映画やドラマの感想です
☆☆☆☆☆コックリさん 2004
2009-06-30 Tue 20:00
監督:アン・ビョンギ
出演者:イ・セウン、 イ・ユリ、 キム・ギュリ、 チェ・ソンミン
収録時間:92分
レンタル開始日:2005-08-26

Story
『ボイス』のアン・ビョンギ監督が、イ・セウン、イ・ユリほか若手スターを迎えて放つ最恐ホラー。都会からの転校生が行った“コックリさん”によって閉鎖的な田舎の村に惨劇が巻き起こり、30年前の悲しい事件の真相が明らかになっていく。R-15作品。 (詳細はこちら

監督は「友引忌」「ボイス」のアン・ビョンギ。
これで、韓国ホラーも一通り見たかな。

韓国ホラーの共通点は美少女ですね。
可愛さでは残念ながら邦画は負けてるかもと思う。

まあ、整形が一般化してるのでそれをどう考えるかというのもある
んだけど。

日本でも何人かの女優は整形前の写真が出回っちゃてるので多かれ
少なかれかもしれませんが。

今一押しのパク・ハンビョルも簡単に整形前写真が出てきてました
しね(^^; まあ今可愛いきゃいいかなあ(^^;


話は、箪笥を例外として、古典の組み合わせみたいな既視感のある
話が多い。
まあ箪笥ももろサイコだと言ってしまえばそうなんですが・・・。


あと狐怪談を除いてお化け出しすぎ。これはEYEやハリウッドものも
そうだけど韓国が一番出しすぎな気がする。

でシーンありきで作ってしまうのでお化けの行動パターンが破綻
してしまう。自殺に追い込むタイプのおばけが、ナイフで刺しま
くったりと。


以後、ネタバレかなりあり。

でこれ。 前半は押さえが聞いていて、巧くなったなあと思いきや。
もあ中盤からこれでもかこれでもかと怒涛の露出。

なんか普通の人よりお化けの人の露出時間の方が長くないかい?と。
でもう感覚麻痺してきちゃって怖いどころじゃ・・・。

髪の長い人が怖い視線、絶叫、雷がうんざりするほど出てきて…orz


一応、お化けが二人いるってとこが真新しさかもしれないんだけど、
最初のお化けの方がインパクトがあるから、しらけてしまって。
マウントとって、血だらけの滅多差しシーン見ちゃうと、これが
やりたかっただけねって感じてしまうし。


でベースとなる話が既視感ありあり。
30年ほど前に超能力を持っている母子が小さな村に来たけど、悪魔
呼ばわりされて、イジメやあげくに焼き殺され、その復讐。

しかも母親が千里眼的に、娘の見ているものや人の心が読め、
娘は人を殺すってリングの設定そのまんまじゃん(笑)

血まみれ滅多差しシーンと火のシーンってキャリー見てるみたい
だったし、最後の女の子アップは音楽までオーメンそっくりで、
やれやれと。

そして、はあ、この子が貞子ですかといわんばかりに黒い服に長い
髪…。


娘のお化けは、目を見てしまうと自殺したくなるらしくて、黒い
ゴミ袋かぶって火つけて自殺しちゃうんですか、これがどうにも、
リングの心臓発作に雰囲気がそっくり('~‘;)

で一番萎えたのはそもそもゴミ袋かぶって火つけたって人死なない
って(笑)あっという間に燃え尽きてちょっと焼けどして終りのはず
なのに、豪快に顔が燃えつづけてるのはなんだかなあと(笑)


あと結局、前世が母親の先生がこの村にきていたってことで、
タイトルでもあるコックリさんが全くの無意味に(笑)

これコックリさんの必要性感じなくて、後からコックリさん話も
つけとくかみたいなノリかと(笑)


コックリさんは日本と違って、文字表もないし一人でも出来ちゃう
みたい。日本のって、一人じゃ出来ないし、文字もあるから、なん
となく、動いていってしまって、ほんとっぽいんだけど、、映画の
は一人でも出来ちゃうから完全に書いてるやん!って感じが笑えた。


結局、ホラーに限った話でもないけど、なにかしら斬新な話がない
と、作品全体に魅力もなくなるし、さらに演出がつまらないと、
駄作~って感じですよね。

それでも狐怪談や人形霊あたりは話しはベタだけど、演出がオーソ
ドックスなので楽しめたか(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆友引忌 2000
2009-06-29 Mon 20:00
監督:アン・ビョンギ
出演者:ハ・ジウォン、 ユ・ジテ、 キム・ギュリ、 ユ・ジュンサン
収録時間:97分
レンタル開始日:2004-11-25

Story
アン・ビョンギ監督によるホラー。大学の卒業から2年、サークル時代の友人・ソネと再会したヘジン。ソネは恐怖に怯えていて、学生時代に自殺したギョンアついて語り出すのだが、それを機に次々と周りの友人が謎の怪死を遂げていく。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

ボイス、こっくりさんのアン・ビョンギ監督の出世作?

話自体は古典をなぞってるだけで意外性はちっとも無かったんだけ
ど、お化けをなかなか出さないおかげで、怖さを楽しめました。

この監督はお化けや殺される、痛めつけられるシーンは巧いなと。
落とした鉛筆でのとこや、電話ボックスは巧かった。

でこれは五つ星ものかもと思った終盤・・・。


まずひたすら長い雨なし雷に萎えました(笑)
韓国って雨の無い雷ってよくあるの?
ふと振り返ると、都合よく雷鳴り過ぎだ韓国ホラー・・・と。

そしたらビデオテープで首締めだすし(^^;
テープじゃ、なかなか死ななくないかな(^^;

あと最後、都合よくアンテナ?雷でって。
それが出来るなら直接雷落とせよ!ヽ(≧フ≦)って。

あとサイコにそっくり過ぎる音楽も冷めたし。


で終わってみれば、ギョンアの恨みってどうなの?と。
結局事故死だし、自殺に見せかけたってそんなに違うか?
事故の原因だって、自分がトランスしちゃったからでしょ?
確かに猫はかわいそうだけど、首しめはやりすぎなんだし。

でギョンアと昔の不幸な事故は関係ないって描写があるのかと
思いきやなかったのがびっくり。
本人の意志じゃないのはかわいそうだけど、あれだけ人の死に
関わってたとなると、消えろって言われるのもいたし方ないと。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆狐怪談 2003
2009-06-28 Sun 20:00
監督:ユン・ジョアン
出演者:パク・ハンビョル、 ソン・ジヒョ、 チョ・アン
収録時間:100分
レンタル開始日:2005-01-28

Story
『女校怪談』『少女たちの遺言』に続く韓国ホラーシリーズ第3弾。陰湿な女子高を舞台に、狐の霊が棲みつくという28段の階段を巡る恐怖の惨劇が美少女たちを襲う。パク・ハンビョル、ソン・ジヒョ、チョ・アンら、韓国映画界の次代を担う若手女優が共演。 (詳細はこちら

パク・ハンビョルって人が“第2のチョン・ジヒョン”と言われて
ると聞いて。 今韓国でCMのオファー殺到でCMの女王なんだとか。

画像みたら、ほんとそっくり。 まんま若くなったみたい。
やられました(=_=*(笑)

見た目も本当に綺麗で可愛いんですが、映画だと素晴らしいバレエ
を披露していて、さらにやられました(=_=*(笑)


とパク可愛さでというだけでなく作品としても良かったです。
今まで見た、韓国ホラーでは一番完成してると思う。


やっぱり、お化けなのか違うのか?という状態が怖いんですよね。
もう一回でもお化けを出してしまったら、その怖さはなくなって
しまう。
なかなかお化けの出ないお化け屋敷の怖さでよく例えるけど。


この作品でいえば、狐ののろいと見せかけて、実は薬でやせていた
と裏をかく。 次は、危ない感じの醜いヘジュの偏狭な行動か?と
裏をかく。

次には醜いヘジュの狂気か?と裏をかく。
と終盤までお化けなの違うの?とゆさぶられつづける。

メインテーマとしては僻みといじめ。
バレエと美術の二つの話で才能の有無。
太ってしまう女の子の後ろめたさ。
女性の胸の大きさをダイエットと絡めて肉体的な妬みも示唆。

