたユダヤ人科学者
の必死に呼びかけで開発成功へ。

もし先にドイツや日本が開発し実戦投入していたならば。

そんな漫画ありましたね(^^; 大和作らず核爆弾作ってたら…。


しかし前もこういう戦争解説シリーズに挑戦したけど入ってこなく
て断念したけどこれは本当に良かった。

並みの戦争映画が束になっても叶わない衝撃があります。

なにせ現実の映像ですから。


PS 東京大空襲も取り上げて欲しかったですね。あれは逃げ道を
塞ぎ追い詰めるように一夜で10万人も焼き殺した相当残虐なもの
だったのですから。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★推手 1991
2018-09-06 Thu 22:00
監督:アン・リー
収録時間:107分
レンタル開始日:2006-09-22

Story
『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督の長編映画デビュー作となったヒューマンドラマ。“アジアとアメリカ”、“父と子”の心の交流を綴る。太極拳の師・朱老人は息子夫婦の住むニューヨークで暮らし始めるが、カルチャーギャップに戸惑う。 (詳細はこちら

前半はたるくてこりゃだめだって感じでしたが中盤以降ものすごい
切ない展開になってきて、おっこりゃ何か違うぞと。

最後はじわっと涙ぐんでしまいました(^^;

太極拳の名人レベルで書道も立派なスーパーお爺ちゃんでもこんな
に孤独な寂しい生き方をせざるを得ないのかというところが
目新しいですね。

立派な料理の先生でも次の日には邪魔な老人扱い、そんな現実。

実際に太極拳は習ったことがあって先生は映画同様に押しても
引いてもびくともしない人だったし、吹き飛ばす、弾き飛ばすと
いうのも見てるので馬鹿らしいというのはなかったですね。

まあ映画はさすがにそこまではないだろとは思うところもあり
ましたが。


気になったのは饅頭テーブルにわざとでぶちゃんを吹き飛ばした
ところです。あれやっぱりわざとですもんね。ちょっとはいじわる
もするってことでいいんですよね(・、・)

あと旦那がキッチン破壊しすぎ(^^;(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆ビッグ 1988
2018-09-03 Mon 22:00
監督:ペニー・マーシャル
出演者:トム・ハンクス、 エリザベス・パーキンス、 ジェレット・ラッシュトン、 ロバート・ロッジア
収録時間:105分
レンタル開始日:2001-07-06

Story
『プリティ・リーグ』の監督P・マーシャルと主演のトム・ハンクスが再び組んだファンタジック・コメディ。ある日、少年が目覚めると体が大人になっていた。友人の計らいで玩具会社に就職した主人公は、持ち前の自由な発想でヒット商品をつくっていく。 (詳細はこちら

世にも奇妙なでやりそうな単純な話だけど肩の力を抜いて見れて
ふわっと心が温まるような良作でした。

エリザベス・パーキンスもなかなか魅力的。

トム・ハンクスは30超えてたらしいですがさわやかな好青年として
魅力いっぱいだったと思います。

あんな願いの叶う怪しいゲーム、あったらいいですよね(^-^

初体験の時は良かったろうな( ̄ー ̄)
別窓 | 映画 | コメント:0
☆☆☆☆☆モンゴル 2007
2018-08-31 Fri 22:00
監督:セルゲイ・ボドロフ
出演者:浅野忠信、 スン・ホンレイ、 クーラン・チュラン
収録時間:125分
レンタル開始日:2008-10-10

Story
『コーカサスの虜』のセルゲイ・ボドロフ監督が、浅野忠信主演で描く歴史劇。一部族の頭領の息子として生まれ、後にチンギス・ハーンと呼ばれる男・テムジン。彼は裏切りや復讐の渦巻く壮絶な運命と闘い、強靭な魂で統率者として頭角を現していく。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

見る前は大して金も掛けてなくてモンゴルの人たちによって作ら
れた歴史に忠実な良作という印象だったのですが。

いざ見ようとちょっと紹介を確認していたらロシア人監督により
ドイツ/ロシア他複数の外国資金によってかなりの高額の制作費で
作られた作品らしいですね。

となるとちょっとアカデミーも逆に胡散臭く(^^;


