映画やドラマの感想です
☆☆☆☆☆オーストラリア 2008
2018-02-17 Sat 22:00
監督:バズ・ラーマン
出演者:ニコール・キッドマン、 ヒュー・ジャックマン、 デヴィッド・ウェンハム、 ブライアン・ブラウン
収録時間:166分
レンタル開始日:2009-08-12

Story
『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督がニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマン主演で描いた壮大なラブストーリー。オーストラリアから1年以上戻らない夫を心配したサラは、彼の消息を確かめるため、無骨なカウボーイと領地へ向かうが…。 (詳細はこちら

うーん、なんだろう、話し抜きにしてもつまらないと感じました。

編集?音楽?CG臭さ?諸々だとは思いますが。

牛追いのシーンも背景も色合いのせいかCG臭さ全開なんですよね。

崖のシーンもいかにもCGで白けて…。


おてんばな未亡人のサラとしてニコール・キッドマンはタイプと
いい、年齢といい無理がありすぎて痛々しく見えました。

で『風と共に去りぬ』風ではあるけれど、運命に翻弄されたという
よりはサラの好き勝手で苦境に陥ってるだけ?感が。

だって旦那はすぐ帰る予定だったんでしょ?

カーニーがあくどい手段で奪おうとしていたような話になってる
けどヨーロッパにいて利益だけ得ようなんて甘いですよね。

奪われてというか現地にいる人間が使って当然。

それをすこしでも高く売りたいと欲張っただけ。


でサラもあんな豪邸の奥様なんだから旦那殺されたらすぐ帰って
豪邸の切り盛りしようっていう責任感はないものなのか?(・、・)

それがついてまわりますね。


なんかアボリジニやナラ(少年)の扱いが酷くてそれこそ貧しい子
に恵んであげてるようなものすごく見下した印象なんですよね。

白人様々な感じ。

それもあるからとっととイギリスに帰れよという気持ちがずっと。


さて日本軍の描写ですが、ダウニーや伝道の島を攻撃したのは実話
らしいですね。

けど上陸はフィクションだそうです。つまりアボリジニをあんな風
に残虐に射殺したり市民があそこまで逃げ惑うということは無かっ
たそうです。

で攻撃したのは実話とは言っても、重爆撃機ならいざ知らず、
あんなゼロ戦タイプ飛行機では積める爆弾はたかが知れていて
虎の子の爆弾をあんな風に何も無い浜辺やちっぽけな小屋に
落とす余裕なんてありゃしません。

町が木っ端微塵になったみたいなシーンもあったけどそんな火力も
ありゃしません。

貴重な爆弾は軍艦や軍事施設に集中したはずです。

まあちょっと安易に過剰演出してしまったな感は強いですね。

オーストラリア軍と交えたことはあまり有名ではないですが、
アメリカにイギリスとオーストラリアの三国は日本軍への反抗
の原動力となります。

またオーストラリアはマッカーサーが一時撤退したり拠点として
重要で、米豪遮断作戦が重要になりますが、ここで日本軍がかなり
消耗戦を強いられ劣勢へ転じる一要因となります。

オーストラリアというすばらしい連合軍の基地の玄関先に戦闘機で
パラパラと爆撃して力尽きたという感じですね。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆いのちの食べかた 2005
2018-02-14 Wed 22:00
監督:ニコラウス・ゲイハルター
収録時間:92分
レンタル開始日:2009-02-06

Story
人々の生活とは切り離せない「食物」の生み出される現場を捉えた食育ドキュメンタリー。野菜や果物はもちろん、家畜や魚までもが効率的に生産・管理され、人間のための食物へと姿を変えていく姿をありのままに淡々と映し出していく。PG-12 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