そこに事故に絡んだいじめが。
どこにでもありそうだけど、凄く切ない話で。


演出で巧いなと思うのは美術部という設定を生かして、
背後に怖めな絵の人物の視線を配置するとこですね。
まあ斬新とまでは行きませんが。

あとなぜか鼻につかないギリギリのいじめ演出。
事故で、憧れのヒロインを殺した罪と、今クール優勝への妬みを
絡めて。
バースデーケーキや画鋲?の話はぐさっと胸に来ました(^^;


あと、くるくる髪の毛は初めて見た気がして面白かった(^-^
リングそっくりなシーンはやっちゃったあ(ノ∀`)でしたが。
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆真夜中の弥次さん喜多さん 2005
2009-06-27 Sat 20:00
監督:宮藤官九郎
出演者:長瀬智也、 中村七之助、 小池栄子、 阿部サダヲ
収録時間:124分
レンタル開始日:2005-10-07

Story
しりあがり寿の原作漫画を映画化した宮藤官九郎初監督作品。バイクにまたがり、時空を超えてお伊勢さまを目指して飛び出した弥次さんと喜多さんが珍道中を繰り広げる。長瀬智也と中村七之助をはじめ、小池栄子、竹内力など豪華出演陣が好演。 (詳細はこちら

クドカン監督デビュー作。
てか、結構ヒットとばしたから、好きなように作っていいよ~と
いうくらい好き放題作った作品ですねこれ。

こういう複雑怪奇な作品って撮りたがる監督さん多いですよね。
でそのままそっちの世界から帰れなくなっちゃう監督も多いような。

いわゆる監督のオナニー映画ですね。
絶対人には撮れない作品を作ろうと。

てわけでいくつか笑えたシーンもあったけど、ぶっ飛びすぎで、
クドカン好きでもさすがについていけず(^^;

笑い満載なのに終盤、哲学的な展開なのもつらく(^^;


いやあ、でもよだれものの出演者で(^^;
妻夫木が出てたのにはびっくりしたし。
一番笑ったのは古田新太でした。
研ナオコも久しぶりに見ると味あるよなあと。
キノコ以外裸の麻生久美子は美しかったし。
他、いろいろ。

あと、弥次さん喜多さんのディープキスには参りました…(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★2046 2004
2009-06-26 Fri 20:00
監督:ウォン・カーウァイ
出演者:トニー・レオン、 木村拓哉、 フェイ・ウォン、 チャン・ツィイー
収録時間:130分
レンタル開始日:2005-04-27

Story
ウォン・カーウァイ監督が綴る美しく幻想的な恋愛絵巻。過去に囚われた小説家の現在と、近未来を舞台にした小説の世界が、時空を超えて交錯していく様を描く。トニー・レオンやコン・リー他、アジアスターが多数共演。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意※※※

いやあすごい良かった(´◇`)
これほどSFがうまくかみ合う例もないような(・、・)

少し年取ると、いかに巧く恋愛しようかって考えて、で適度に距離
をおくって考え出すんだけど、どうしてもがっと情熱に任せて
しまいたくなる時があるし、やっぱり人恋しい。


チャウ(トニー)は経験豊かだからか、クールに徹底して距離を置く。
友達でとか、ドレス代ってお金を払うのは正し過ぎる距離のおき方
で。

けどそれはそれでも満たされず、空しい思いを感じつづけた彼は、
小説の中に理想郷を求めてしまう。


見返りを求めずに抱かれてくれて、人恋しさを満たしてくれる
それが、まさにアンドロイド。

けれど、そのアンドロイドは感情がすぐに返せないという欠陥が。
そして感情がないとやはり満たされないことに気付く。

が感情が返せないのはアンドロイドが自分を愛していないからだと
気付く。そして、愛してくれないのは他の人を愛しているからだと
気付く。

そう小説を書くことにより空想の世界で、元々心の奥底で分かって
いた事実に自身で気付くことに。


愛されないと満たされることは無いと。


そしてそれでもまた、人生になにも見出せないと分かっていても、
同じようにクールに徹することを続けてしまう悲しさ。

痛いほど分かる人、多いんじゃないかな?
チャンツィーの可愛さと熱演で本当に心を揺さぶられるんですよね。
それがたまらなくつらいはずなのに、クールを通す切なさ(>_<


ウォン・カーウァイ監督は初めて見たと思いますが巨匠だそうで。
こういう巧い作品がアジアにあったとは(・、・)

けど「花様年華」の続編だそうで、これ見ないとよく分からない
とか(・、・)

見るきっかけにもなったキムタクはよかったと思う。
押さえ気味の口調はいつものキムタクではないと思うし。

演技は特別いいとはいえないけれど、目力では負けてないと思った。
小説内ではトニーの深層心理のキャラクターとなかなか重要な役
でした。


フェイ・ウォンはびっくりするくらい魅力的に撮れていました。
アンドロイドは可愛かったし、巧かった。

チャン・ツィイーは本当にいい女優なんですね~。
日本に欲しいわこんな女優(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆人形霊 2004
2009-06-25 Thu 20:00
監督:チョン・ヨンギ
出演者:イム・ウンギョン、 キム・ユミ、 オク・ジョン、 シム・ヒョンタク
収録時間:89分
レンタル開始日:2005-12-22

Story
“神秘の少女”と呼ばれる韓国の人気女優、イム・ウンギョン主演による韓国ホラー。森の奥深くに建つ古びた人形ギャラリーに招待された5人の男女。館内を埋め尽くす等身大の人形に魅了されると共に薄気味悪さを感じ始めた頃、ある事件が起こる。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

金田一少年ワールドですね。
人形のモデルにと人形美術館に集められた人たちが、
実はその場所の同じ村の戸籍の者。
集められた人たちの祖父母に関わった悲しい殺人事件に関係する。

美術館なのになぜか、客室があって、一人また一人と・・・。
そして各部屋やトイレの各個室にまで趣味の悪い人形が配置されて
いる。


といった金田一少年ワールドが人形の生霊や呪いに見せかけた事件
ではなく。
人形の生霊や呪いもしっかり存在しているとこが違うとこか。

まあ古典に近いので、パクリとは言えないでしよう。


話自体は最後まで普通で特に裏もかかれず、逆にまあこうなるわな
という展開。

逆に広げた風呂敷の割にはそんなに話が膨らまなかったような気も
するくらい。


けど箪笥やボイスに比べるとお化けにじらされるので、怖さは
こちらの方が上でした。
やっぱりなかなか出てこない方が怖いです。


唯一二箇所。 ダッシュ貞子とふくろうは冷めました。
とくにふくろうは映像的にも違和感ありありで(^^;


不明な部分はなんであのおっさんが幽閉されてたか、かな(・、・)
まあ途中でおばちゃんが暴走したって感じかな?(・、・)

ほん投げたなあと思ったのはマリア像。意味深だったけど意味無し。
人形と共通してるってこと?


でこの映画で一番はあのミナ(イム・ウンギョン)が可愛いこと(^^
本当人形みたいに可愛くてびっくり。

んしょんしょって一生懸命ひもを引っ張ってる様は可愛くて思わず
応援したくなっちゃいましたよ(笑) 殺そうとしてるのに(^^;(笑)
もちろんねらい通りの演出なんでしょうけどね( ̄ー ̄)


汚くなったからと子供が人形をぽいって捨てるシーンは、子供の残酷さを
描き出してて怖いものです(>_<
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2 2003
2009-06-24 Wed 20:00
監督:デヴィッド・エリス
出演者:A・J・クック、 アリ・ラーター、 マイケル・ランデス、 T・C・カーソン
収録時間:90分
レンタル開始日:2003-11-28

Story
大ヒットショッキングホラーの続編。ハイウェイで起きた突然の連鎖事故。トラックに詰まれた巨木が崩れ落ちたのを機に、ハイウェイは一瞬にして地獄と化した。しかし“予知夢”により事故を回避した8人も、時待たずして運命に直面することとなる。 (詳細はこちら

なんとなく既視感のある話。 けど、面白い展開。
あとはとにかく、いかに死に様を見せるかと。

死に様を考えるっていうとなにか気持ち悪い気もしなくもないん
ですが、もうあきれてしまうほど徹底してるので、勝手にしろ!
って感じであまり嫌悪感もなく(笑)