見る前はおお確かに浅野はモンゴルっぽい、ナイスキャスティング
と思ったけど大間違いでした。

本自体端折り過ぎでなぜテムジンがのし上がれたのか統一できたの
かが全然見えてこないんですよね。

妻や家族を大事にしたというすごい平凡なことばかりクローズ
アップしてしまった付けがまわった気がします。

そもそも女子供の価値観は全く違うはずでフィクションもいいとこ
というのが痛い。


で他のキャストに比べて浅野がやせすぎというか生気が無いという
か弱々しいというか顔色が悪いというか。

日本の作品で見ると気にならないけど周りのキャストがモンゴル風
だと目立ちますよね。

だからテムジンが生き延びた説得力がないしあんな荒武者をひき
つける説得力がまるでないんですよね。

あと思うとキリストっぽいかなと。この辺はロシア人監督、ドイツ
とロシアの資金が影響しちゃったのかなと。


あと戦いもズームと血飛沫でスケールの小ささをカバーしてる感か
がありあり。

血飛沫があまりにわざとらしく綺麗に飛ぶので萎えます。


あと鎧が謎の時代のものになっていて、両手で短剣を逆手に持って
突入とか、SF時代モノかってのってぐらい変てこで萎え萎え。

元寇の絵とか出回ってるんだからもう少し時代考証しっかりしても
よかったんじゃないの?大体マスクなんて全く意味不明だし。


止めが最後のメタルっぽいED曲。あ~やっぱりおかしいわこれと。


つうかチンギスハーンの絵なんて朝青龍そっくりなんだから朝青龍
で作ればよかったのに(笑)あれなら説得力あるでしょ。

まだ反町テムジンの方がカリスマに説得力がありましたね。

嫌味であれは義経だからなんてのも目にしました(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆ブルー・ストリーク 1999
2018-08-28 Tue 22:00
監督:レイ・メイフィールド
出演者:マーティン・ローレンス、 ルーク・ウィルソン、 ウィリアム・フォーサイス、 ニコール・アリ・パーカー
収録時間:94分
レンタル開始日:1999-01-01

Story
凄腕の宝石泥棒マイルズは、仲間の裏切りで逮捕される寸前に、青い輝きを放つダイヤモンド"ブルー・ストリーク"を建設中のビルの中に隠すことに成功した。歳月が流れ、刑務所から出所した彼は一目散にダイヤの隠し場所へ向かうが、そこは何とロス市警になっていた!宝石奪還のために考え出したイチカバチカの大作戦─それは刑事になって警察署に潜り込むこと。偽刑事にも関わらず泥棒知識フル活用で次々と事件を解決してしまうマイルズに署長はベタボレ。ついには巨大組織の麻薬取引現場におとり捜査へ駆り出された…。 (詳細はこちら

マーティン・ローレンスってトイストーリーのじゃがいも君みたい
ですよね。

表情が豊かで結構面白い。

で警察に潜入してちゃっかりやり手刑事に成りすまし刑事としては
型破りな行動が逆に賞賛されてしまうというある意味ベタベタな
展開ですがそれがきっちり決まってなかなか楽しめます。

終盤は派手なガンアクション、カーアクションもあってその辺も
見ごたえがありほんと卒なくまとめてる感じでした。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆マイケル・ジャクソン愛と悲しみの真実 2009
2018-08-25 Sat 22:00
さらっと流し見の予定でしたが。

ドキュメントドラマですが、ほんと人間て金が絡むと変わって
しまうんだなとつくづく思わされるという意味では並みの名作映画
以上の説得力があったと思います。

三人の子供まで必死にイタズラされたと嘘ついている姿を見ると
本当に切なくなってきますね。


けどクリス・タッカーや訴えた側の弁護士の秘書の内部告発が
あってやっと無罪を勝ち取ったことを考えると、味方の多い
スーパースターでさえギリギリやっと勝てたなら普通の金持ちでは
到底勝てないんじゃないだろうかという何か絶望的な思いもわき
上がりました。