しばらく食欲がなくなるほどと予想してたのですが、思ったよりは
たいしたことがなかったです。

特に最初の40分位はたいしたことがなくて映画館なら寝てたかも
早まわしで見ましたけど。

まあ野菜全般は全然ひっかかるものがなかったです。

40分過ぎると魚鳥豚牛の屠殺加工が始まるので少し眠気も冷めま
す。

それでも想定の範囲内といった感じでした。

昔屠殺場でバイトしていた人の話を聞いていて眉間に何か打ち込ん
で殺すという話も聞いてましたしね。


それでもひっかかったのはやはり豚と牛が流れ作業で殺されて
いくところですね。

豚はベルトコンベヤに乗せられて何か筒のようなところを通ると
もうぐったりとしてどう殺してるのかは分かりませんでした。

牛は顔だけ出すようなところに追い込まれて眉間に何かを打たれる
とガクっと死んでました。

実弾と聞いていた気がするのですが、これ見ると電気ショック
みたいな感じでした。

一匹目は無警戒だったのに、二匹目はなぜか悟ったのかブルブルと
尻込みして嫌がっていたのが印象的でした。


あとは魚豚牛と腹を切られて内臓が出るところがちょっときつい
ですね。

内臓だけをひたすら手でちぎって分けていた人もいたけどあれは
きつそう…。

あと豚の足や鳥の首をひたすらチョキンチョキンと切り落として
いる仕事も(^^;


あと乳にバキューム機だかつけて身動きできないほど狭いところで
じっとしてる乳牛も少し切なくなりました。


でも全体的になにかあっさりとした淡々とした感じで、監督の
インタビューもあったけど以外に軽くて何か拍子抜けしました。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆チェンジリング 2008
2018-02-11 Sun 22:00
監督:クリント・イーストウッド
出演者:アンジェリーナ・ジョリー、 ジョン・マルコヴィッチ、 ジェフリー・ドノヴァン、 コルム・フィオール
収録時間:142分
レンタル開始日:2009-07-17

Story
ロサンゼルスで起きた実話を元に、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演で映画化したサスペンスドラマ。息子が行方不明になり不安を抱える母・コリンズ。数月後、警察が彼女の下にひとりの子供を連れて来るが…。PG-12作品。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意※※※

う~ん、警察の腐敗と正常な人間の精神病院送りの話は結構見て
いるのでまたかという感じでした。

なにか抑えた演出で淡々としているように感じました。

まあ少し盛りだくさんで駆け足気味?

クリスティン(アンジー)はごく普通のことをしていただけで、
ちょっと恵まれすぎ、出来すぎじゃないかなと。

勇敢な精神病院の仲間や弁護士、そして牧師やそれにつながる
デモしてくれる市民と恵まれすぎな感じが。


一方でやっぱり7cm縮んでるとか別の子スリ替える無理あり過ぎ
ないかなと。

後半写真が出てきたから写真はあるわけで、それと今の写真を新聞
にでも載せてもらえば一発でおかしいという声が高まるんじゃない
の?と。


でまた「A TRUE STORY」(^^;

これ実話らしいんですよというレビューが多くてぞっとしました
(^^;


とりあえずゴードンは性的の捌け口の為に子供さらって、貸し出し
までしていたそうです、子供を対象にした違法風俗みたいなもの
か。母親まで協力していたそうで立派(皮肉)な商売ですな。

今でも似たようなことはたまに摘発されてますが。
「暗闇の子供たち」も似たような設定でしたね。

でゴードンのウォルターを殺したという自白でクリスティンは退院
したらしく、つまり退院のきっかけは完全にフィクション。

その結果死刑後の希望的な展開も完全なフィクションになります。


あっあとゴードンは自ら精神異常者でないと主張していたそうで
映画のように死を恐れていたのは違うみたいです。


あとマスコミに写真載せればいいのに…は公式見ると結構LATimes
に取り上げてもらってはいるみたいですね。

となると映画のような孤軍奮闘というのでもなかったような。

というか偽の子供も新聞に載ってるけどなぜ偽の子供の家族は気づ
かないのか疑問ですが、そもそも継母と折り合いが悪くての家出
だそうで。となるとあの感動の再会もフィクション(^^;