無茶ありすぎな事故も、結局悪魔?死神?の仕業なのでつっこみ
ようもなく(^^;

ふと思うとトゥルーコーリングの総集編を見てるような。
見事な死に様ばかり A^_^;

最初っていうのもあったけど、丸太がインパクトあったかなあ
(・、・)

あと鉄線でスパスパッというのは、殺し屋1を思い出して、
やっぱりハリウッドはリアルだなあ、金あるよなあと思いました
(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ボイス 2002
2009-06-23 Tue 20:00
監督:アン・ビョンギ
出演者:ハ・ジウォン、 キム・ユミ、 チェ・ウジェ、 ウン・ソウ
収録時間:102分
レンタル開始日:2003-10-03

Story
人々が次々と謎の死を遂げる、携帯電話を媒介した恐怖の連鎖を描いた韓国ホラー。脅迫電話に悩まされていたジャーナリストのジウォンは、親友のアドバイスにより住まいを替え、携帯番号も変更するが、ある日、誰も知らないはずの電話が鳴り出し…。 (詳細はこちら

シナリオはすごく面白かったと思います。
まあ既視感もある気がするし、一つ一つは古典に近い話なんだけど、
それを組み合わせて何段も展開があって。
切ない話でしたし(ノ_・、)

ただ、ちょっと欲張りすぎと、その結果だらだらと早くから展開し
始めてしまってだらだら感がありました。
前半に怖がらせる描写が多すぎるのもだらだら感を追加。

前半は怖い何かをほとんど見せずに終盤、トントントントンと展開
して行ってくれれば傑作になったと思います。


まず中盤からの回想シーンが長すぎ。
そこまで説明しなくても分かるよ!って言いたくなるほど。
あれ三四割は削っていいと思った。


あとお化け見せすぎ、怖がらすシーン多すぎ、しかもご丁寧に怖い
シーンの予備描写をしてしまうものだから、全然怖くない。

お約束の数だけいる乗り物タイプのお化け屋敷みたいでした。
何分か毎に、部屋が切り替わる度、この辺で出るよねってばればれ。


あと、すごく笑わせてもらったけど子役。 無茶しすぎですよ(笑)
特殊処理なしで、エクソシストやらせるなんて、無茶(笑)
子役が可愛そうで仕方無かった(ノ_・、)

「ちぇっ、子供騙しな本を・・・」ってシーンなんか大笑いして
しまいました。
映画館で見てても、絶対大笑いしてしまってたと思う A^_^;

またあの子の顔がまたホラー向きで、リアルチャッキーを見てる
みたいだった(^^;(笑)


けれど・・・女優さんが美人or可愛いですねえ(^O^

女子高生ジニ(チェ・ジヨン)の可愛さにはびっくりしましたよ。
持田真樹と黒川と若い時の菅野美穂を足したような。


また、一番怖いシーンも含めて演技の巧いこと巧いこと(^^;
あのベッドでのキスシーンなんてびっくりした。

で、日本じゃあれ位の子にあんなシーンやらせないだろうなと。

ああいうシーンをやればいいってもんじゃないけど、
あのシーンは本当にこの映画において大きかったと思う。

だから日本の女優さんも頑張って欲しいなあと。

あとの二人の女優さんもとても綺麗でした(^^


これリングのパクリって結構叩かれてるみたいですけど、監督自ら
がインタビューで、「リング」のテープが携帯になったようなもの
です。と語ってしまっていたのは面白かったです。

確信犯じゃんって(笑) そうなると、パクリじゃんて馬鹿にした
ような評論が馬鹿らしく見えて(笑)
個人的には「リング」のパクリだとも思いませんけどね。

誰かが使っていたものに以前使っていた人のなにかでのろいが
伝播・・・なんて古典だし。


PS 男なら下心であるかもしれないが、あんな見ず知らずのずぶ
濡れの人、車に乗せないよなあ(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆HERO 英雄 2002
2009-06-22 Mon 20:00
監督:チャン・イーモウ、トニー・チン・シウトン
出演者:ジェット・リー、 トニー・レオン、 マギー・チャン、 チャン・ツィイー
収録時間:99分
レンタル開始日:2004-01-23

Story
『初恋のきた道』のチャン・イーモウ監督がジェット・リーを主演に、圧倒的なスケールとグラフィックスで描く一大スペクタクル。紀元前200年の中国を舞台に、後の始皇帝・泰王に拝謁を許された無名は、驚愕の物語を語り始める。 (詳細はこちら

つまんねえ~(笑)
グリーンディスティニーと同じ反応だった(笑)
映像やアクションはこっちの方が上なので★一つ。

話がさあ。
秦王の首の皮一枚で殺すのをやめた残剣(トニー)は一体何しに
行ったの?

危機一髪を味あわせるため?
始めから殺す気ないなら飛雪(マギー)を道連れにして行くなよ(笑)
飛雪的にはそれこそ「聞いてないよ!」だよ(笑)

で、はあ?!状態ならオチも・・・。
無名(ジェット)は一体何しに秦王の元に行ったんだよ(笑)
まさにハア?!!(@o@;

如月(チャン・ツィイー)も見た目やアクションこそ綺麗だけど、
役上だけでなく、まさにいいように都合よく使われるキャラ
で(^^;(笑)


あとアクションも無駄が多くていらいら。
あの矢を払うシーンなんてなに?(-"ー;)
誰一人ありがたがってないんだけど(笑)
建物に侵入する矢を払うなら意味あるけど。

まさにワイヤーアクションやCGを見せつけるためとしか思えない
無駄なアクションにイライラ(^^;(笑)


あと秦王って相当虐殺して、中国史上もっとも残忍な王という
イメージがあったので、聡明な王扱いされていることにびっくり
しました。

日本でも織田信長が時には英雄扱いされているようなものなんで
しょうが。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆燃ゆるとき 2006
2009-06-21 Sun 20:00
監督:細野辰興
出演者:中井貴一、 鹿賀丈史、 大塚寧々、 伊武雅刀、 津川雅彦
収録時間:114分
レンタル開始日:2006-07-14

Story
経済小説の第一人者、高杉良の原作を『シャブ極道』の細野辰興監督が映画化。食品会社の営業マン・川森潔は、低迷するアメリカ工場を立て直すため渡米。次々と対策を打ち出して工場を軌道に乗せるが、その矢先にさまざまなトラブルに襲われる。 (詳細はこちら

最後まで釈然としないものはあるんだけど、それはそれで現実味が
あるのかもしれない。

けど、恐らく今現在はアメリカ人管理者は当たり前の話であり、
そのことを字幕ででも伝える終わり方があった方が良かった。

結局、あの時点で、アメリカ人管理者を認めてもいないのに、
アメリカ人が万歳万歳な話は釈然としない。
しかもそれが改善されたのかも分からないエンディングなので。


それにそれまで会社ときちんと、話し合えていないという思いが、
あの運動の発端だと思うのに、結局、話し合えばいいというのオチ
も釈然としない。


あと、あれでは結局、奇跡でも起きなきゃ、アメリカでは会社は
片っ端から潰されまくってると思わざるを得ないのも釈然としな
い。だって、あんな風にはめても楽勝なんじゃ。


あのオイルのピンチもすごくありきたりの上に、なぜ遅れたかの
理由は不明のままでオイル会社の社長は謝罪もせず一緒に喜ぶ始末。

しかも、酒に一晩付き合っただけであそこまで協力的にされるのも
ちょっと展開早すぎなような。
せめて何度か門前払い食らったという描写があれば・・・。

とまあ、いろいろ釈然としないんですが、一時期、日本企業が
叩かれまくった頃は現実としてこんな釈然としない思いを味わされ
てたのかなという変な現実味が・・・。

なんかいかにもお約束の展開で作ってみましたって感じられて
しまう脚本が嫌でした。
そうなると演技もいかにも見慣れた感じで(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★堕天使のパスポート 2002
2009-06-20 Sat 20:00
監督:スティーヴン・フリアーズ
出演者:オドレイ・トトゥ、 キウェテル・イジョフォー、 セルジ・ロペス、 ソフィー・オコネドー
収録時間:97分
レンタル開始日:2005-01-28