痴漢冤罪同様、児童虐待のでっちゃげもたやすく、そして無罪を
勝ち取るのは非常に困難という現実を見てしまったような気が
します。

人の善意につけ込んで夢を与えたいなどと親切にすると思わぬ
落とし穴が潜んでいると肝に。


ちなみに少年の父親エヴァン・チャンドラーは09年11月に自殺
してるんですよね。

裁判で負け相当冷たい目にさらされていたと思いますがMJの死が
彼の自殺の引き金になったのも考えさせられるものが。

妻や嘘をついた三人の子供達は自業自得とは言えここまで悪人扱い
されるとなにか可愛そうな気もします。


あと気になったのはMJに屈辱の全裸検査ですが、決定的な嘘の証拠
になったのにも関わらずマスコミはMJはクロと突き進んで全く取り
上げてくれなかったらしいです。

MJが示談金を払ってしまったのも認めたと付け込まれた原因だそう
ですが長い裁判に無駄に人生を失うなら前向きにというMJの思いは
完全に無視されて。


僕自身もこのドラマを見るまでは結局グレーだったのかなと思って
いたのでマスコミって怖いなあとつくづく思いました。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆はりまや橋 2009
2018-08-22 Wed 22:00
監督:アロン・ウルフォーク
出演者:ベン・ギロリ、 高岡早紀、 清水美沙、 misono、 穂のか、 ダニー・グローヴァー
収録時間:120分
レンタル開始日:2009-12-11

Story
ダニー・グローヴァーが製作総指揮と出演を務めたヒューマンドラマ。父は太平洋戦争で、息子は在日中に交通事故で命を落とし、日本を忌み嫌う米国人男性が来日。彼は現地の人々との触れ合いを通し、心を解していく。石橋貴明の娘・穂のかが出演。 (詳細はこちら

穂のかでも見てみるか程度の軽い気持ちでしたがなかなか良かった
です。

メッセージ性抜きにしても興味深く出来ていたので編集とか基本的
なことも良いんだと思います。

監督のアーロン・ウールフォークは初監督ながらも高知で英語の
教師をしていたそうで納得。

清水美沙が今の日本では…と言いたくなるところもあったが監督
から見た日本は確かなものでその美しい日本を大事にしたかったと
いうのは正解だと思いました。

一方で細かい部分では日本の俳優の意見を尊重していたそうで
通り道の地蔵を拝むかで拝まない方が自然という高岡を尊重した
そうですが、それも大正解だったと思う。

拝まれたら興ざめだったと思います。


気になったのは祖父の死亡理由が分からなかったことですね。

「悪のために戦った極悪人。ヤツらは無実の人を殺した。女性を
強姦した」

なんてダニエルは言っててそれに対して原がアメリカだって一緒
と言ってたけどそれは全く全然違うことです。

なので祖父がどのように酷い殺され方をしたかは重要なのです。

戦争での兵士同士の戦いは酷いと言われる筋ではないのですから。


ここは結局、ダニエル先入観は正しいと認めたことになるので
ちょっと許しがたいものがありますね。


キャストの話ですが主演のベン・ギロリは良かったと思います。

清水美沙もすごく良かったですね。

高岡早紀は魅力もあり良かった。

監督が言っていたけど英語でベン・ギロリに負けずに演じれたのは
すごいことだと思います。


穂のかは何分も出てないしあまり話さない女の子ということなので
評価するような演技でもないけれどでもものおじせずに演技してる
感は良かったと思います。

misonoは全然好きじゃなかったけどキュートだったと思いま
す。

ただエンディングは勘弁…。

あ、あとポップなよさこいはちょっと勘弁して欲しかった(^^;



PS 高知は好きで二度。車でのんびりといっているのでとても
懐かしい気持ちになりました。
別窓 | 映画 | コメント:0
| ムービースタリオン | NEXT