あと気になったのはクリスティンの旦那、ウォルターの父は強盗で
長期服役中。

つまりクリスティン像もがらりと変わってるんですよね。

あんな上品なエリートシングルマザーじゃない。

時代背景も大戦後で急激な経済や社会基盤の変化が起き、それが
急激な格差社会を生み人種差別が公然と行われるようになっていた
荒れていた時代。

アメリカが破綻する世界恐慌の直前の歪みきった時代ですから。

そういった社会背景とクリスティン家の状況が捜査をややこしく
したネック、根っことも言えると思います。

ついでに言えば実際は案外もっとまともに捜査されてたそうです
が(^^;


結局精神病院にいれられても仕方が無いと思われてはいけないので
あまり感情の激しくない上品な女性像にしたわけですが、現実の
設定(強盗の妻)であればがらりと印象は変わったでしょうね。

強盗の妻が100%DQNとは言いませんが…。


といくつか抜粋してみましたがこれでさすがに「A TRUE STORY」
はないんじゃないですか?と。

いい加減に「実話」詐欺は勘弁して欲しいです('~`;)


それでも終盤のまとめ方は良かった(フィクションですが)ので
★二つまでとします。

せっかくいい題材なのにちょっともったいないなと思います。

あと30分伸ばしてもクリスティン恵まれてるなと思わせない話に
して欲しかったです。

あと根っこの部分の脚色はしてほしくない。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ブギーマン 2005
2018-02-08 Thu 22:00
監督:スティーブン・ケイ
出演者:バリー・ワトソン、 エミリー・デシャネル、 スカイ・マコール・バチュシアック、 ルーシー・ローレス
収録時間:88分
レンタル開始日:2006-09-28

Story
『スパイダーマン』のサム・ライミ製作による、全米No.1ヒットを記録したショッキングホラー。誰にも言えない心の傷を抱える青年・ティムの下に母・メアリーの訃報が届く。母の葬儀のため、ティムは忌まわしい記憶がこびりついた故郷の家へと戻るが…。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意※※※

ラストはうやむや系ではありますが、大体はああだなと分かりま
した。

けどそれが苦手な人は見ない方がお勧め(^^;

88分と短めにも拘らず後半にかけてちょっと中だるみを感じまし
た。

モーテルの下りも謎を膨らます意味では効果がありますがやはり
大風呂敷感が否めません。

主演のバリー・ワトソンの神経質そうなところが単なる妄想なのか
とひっぱることに効果的だったと思います。

あと映像の特殊効果も面白く、後半までは引っ張るのが上手くて
★五つものでした。


結局、あの娘の親も同様で大事な人を失った人はブギーマンにつれ
さられたのだという妄想で現実から目を背け、その妄想がどんどん
膨らんで自身の精神を蝕み、いつしかそれは具現化してしまうと
いうオチなんだと思います。

子供のティムは持っていたお化けの人形からモンスター像を作り
あげてしまったんですね。
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆プリティ・ウーマン 1990 再見
2018-02-05 Mon 22:00
監督:ゲイリー・マーシャル 
出演者:リチャード・ギア、 ジュリア・ロバーツ、 ローラ・サン・ジャコモ、 ラルフ・ベラミー、 ジェイソン・アレクサンダー、 ヘクター・エリゾンド、 エリノア・ドナヒュー、 アレックス・ハイド=ホワイト、 エイミー・ヤスベック、 ジェイソン・ランダル、 ハンク・アザリア 
収録時間:125分
レンタル開始日:2000-12-20

Story
シンデレラ・ストーリーの王道、「マイ・フェア・レディ」の現代版として、女性たちに絶大な人気を誇り、見事、90年全米興行第一位となった作品。ウォール街きっての実業家ルイスが気まぐれに一週間のアシスタント契約を結んだコールガールのビビアン。しかし、彼女は瞬く間にエレガントな女性に変身。その美しさと勝気な性格にルイスは次第に心魅かれていくのだが……。 (詳細はこちら