Story
『アメリ』のオドレイ・トトゥ主演、ロンドンの移民社会の過酷な現実を背景にしたサスペンスタッチのラブストーリー。トルコ系移民のシェナイは、ある日、メイドとして働くホテルのおぞましい秘密を知ってしまう。 (詳細はこちら

「アメリ」のオドレイ・トトゥ
最近、オドレイづいてますね(^^;
けど彼女ありきではなくてなんとなく評判聞いてたら行き当たって
ます。

それだけ彼女が良作に恵まれているんでしょう。
もちろん彼女の実力というのもあるんでしょうが。

いやいやしかし切ない話です。
ロンドンでの移民たちが置かれた厳しい現実。

ふと思うと、こういう映画って日本じゃ無理なのかなと。


レイプシーンなんかもそうだけど、映画で見せることによって、
それがさも日常的で許されることのように感覚が麻痺してしまう
弊害があると思うので、あまり見せるべきではないと思うんだけ
ど、そういうのってレベルの問題であって、結局はなんでもかん
でも漫画は良くないという教育ママと変わらないのかもしれない。


けど一方で真実、現実から目を背けるだけなのかも知れないと。
このテーマなんて本当にそうですよね。

こんな世界、現実、もあるんだなと驚くことに「平和ボケ」という
単語が思い浮かんできます。


映画としては死に物狂いでイギリスに不法入国した人たちが、入国
管理官に追われます。 作品中では捕まった場合、長期拘留。

しかも男女混合の劣悪な環境とか。
まあ男でも、オカマ掘られるなんて話あるけど、オドレイのような
女性がどうなるかなんてまさに地獄ですよね。

そんな背景から、不法入国者が逮捕に怯え協力しあう様が
スリリングに描かれます。


そして自由になるためには偽造パスを得ること。
で、それは高額で手が出ないために肝臓を売るわけです。
違法なので、消毒もくそもなく、死んでいく人も多い。
・・・そして女性はその他にも強いられることも・・・。


話の感じは999思い出しますね。
機械人間が、生身の人間を虫けらや機会の部品みたいに扱うような。
それが現実にあるということを描いた作品です。


話的には、前半サスペンスな展開なので、飽きずに見ていられます。
そして終盤の奇跡で、とてもやりきれない思いを抱きながらも
じ~んと感動する。

オドレイがまたいいですね。 最後の演技も鳥肌ものだった。

素晴らしい脚本、そして作品だと思います。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆インファナル・アフェア 2002
2009-06-19 Fri 20:00
監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック
出演者:アンディ・ラウ、 トニー・レオン、 アンソニー・ウォン、 エリック・ツァン
収録時間:102分
レンタル開始日:2004-02-18

Story
アンディ・ラウとトニー・レオン主演、ハリウッド史上最高額でリメイク権が落札されたことでも話題の、2人の男の生き様を描くアクションドラマ。警察とマフィアそれぞれに潜入した2人の男。10年が経ち、自らの立場に苦悩する2人はやがて対決の時を迎える。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意※※※

ザ・クロだ(笑)

ロンドのパクリ元とされるこの作品。
別に潜入操作を使った作品などこれまでもたくさんあるので、その
ネタ使った位じゃパクリなんていう気はないんですが、似すぎて
ますよね~。やっちゃったって感じです。 とほほ(ノ_・、)

似てる点
・潜入捜査員を犬と呼ぶ
・途中で唯一接点とも言える警察幹部と会うのに不自然に屋外。
 そしてその警察幹部が殺されてしまう。
・馬鹿な弟分がいてその自己犠牲により窮地を救われる。
・唯一の在籍記録がコンピューターから削除され、
 警察の人間であることを立証できず窮地に陥る。
・窮地に陥った捜査員がいきなりラブシーンを始める(笑)

幹部が殺されるシーンで不自然に屋外であうシーンという附合は
ちょっとパクリとしか言いようがないかと・・・残念ですが。


とこの辺にしておいて、映画のほうが、警察方にも逆潜入があり、
時間が短い割には複雑で面白くなってますね。
予想外にアクションシーンが少なすぎて、退屈と思いきや。

そして最後の急展開はあっけに取られるほどだった。

ただ、あの終わり方の伏線て、最初の仏教の話だけで、
なぜあんな行動を取るに至ったのかという伏線が無いのは少しだけ
残念でした。

でもなかなかの傑作に近い良作だと思います


PS 麻薬取引。 あの場で薬捨てても薬との断定はできるだろうか
ら、逮捕できないってのは無理な気がしますが・・・。

PS2 同じ月を見ていたの彼が。 彼、味があっていい役者だと思い
ます。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆PROMISE 2005
2009-06-18 Thu 20:00
監督:チェン・カイコー
出演者:真田広之、 チャン・ドンゴン、 ニコラス・ツェー、 セシリア・チャン
収録時間:121分
レンタル開始日:2006-08-04

Story
真田広之、チャン・ドンゴン、ニコラス・ツェーほか、アジアのトップスターが集結して送る壮大なアクションファンタジー。戦乱で親を亡くした少女・傾城は女神から何不自由ない暮らしを約束される。しかし、それは真実の愛を失った瞬間でもあった。(C) Beijing 21st Century Shengkai, China Film Group and Moonstone Productions, LLC. (C) 2006 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. (詳細はこちら

グリーンディステニーは全くつまらなかったのになぜ楽しめるん
だろうか不思議だ(^^;(笑)
大人になったんだろうかと悩む(笑)

だって酷評が多い気が(^^;
見てないけど「HIRO」や「LOVERS」の方がいいって声が(・、・)

最初の這いずり回りシーン、あそこさえ持ちこたえられれば大丈夫
だと思うんですが(笑)

あれは確かに失笑なんだけど、あれでこの程度が許せないようなら
多分この後も見れませんっていう警告かもと( ̄ー ̄)


FFの中国版だと思えばこんなにできのいい作品はないですよ。
走る動きは笑ってしまいそうになるけれど、ワイヤーアクションも
必要最低限。 見ろ!このワイヤーアクションってノリじゃないの
が個人的には○(^-^


で日本、韓国、中国のトリプル主演。 で気使いまくりの結果、
ものすごく複雑な展開を見せるんですよね。
それが全く読みを受け付けなくてすごく面白く感じました。

これ物語の普通の展開としては、チャンドンゴンの役が主役なん
ですよね。

真田なんて一人だけ一般人で酷い扱いですよ。
ドラゴンボールで悟空とそのライバル達がすごいのに、最初から
ついてきた仲間がものすごく弱いくらいの淋しいキャラかと。

そのくせ身分が高く、嘘をついてまで女を手に入れようとする、
なさけない役。 完全に悪役。 よくいっても、守り立て役
キャラですよね。

けど、チャンがいよいよ報われると思いきや、真田に花をゆずる
という展開が何度も繰り返されて、あれれれと読みが外れます。

もう、ピザを三等分に切るために、はかり使うくらいに気を使って
ますね。

で、最後の四人の展開は本当にもつれもつれてという感じで面白
かった。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★ロング・エンゲージメント 2005
2009-06-17 Wed 20:00
監督:ジャン=ピエール・ジュネ
出演者:オドレイ・トトゥ、 ギャスパー・ウリエル、 マリオン・コティヤール、 クロヴィス・コルニヤック
収録時間:133分
レンタル開始日:2005-08-05

Story
フランスを代表する映像作家、ジャン=ピエール・ジュネ監督が、『アメリ』に続き再びオドレイ・トトゥを主演に迎えて贈るラブロマンス。第一次世界大戦下のフランスを舞台に、ふたりの男女が織りなす愛と奇跡を壮大なスケール、映像美と共に綴る。 (詳細はこちら

ジュネ監督とオドレイコンビ。

いい話ですねこれ。
話についてはつっこむような野暮な気にもならず。
全体的にセピアカラーな映像が心地いい。

けどそれが映えるのもフランスの広さを感じさせる風景ならではか
な。

日本でもこういう作品が撮れたらいいなあと思うけど、無理そうだ
な。日本は山が多いからなあ(・、・)


オドレイのキャラはちょっとだけ変な拘り、妄想があって、アメリ
を感じるのが逆に彼女への親近感になってよかったと思う。

彼女、でも、すっかり大人びていて驚きました。
たった三年で子供っぽさが全然無くなっていた。
欧米系の人は大人っぽくなるのが速い(^^;


戦場での出来事。 死体のものを使うってまあ当然ですもんね。
食べ物やたばこのシーンがそういった現実味の象徴だったと思う。

あと気分次第で人が殺されたり、人生を決定的に変えられてしまう。
今でもないことではないんだろうけど、戦争中はまさに混乱のさな
かに横行してたんですよね。

あまり扱われていないけど戦争の酷さとしては事実であり、それを
記憶付ける価値は大きいと思う。


映像としては人の上に爆弾が落ちるシーンと、飛行艇倉庫を突き
破る爆弾が斬新でした。
倉庫のシーンはまさに地獄絵図、けど現実味がとてもあった。

あと、一貫して流れる、敵の前線への突撃シーン。
あんな何も無くなった野原で、爆撃や銃撃に向き合う怖さがじわ~
と伝わってきました。


話では、ミステリーモノ顔負けの展開もあり、それが退屈になりそ
うな映像ばかりにも関わらずあきさせないでくれますね。

分かりやすい反戦演出でもないし、涙を煽る意図が強くも無い。
その場に居るかのような気分にさせて、自身でなにか感じ取って
欲しいという風に作られているように感じます。

最後がああいう展開なので泣くわけではないんですが、じ~んと
体全体に感動が伝わっていくような余韻がありました。

傑作だと思います(^-^
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆the Eye 2001
2009-06-16 Tue 20:00
監督:オキサイド・パン、ダニー・パン
出演者:アンジェリカ・リー、 ローレンス・チョウ、 チャッチャー・ルチナーノン、 キャンディ・ロー
収録時間:99分
レンタル開始日:2003-10-24

Story
双子の監督・オキサイド兄弟が、実際にあった事件をモチーフに映画化したホラー。幼い頃に失明し、20歳で角膜移植手術を受けたマンは視力を回復するが、以来、見えないものも見えるようになり…。内容のリアルさと、衝撃的な恐怖シーンが話題となった。 (詳細はこちら

角膜を移植をしたら、その持ち主と関係のあるものが見えてしまう
というのはなにかで大分前から何回か見たような気がする。
移植で前の持ち主にまつわるなにかにっ…て話は古典に近いかと。

中間の一ひねりがちょっと記憶に無いかな程度。

あと、終盤の最後の展開についてはまあ盛り上げようとするだけで
あまり因果関係は感じないし。

ついでに言えば、なんでもかんでも見えてしまうのも結論から言え
ば、つながりが薄くて、てかほぼ無くて、逆に怖さが無い。

けど、なんとなく展開がスムーズに見えたのはいいとこかなあ。
サイコものっぽい演出のおかげで、びっくり演出がどぎつく無いか
らか。

アジアで大ヒットでハリウッドでリメイクだそうで(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆0:34 レイジ 34 フン 2005
2009-06-15 Mon 20:00
監督:クリストファー・スミス
出演者:フランカ・ポテンテ、 ヴァス・ブラックウッド、 ショーン・ハリス、 ポール・ラットレイ
収録時間:85分
レンタル開始日:2005-11-02

Story
『ラン・ローラ・ラン』のフランカ・ポテンテ主演、ある女性を不気味な地下鉄の恐怖が襲うホラー。ケイトは地下鉄の駅で0:34の終電を待つ間に寝てしまい、駅にひとり残されてしまう。しかし、その後来ないはずの電車が到着し…。R-15作品。 (詳細はこちら

原題はCreep。
はびこるって気味悪いって意味ならなんのひねりもないんだけど、
はいはいって意味だとぞっとしますね。 多分こっちの意味かな。

けど、多分日本では前者に取られてしまいがちなのでこんな邦題に?
ってことで、時間はあまり関係なしでした(^^;


設定のアイデアはすご~くいいんだけれど。

地下鉄のトンネルの中ってどうなってるんだろうって。

真下正義じゃないけど、昔、東京の地下にはたくさんのトンネルや
施設が作られていたという話もあるわけで、なにかあるのかもなあ
ってたまに思うわけです。


あとネズミ。 地下鉄でよく見るんですよね。 駅で電車待ってる
と。一体どれだけいるんだろうと。

汚い話ですが、むか~し、道の花にネズミが群がっているのを見た
ことがあってあの時はぞぞぞぞって背筋が凍った覚えが(>_<


下水施設も見たこと無いけど、気持ち悪そう・・・。

そういったのに加え、狂った医者の隠し部屋なんかも怖すぎ。

そう、なんかバイオハザードに出てくる設定の一部がそのまま、
実写化されたようなものだと思う。


あの手術室で手術着に着替えるシーンも怖かったなあ。
拘束されて迫る狂った医者(>_<キャー

モンスターについては具体的な説明はないんだけど、あの写真と
手術室だけで説明は十分だと思う。なので逆に説明が無い方が巧い。

もちろん想像でしかないけど、なんらかの異常があって生まれて
しまった子供のために狂った医者が、狂った手術や研究をあの秘密
の施設で繰り返したのでしょう。

そしてその医者は死に、それを見ていた子供だけがまるでネズミを
親代わりにして育ってしまった。

意味を理解することは出来ないが、医者がしていたように、手術の
真似事や、マウスのように人を捕獲しては解体。

原題がこんな幼いままの知能で異常に育ってしまった赤ちゃんを
さすとしたらものすごい怖いですよね。 Creep(はいはい)(>_<


とおおよその設定はいいんですが、多分こんなシーンあったら怖い
よねとシーンありきで作ってしまった為に、モンスターの能力が
めちゃくちゃになっちゃってる。 そこで大分萎えましたね。

ナイフでのどを掻ききった時点。 ここで風貌もさらしてしまうん
ですが、同時に、それまでの超人的な能力はなんだったの?と。
直接噛み付くこともあるかと思えば、ナイフも使うってどういう
こと?と。


あと、モンスターの素性のヒントがサプライズであり後出しにせざ
るを得ないということにもあるんだけど、モンスターがなにを目的
としているか分からなすぎ。

食べるためなのか、快楽殺人なのか。 と思えば捕獲してみたり。
終わってみれば、すぐに殺してしまうのはおかしくないかい?と。


あと、途中で合流する黒人さんが無理に弱々しいキャラすぎる。
大体あんなに怖がりだったら、あんな仕事できるわけないだろ!と。

泳げないわ、つまらない嘘はつくわで。
いかにも映画用に作ったキャラでございって感じがありありで(^^;


あと笑うしかなかったのは、マウントまで取ってのバールでの攻撃。
首ひねっただけでよけられるわけもなく、てかひねらなくても当た
ってないのがやれやれ┐(´ー`)┌で(笑)

あそこまでモンスター追い込んでダメージ与えられない映画なんて
見たこと無いよってくらい。 あのシーンは笑えた(^^~


あと・・・、どうも、山崎邦正のロードオブリングのゴラムに見えて
怖くなかったのが痛かったかな・・・(^^;

とまあアイデアや、セットはすごく良かったんだけどねという残念
な作品(^m^
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★イヌゴエ 2005
2009-06-14 Sun 20:00
監督:横井健司
出演者:山本浩司、 村上淳、 馬渕英里何、 遠藤憲一
収録時間:100分
レンタル開始日:2006-04-21

Story
青年としゃべるイヌとの不思議な友情を描いたハートウォーミングコメディ。遠藤憲一がドスのきいた関西弁でイヌの声を担当。内気でさえない20代の青年・直喜は、父親から強引に押し付けられ、仕方なくフレンチブルドッグのペスを預かることになるが…。 (詳細はこちら

ダウンタウンDXだっけ?人形の関西弁のおっさん。

まんまそれなので、アイデア単体では別にインパクトは感じなかっ
たんだけど、脚本が結構、裏をかかれたり、ジーンとしたりと面白
かったです。

ああいうぶつくさいう主人公っていそうだし、展開も奇跡の展開
でもないので、それもリアリティがあっていいですね。

どこかで本当に起こってるかも思えるような。

このアイデア、キャスト、設定がB級、あるいはC級に近いので、
これだけ見れる作品にしたシナリオってよく考えると凄いかも。

甘くてたまらんでは笑い。 人間なんて・・・ではしんみり。

痛いくらいの切なさ、ほっと心が温まる話。
やっぱ★五個にしょっと(^-^
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆殺し屋1 2001
2009-06-13 Sat 20:00
監督:三池崇史
出演者:浅野忠信、 大森南朋、 エイリアンサン、 SABU
収録時間:128分
レンタル開始日:2002-07-25