前はそれなりに楽しんだ気がしますが今回はさらっと見たせいも
あり、都合よすぎだよなというのが。

あと正直ルイス(リチャード・ギア)が何考えてるか分からなくて
気持ち悪い><


実際金持ちが風俗嬢にって珍しくないですからね。

金持ち男が政略結婚する箱入り娘じゃ面白くもなく他にも後腐れ
無い女をって普通でしょ。

ぼちぼちのルックスとテクでガシガシのし上がる風俗嬢のいる
超高級風俗嬢ならある意味立派なエリートですからね(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆竜二 Forever 2002
2018-02-02 Fri 22:00
監督:細野辰興
出演者:高橋克典、 香川照之、 石田ひかり、 木下ほうか、 奥貫薫、 高杉亘、 桜金造、 笹野高史
収録時間:116分
レンタル開始日:2002-09-27

Story
多くの映画人に衝撃を与え、高い評価を得た映画『竜二』の脚本・主演を果たし、完成後にこの世を去った俳優・金子正次。『竜二』の製作過程を中心に、夢を追い映画に人生を賭けた彼の生き様を描いた感動の人間ドラマ。主人公・金子を高橋克典が熱演。 (詳細はこちら

ヤクザものにジャンル分けされてますが、映画「竜二」の
メイキング兼、金子正次の伝記ものです。

自分は竜二を見て付属の資料で知っていたので問題ないですが、
レビューには間違って借りた的なものも散見出来るのでしっかり
明記他すべきだったのでは?


映画全体は淡々としていて映画からは直感的にシンパシーを感じ
取れるというものではなかったです。
そういう意味ではつまらないです。

特に終盤は泣けそうと期待していたのですが、かなりあっさり
していてもったいなく感じました。もちろんあえてベタな演出を
しないこともありますが、これはもったいないように感じました。



高橋克典はかなり頑張っていてかなり似ていたといえますが、
金子の大きな魅力のギラッとした目やニカッとした愛嬌たっぷり
の顔は出来ていなかったのでそこは痛かったです。

ちょうど最近見たドラゴン/ブルース・リー物語の残念さに似て
います。

まあ映し出そうともしていなかったのでここは演出の問題かもしれ
ませんが。

あと真似ているハンディか本人も聞き取りづらかったけどそれに
輪を掛けて台詞が聞き取りづらかったのは痛い(・、・)


それでも子供は実の子だったとか、銅像盗んで鑑別所や三人刺して
少年院と筋金入りだったり、いろいろ背景が分かったのは面白かっ
たです。


石田ひかりと奥貫薫は役にマッチして魅力的でした。

奥貫薫はほんとにいい女だなあと。

胸も出してのベッドシーンと頑張ってました。

香川照之と木下ほうかも良かったです。


PS 看取った松田優作も六年後の同じ日に亡くなったとか
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ジャングル大帝 勇気が未来をかえる 2009
2018-01-30 Tue 22:00
監督:谷口悟朗
出演者:時任三郎、 松嶋菜々子、 川田妙子、 矢島晶子
収録時間:106分
レンタル開始日:2010-03-17

Story
手塚治虫生誕80周年を記念し、日本初の長編カラーアニメである人気作をスタッフ・キャストの装いも新たにアニメ化。人工のジャングル“ネオジャングル”を舞台に、ジャングル大帝を目指す白ライオンの子供・レオと少年・賢一の冒険を描く。 (詳細はこちら

雄大な自然がジャングル大帝の良さの様な気がするのですが、それ
は人工の島で人間に作られ管理された自然という設定なのでその
良さはがなくなってしまっているのは寂しいですね。

そんな状況でパンジャに「人間には勝てない」と言わせてしまうの
もつらい(ノ_・、)