Story
「週刊ヤングサンデー」で連載されたコミックを三池崇史が映画化。新宿歌舞伎町を舞台に、気弱な刺客・イチと、若手カリスマ俳優・浅野忠信円実マゾのヤクザ・垣原との戦いを描くバイオレンスアクション。宿命の対決を描いたクライマックスが見所。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

まあ拷問だから当たり前と言っちゃ当たり前なんだけど、
スプラッタものよりも痛々しいです(T-T

ソウ2、クライモリ、テキサスチェーンソーなんかより上です。

リアルヘルレイザーですよね(^^;
てか、ヘルレイザーのパクリって叩かれなかったのかな(・、・)
釣り針一杯での宙吊りと顔への針刺しってまんま(笑)

痛そうなのは、口パンチ手噛みちぎり、顔の表面カットかな。
乳首カットは止めてー!|(TOT)|
べろカットに至っては、許してー!|(TOT)|


自身の体を傷つけることに快感を感じる若頭。
快感ゆえにそれはターゲットへの痛みも愛と勘違いしてる。

もう一人は、暴力からしか性的興奮を得られない、
いじめられてオドオドしている殺し屋。

あと兄弟で残虐性を競い合う刑事。

痛いシーンの共演ですね(T-T


ただなんだろう、この監督から不思議とこういった残虐性への傾向
は感じられないんですよね。

あくまで仕事として作っている、原作を再現することのみ目標と
いうか。

そのおかげで、内容の気持ち悪さに比べて悪意を感じず、さほど
不快に感じないのが不思議です。

監督は「暴力を馬鹿にした映画」と言ってるそうでそれもなるほど
と思う。


特殊効果やCGからも生真面目な気負いが感じられないので、見る
姿勢はイメージで楽しむような姿勢になっていました。

迫力ではハリウッドに叶いません、だから見せたい部分にのみ注力
します。

他の部分は当然チープかもしれませんが、そこは見て欲しい部分と
は違います。というような。


まっぷたつのシーンなどは不自然に血が出ないけど、その後、内蔵
がドバドバドバッとか。そっち気持ち悪がって下さいという感じで。


あと、途中でサイコミステリーな展開でサプライズがあるのでそれも
飽きないで見れた要因だと思います。


あとで調べてみると、垣原を主役級に変更してあるんだそうで、
なるほどそれも飽きずに見れた要因かと。

後半、イチが主人公だと分かるけど、後半までサブストーリー位な
役割なので、ネタバレもしにくいし。
既視感ありありのシナリオになっていた気もする。

終わってみれば、イジメがテーマではあるけれど、それに対しての
メッセージは感じなくて、「暴力を馬鹿にした映画」としか確かに
感じない(^^;

逆に子供がひたすら蹴り続けるシーンどうなんだ?と(^^;


浅野は確かにすごい。 あの風貌は世界に通じるものがあると
思います。

珈琲時光では、とりあえず味のある役者おいとけくらいにしか
感じなかったので、見直しました。

彼は暴力は嫌いなんだそうでよく引き受けてくれたとか。

寺島はよくぞ頑張りましたと。
宙吊りはメイクに12時間、撮影に12時間で24時間トイレに行けな
かったとか。

インザプールでは叩いた松尾はすごくいい味出ていて良かった。

PS タイトルが精子て・・・orz
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★星になった少年 2005
2009-06-12 Fri 20:00
監督:河毛俊作
出演者:柳楽優弥、 常盤貴子、 高橋克実、 蒼井優
収録時間:113分
レンタル開始日:2006-01-20

Story
日本人初のゾウ使いの道を歩きながらも20歳で夭逝した少年の物語を、柳楽優弥主演で映画化、そして大ヒットを記録した感動ドラマ。両親が動物プロダクションを営む哲夢は、子ゾウ・ランディとの出会いを機にゾウ使いになる夢を抱き、タイのゾウ訓練センターへ留学するが…。 (詳細はこちら

いやあ、結構泣いてしまいました(^^;
最後のオチも改めて考えればありがちなんだろうけど、感動して
しまいました。

ああいう動物ものはその撮影の困難さを考えただけで、
★たくさんあげたくなってまいます(^^;


象って、ものすごい頭いいのかな?と。
だってジャガイモ食べずに投げるシーンも理解してるんですよね。

あの象に助けられるシーンもベタだけどじーんとしてしまったし(^^;

またタイの、少年たちや校長も文句なしの演技だった(^-^


常盤はちょい役かなと思ったけど、二番手の扱い?
最近、他のアジアの作品を見るけれど、全く負けていない魅力が
あるなと思いました。
日本の女優もなかなか胸を張れる魅力があるなと。


柳楽は正直いって大陸系の顔なのでタイなどには溶け込みますよね
~。

一年近く、取り組んだのかな?
タイ語といいよく出来てたと思います。


蒼井もドンピシャのキャスティング。
動物園の風景などは映画ではないけど動物くささがあるんだけど、
白い服を着た彼女はきらりと浮き立って見え、天使が迷い込んだか
のような神々しさすらありました。

おろしたてのカミソリのように無垢さとモロさとするどさを兼ね
備えていたと思う。

賠償、高橋も文句なし。 あとチンパンジー君と犬君がすごくいい
アクセントになっていた。


話では、ゾウショーのカミングアウトが良かったです。
自分は親とも友達とも巧くコミニュケーションが巧くとれず、
ゾウになりたいと言うところ。

ゾウが遠くはなれていても、分かり合える、通じ合えるということ
は、既に描写済みでしたし。


「一緒に生きるためにはルールを覚えなきゃだめだ」
というセリフは彼の成長を表していてとても良かった。

最後は彼の死自体はくどく盛り上げなかったのは良かったです。
個人的にはもっとあっけない描写の方が悲しめた気もしますが。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆アメリ 2001
2009-06-11 Thu 20:00
監督:ジャン=ピエール・ジュネ
出演者:オドレイ・トトゥ、 マチュー・カソヴィッツ、 ドミニク・ピノン、 イザベル・ナンティ
収録時間:121分
レンタル開始日:2002-08-02

Story
子供の頃から空想好きだったアメリは、一風変わった女の子。まわりの誰かを幸せにすることを生き甲斐にし始めたアメリは、“幸せの悪戯”を続けていた。そんなある日不思議な青年ニノに出会い、ひそかに恋をする。単館から拡大公開に至った大ヒット作。 (詳細はこちら

フランス本国ではとても物議を読んだ話題作だそうで。
そんなに夢中になって見たくなるなにかよくは分かりません。

ただ神がかり的な出来のよさみたいなものは感じます。
テンポ、色合いが心地いいので。

「古きよきパリ」という言葉で評されているところを見るとこれは、
パリの素晴らしさを知らない人間には分からないんでしょう。

その街を知る人が、その街の風景や人柄を知って、あ~そうそう
とか、懐かしいと思う作品かと。

でもこの女優、オドレイがとても魅力があることは分かります。
美人なだけでなくついて見ていたくなる魅力が。

彼女、代打でほぼ新人だったとか。
でも彼女なら、脚光を浴びるのは時間の問題だったとは思います。

美しいなと思ったのは水きりシーン。
全体的に緑と赤を多用したアンティークな雰囲気がいいと思います。

青と赤を多用する作品は最近たくさん作られてる思いますが、
緑を多用する作品ってあまりないなと思います。
自然の植物の緑はありますが。

あと、お化け屋敷のシーン、フランスにもあるんだねという妙な
感心とお化けに見つめられてのうっとりというシーンは斬新だと
思いました。

あと面白かったの証明写真の四人が話すシーンかな( ̄ー ̄)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★香港国際警察 New Police Story 2005
2009-06-10 Wed 20:00
監督:ベニー・チャン
出演者:ニコラス・ツェー、 ダニエル・ウー、 チャーリー・ヤン、 テレンス・イン、 ジャッキー・チェン
収録時間:124分
レンタル開始日:2005-08-26

Story
ハリウッドで活躍していたジャッキー・チェンが本格的に香港復帰を果たした人気シリーズの新バージョンとなる刑事アクション。5人の若者たちによる銀行襲撃事件が発生。香港国際警察はチャン警部を中心に特別チームを編成し凶悪犯を追跡する。 (詳細はこちら

ジャッキーチェン作品。
すっかり遠ざかっていたジャッキーチェンですが、いやいやすごい。

真下も駅のシーンなんかでは大量エキ投入で、頑張ってたなと
思ったけど、これ見ちゃうとまるで、迫力が違いますね。


てかこの手の作品では一番か?
ダイハード、スピードを超えていると思う。

迫力だけで文句なく★五つですね(^-^

なのに、シナリオもひねりがあって、終盤、予期せぬオチでジーン
としてしまいました(ノ_・、)

そこまでいけば、最後の警察隊のあれも受け入れられて(^-^


一番凄かったのはバスですね。
アーケードや電話ボックス破壊しまくりには唖然(@o@;

あと最初の倉庫の爆破シーンもド迫力。

ド肝を抜いたのはビルのリアル宮崎走り(笑)
壁面走りくだりです。

終盤の戦いのカラーボールやバスのシーンアヒルちゃんの数の多さ、
色の鮮やかさも良かった。


ちょうど男性二人のアクションの韓国のあぶない奴ら見た直後
だけど、こっちの二人の方がずっと魅力がありますね。

特に若い方、シウホン(ニコラス)はかっこよかった。
女の人、ホーイー(チャーリー)、ササ(シャーリーン)も
こっちの方が綺麗でオーラがあったなあ(・、・)

とまあハリウッドなど相手にしないばりにド迫力のアクションの
傑作でした。けど、そもそも中国も制作費はすごいのかな?(・、・)
史上空前の制作費とうたってるけど、いくらなんだろ(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆渋谷怪談 サッチャンの都市伝説1、2 2004
2009-06-09 Tue 20:00
監督:福谷修、横山隆平、BQ寧、椿光一、長江俊和
出演者:前田亜季、 大久保綾乃、 小阪由佳、 篠原愛実、 吉井怜、 藤田玲、 前田愛、 栗原瞳、 荒木しげる、 岩佐真悠子
収録時間:70分
レンタル開始日:2005-04-22

Story
ホラームービー『渋谷怪談』のブロードバンド用オムニバスショートストーリー第1巻。前田亜季が主演を務めた第一伝説「サッちゃんメール」、「ミスマガジン2004」グランプリの小阪由佳主演による第二伝説「アイスクリーム」他、全7話を収録する。 (詳細はこちら

監督:池田成志、横山隆平、中村義洋、野崎宏二、長江俊和、柴田一成
出演者:谷村美月、 泉政行、 村上幸平、 小阪由佳、 大久保綾乃、 清水あすか、 三谷昇
収録時間:70分
レンタル開始日:2005-04-22

Story
ホラームービー『渋谷怪談』のブロードバンド用オムニバスショートストーリー第2巻。塩田明彦監督作『カナリア』で主役に抜擢された谷村美月主演による第八伝説「口裂け女」、「仮面ライダー555」の泉政行主演の第十三伝説「扉」他、全7話を収録する。 (詳細はこちら

まあお子様向けでしょうと思って、スルーしてましたが、
堀北出てるなら見ようかなと。

映画が1、2とオムニが1、2? でそのオムニの方二つ。

出演は
前田亜季、前田愛、吉井怜、岩佐真悠子
谷村美月、小阪由佳

谷村美月って14才の復学した子。

まあ子供向けなので、ぴくりとも怖いことはなく。
顔が緑で無駄に髪の長いさっちゃんはつい笑ってしまいます。
走ってくるとこなんて大笑いしてしまいました(笑)

まあこの手のはアイドルの登竜門というか、
アイドルの演技教育用といったところでしょうか。

一番怖かったのはお化けと関係なく、リアルなイジメでした(^^;
ロッカーの前に目隠しして手足縛るイジメ(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆あぶない奴ら TWO GUYS 2005
2009-06-08 Mon 20:00
監督:パク・ホンス
出演者:チャ・テヒョン、 パク・チュンフン、 ハン・ウンジュン、 シン・スンファン、 キム・グテク、 イム・スンデ、 チ・デハン
収録時間:110分
レンタル開始日:2006-04-07

Story
『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョンと個性派俳優、パク・チュンフン共演によるアクションコメディ。借金の取り立て屋にして前科4犯のジュンテは、カードの借金を踏み倒す常習者であるフンの取り立てを請け負うことになり…。 (詳細はこちら

何箇所か素で笑えました。
日本のこの手の映画よりは面白いんだと思う。

腎臓の部屋の男五人の戦いが面白かったかな(・、・)

終盤はそんなでもないし、くどい気がしました。
あと、主演二人がちょっと魅力ないかな。 かっこよくない。
女の人も綺麗は綺麗だけど、そんなにキャラ立ちしてないし。

とはいえ、ふと気付くと韓国のこの手のもので初めてまともに
見れた作品かも(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★心霊写真 2005
2009-06-07 Sun 20:00
監督:パークプム・ウォンプム、バンジョン・ピサンタナクーン
出演者:アナンダ・エヴァリンハム、 ナッターウィーラヌット・トーンミー、 アチタ・シカマーナー
収録時間:97分
レンタル開始日:2006-10-26

Story
母国・タイをはじめ、アジア各国で社会現象を巻き起こしたホラー。カメラマンのタンとその恋人・ジェーンは、友人の結婚式に出席した帰り道に突然飛び出してきた女を轢き逃げしてしまう。以来、ふたりの周囲で次々と不可解な出来事が起こり始める。 (詳細はこちら

タイで大ヒットして、香港、韓国でもヒット、ハリウッドで
リメイクということで。

いやあ、評判どおり、すごい出来のよさです。 怖い怖い(>_<

映像、音楽、怖がらせるテクニック、シナリオと素晴らしく、それ
が協和して素晴らしい出来だと思います。

ただ、惜しむらくは、終盤の主人公と霊(おばけ?)の対峙シーンに
なったとたん、怖がらせる描写がベタというか稚拙になって
しまったことです。あのベッドでのシーンが痛すぎかな。
あそこさえなければ大絶賛していたと思います。

映画自体とは別ですが、映画中に出てきた写真は本物ですとか、
心霊写真は本当に存在する的なメイキングでの映画の宣伝は
ちょっと、20年くらい古臭い演出を感じ萎えました。


主人公の男はかっこよかったです。
タイなので、見慣れた系統の顔でないのが、異世界の作品を
見ているようで一層怖さを増します。

ごく一部のダメシーンを除いては一貫して、あまり見せない演出が
されてます。

ベットの下から覗くように足だけ写すシーンなどは巧いなあと
思った。

あと心霊写真もなんとか顔に見えるかなくらいに抑えててそれも
リアリティーが増してよかった。


研究室のシーンは色も鮮やかだし、整然と並ぶ資料が、不気味さ
と、鮮やかさが出ていて映像が美しかった。

シナリオでは写真と霊の因果関係を示したサプライズ、オチが
リアリティーもあって、ものすごい不快感と、恨みの説得力が
あった。


電気が消えフラッシングされるシーンでは何枚もおばけを一瞬だけ
写しはっきり認識できないけど恐怖が刷り込まれるようで怖かった。

ざらっとした自殺シーンや、母親の・・・など、怖い要素が
デパートのように盛りだくさんでした。

あのシーンのレベルダウンは惜しいけど、傑作だと思います。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆Uボート 最後の決断 2003
2009-06-06 Sat 20:00
監督:トニー・ジグリオ
出演者:ウィリアム・H・メイシー、 ティル・シュヴァイガー、 スコット・カーン、 トーマス・クレッチマン
収録時間:98分
レンタル開始日:2005-06-24

Story
連合軍捕虜を乗せた独軍Uボートを舞台に乗組員たちの熱いドラマが展開する戦争アクション。第二次世界大戦下の1943年、米軍の潜水艦は敵の攻撃で致命的被害を受ける。独軍Uボートに捕虜として収容された乗組員は、生き残るためにある決断を迫られる。 (詳細はこちら