まあお約束の展開ですが子供向けと考えればこんなものでしょう
か。

賢一君がなぜ動物と話せるのか?の掘り下げがなかったのは
ちょっと都合よすぎな感じもしましたが。

時任、松嶋、小倉、船越の俳優声優陣は良かったと思います。

絵ではエライザがひょうみたいでライオンらしさと母性が今ひとつ
出てなかった気がしたのは残念でした。

あとひげのおやじとか馴染みの手塚キャラが出てなかったのも少し
残念でした。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆気骨の判決 2009
2018-01-27 Sat 22:00
重厚で骨太というやつですかね(・、・)

全然頭に入ってこないので二度見ました。

私の力不足のせいではあると思いますがもう少しメリハリを持たせ
た、とっつきやすい作りにした方が良かった気がします。

いつかまた再チャレンジして見たいとは思いますが(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆クルーエル・インテンションズ 1999
2018-01-24 Wed 22:00
監督:ロジャー・カンブル
出演者:ライアン・フィリップ、 サラ・ミシェル・ゲラー、 リース・ウィザースプーン
収録時間:97分
レンタル開始日:1999-01-01

Story
マンハッタンの豪壮なタウンハウスに住むキャスリンとセバスチャン。名門進学校に通う義理の兄妹であるふたりは、飽きるほどお金にも贅沢にも浸りきり、欲望のおもむくままに生き、色恋の裏表にも通じている。今2人は、他人に仕掛ける恋の陰謀と互いの恋の駆け引きでじらし合い、挑発しあっている…。頽廃的な中年貴族の世界を現代の若者たちのあいだに蘇らせたセクシャル・ラブ・ストーリー。 (詳細はこちら

二大オチの伏線がそこまで強調せんでも…というくらいでバレバレ
だったですね(^^;

話としてはまともに読んだことは無いですが女性週刊誌のエロ漫画
みたいだなと思いました(^^;

で見慣れてないのとテンポが速いのがよくてそこそこ楽しめまし
た。


三人の女の子がすらっとしてスタイルがよくほどよく、エッチな
映像がてんこ盛りなので目の保養にもばっちり( ̄ー ̄)


主役のキャスリン(サラ・ミシェル・ゲラー)よりはアネット
(リース・ウィザースプーン)の方が可愛いなと思いました。

まあ話の筋としてはそれで正しいのですが(・、・)


セシル(セルマ・ブレア)の世間知らずの女の子は個性的な部分も
持ちつつ本当に居そうなのも良かったです。

セバスチャン(ライアン・フィリップ)は韓国花男の道明寺と花沢
を足したようなキャラだなと感じました( ̄ー ̄)

キャスリンの終盤の自己中なところはハルヒっぽかったですね。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆20世紀少年<第2章> 最後の希望 2008
2018-01-21 Sun 22:00
監督:堤幸彦
出演者:豊川悦司、 常盤貴子、 平愛梨、 香川照之
収録時間:140分
レンタル開始日:2009-08-07

Story
浦沢直樹の大ベストセラーコミックを映画化した全3部作の第2章。“血の大みそか”から15年後の西暦2015年。ケンヂの姪・カンナは、ユキジに面倒を見てもらい高校生に成長していた。一方、秘密基地のメンバーたちは、それぞれ密かに戦いを続けていた。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意!※※※

"もう一つの第2章"から最終章を見て、これをDVDで見ました。

思ったとおりつなぎなので今ひとつカタルシスは無いですね。

淡々とエピソードを消化してる感もあります。


けど再現度が高いので楽しめました。


やっぱり"もう一つの第2章"よりは映画に繋がりやすいと思いま
す。

"もう一つの第2章"は大きいところではキヨサダ(ユースケ)が
カット。あとブリトニー辺りがカット。

その関係でホクロの警官や蝶野将平(藤木)周りがカット。

あとカンナがキリコの過去を探るとこもカット。

とこう見ると結構どちらも抜けてることが分かりますね。

原作読んでない人は片方だけでは厳しいかも(^^;


キヨサダの下りは結構怖く演出されていてなかなか楽しめました。

眉の無いユースケがなかなか怪しくて良いです(^-^
別窓 | 映画 | コメント:0
| ムービースタリオン | NEXT