中盤まではなにを描きたいのかすらよく分からなかったんですが、
終盤の人間ドラマはなかなか見ごたえありました。

全体的には相変わらずアメリカ万歳な内容で、アメリカ人は裏切ら
ないよ、アメリカの捕虜になっても幸せだよという内容なんですが、
相手のドイツ人も人間らしく描いている点がちょっと驚きました。

ただなんだろうこのリアリティ。
シナリオのリアリティは別にしても、艦内の様子や駆逐艦や潜水艦
の戦いのリアリティ。
なぜ、ローレライとここまでも違うのか・・・(笑)

なんかローレライの出来の悪さがなぜか何度も脳裏をよぎり恥ずか
しくなりました。 まあ予算が違いますからねえ、仕方ないのかな。
制作費だって何十倍近く違うんだろうし・・・。

けど、ローレライみたいに大風呂敷広げなければ、邦画でも、結構
リアリティのある作品て、できないものかなあと思ってみたり。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆交渉人 真下正義 2005
2009-06-05 Fri 20:00
監督:本広克行
出演者:ユースケ・サンタマリア、 寺島進、 小泉孝太郎、 國村隼
収録時間:127分
レンタル開始日:2005-12-17

Story
ユースケ・サンタマリア主演、『踊る大捜査線』のスピンオフ企画となるサスペンスアクション。クリスマスイブに最新鋭の地下鉄車輌が何者かにジャックされ、警視庁は事件解決のため交渉人・真下正義を派遣。彼と姿なき犯人との緊迫した対決が展開する。 (詳細はこちら

なんか思ったより、つまらないシナリオだったなあ(・、・)

たくさんのエキストラを使った駅のシーンの迫力はすごいんだけど。
あと隠し線路のアイデアは面白いと思うんですけど。

ただあそこまで、電車をごっつい作りにする必要があったのか…。
あの子供騙しな電車見るたびに冷めちゃいました。

線引屋もなんか取って付けたようで浮いてたし…。

最後のオチはやってはならないシナリオだったような…。
交渉人のくせに交渉術にちっとも説得力が無かった上に(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★運命を分けたザイル 2003
2009-06-04 Thu 20:00
監督:ケヴィン・マクドナルド
出演者:サイモン・イェーツ、 ブレンダン・マッキー、 ニコラス・アーロンl、 ジョー・シンプソン
収録時間:107分
レンタル開始日:2005-08-26

Story
オスカー受賞歴を持つドキュメンタリー監督、ケヴィン・マクドナルドが大ヒットノンフィクションを映画化。雪山で遭難したふたりの登山家が、自然の脅威の中から奇跡的に生還したという実話を、迫力の再現ドラマと当事者のインタビューで映し出す。 (詳細はこちら

死に直面した人間の事実が分かる、すごい映画だと思う。

星空を見てずっと昔から岩だったかのようにという話は胸を打ちま
した。

あの骨折した足の痛みが少し分かるだけに、ほんと痛々しかった。
よく痛みで気絶しないなと思った。 人間てすごいなと。

誰も知らない場所となんの価値もないかのように死んでいくことを
人間は本当に恐れるんだと思う。

なにかを残したい、存在した証を残したいって思いで挑戦するのと
一方で。


てか、そんなとこ行こうとするほうが馬鹿じゃん。
なんでそんな難しい山登るんだよっと、結構、山が好きな自分です
ら思うけど。

それには目をつぶってもこの映画は見る価値があると思う。
これは山に限った話ではないと思うから。

ひょんなことから街中の廃墟とかで人知れず事件にあって死に直面
した時。そんな時にも共通する思いだと思う。


まあ、あそこまで濁りなんか一切感じない青い空や星空は人の
ちっぽけさを思い出させてくれますけどね。

スキューバでは、バディは見殺しにしても自分の命が第一というの
が常識なんだけど、この映画のサイモン仲間を見捨てたとして
バッシングされたんだとか?

なにか古臭いしきたりのようなものが登山にはあるんでしょうか?

彼ら以降、登山成功者はないんだとか。
それもなにか胸に響くものが。

・・・てか、あんなとこ登っちゃだめだって(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆オープン・ウォーター 2003
2009-06-03 Wed 20:00
監督:クリス・ケンティス
出演者:エステル・ラウ、 ブランチャード・ライアン、 ダニエル・トラヴィス、 ソウル・スタイン、 マイケル・E・ウィリアムソン
収録時間:79分
レンタル開始日:2005-11-16

Story
サンダンス映画祭で話題を呼んだ、実話を元に製作されたパニックサスペンス。休暇を利用してカリブ海でダイビングを楽しむ夫婦、スーザンとダニエル。しかし、トラブルからふたりは海面に取り残されてしまう。そんなふたりに静かに訪れる恐怖を描く。 (詳細はこちら

個人的にはちっとも楽しめなかったんですが、知識がなければ
★五つかもしれないという意味で★一つ。

本来名簿でチェックすべきであんな杜撰な人数チェックはあり得
ないとは思うんですが、外国ってびっくりするくらいアバウトな
ことがあるらしいので、そこは目をつぶるとして。


一応、あの男の人は多少は知識があるらしいのでその点から。
陸に向かって泳がないのはちょっとないなあというのでもう脱落
ですね。

あれ18mって言ってたけど、見た目10mないんじゃないかな。
世界一の透明度を誇る沖縄でも18mじゃ底は見えなかったような。
まあそこも目をつぶるとして。

少なくともあの様子では18mだとしても、深い海じゃないんですよ。
ということは本格的な潮流があるとも思えない。
まあそこも目をつぶるとして。


なにがいいたいかって言うと、島の方向がまるで分からないのは
理解不能なんですよね。 太陽の位置で大よそ分かるはず。
で潮は陸から出てるわけじゃないから陸に向かって泳いでいった
時に全く逆に泳ぐことにはならないはず。
つまり泳ぐことは無駄にはならないんですよね。

海岸の形や時間帯によってはまるで浜から潮が流れるようなところ
もあるんですが、少なくともあれはそういう風に見えない。

てことで多少なりとも知識のある人間が浮力もあって体力的にも
難しくない泳ぎをしないことは理解できないんです。


あともう一つの大きな問題は一度噛まれてしまったらもう秒殺だと
思います。
次から次へとサメが群がって、あっという間に終了のはず。
血を流す人のそばにいたら健康な人もやられるでしょう。

なので終盤の展開もあり得ないと思う。
ついでにいえばあの女性の行動も少し意味不明。

結局、実話に基づいていると言ったところで、二人が死んだという
ことしか事実はなくてなにが起こったかなんて、フィクションなん
ですよね。


騒げば、騒ぐほどサメをひきつけることになりピンチになるという
のは面白かったし、クラゲに刺される恐怖も面白かったですけど。


なんかこの映画を見て、いざそういうシチュエーションになった時、
間違った行動を取る人が出てきそうで怖いです。

水面をバチャバチャやるのは確かにサメを引き寄せますが、水中で、
バタ足をすればよく、陸と思う方向に楽な姿勢で泳ぐべきだと思う。
潮流がはっきり逆と分かる場合意外は。

18mくらいのスキューバが陸からそんなに離れるとは思えなず、陸の
方向は大よそ分からないことはないと思う。

バラクーダとかが見たいときドーンと落ち込む深い海に行かなければ
いけないんですが、そこの潮の流れになるとさすがに人間など歯が
たちません。 あのニモが乗った潮みたいに。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆着信アリ Final 2006
2009-06-02 Tue 20:00
監督:麻生学
出演者:堀北真希、 黒木メイサ、 板尾創路、 ジャン・グンソク
収録時間:106分
レンタル開始日:2006-11-09

Story
携帯電話を介して広がる恐怖を描いたホラーシリーズの第3弾。修学旅行中の高校生が死の予告メールを受け、無残な死を遂げる。「転送スレバ死ナナイ」と判明し、クラスメート同士が転送を阻止しようとするが…。堀北真希、黒木メイサがダブル主演。 (詳細はこちら

このシリーズって話的に特別まずいってとこもないんだけど、
あえて子供っぽくというか、チープに作ってますよね。

今回は特に出演者も子供ばっか。
子供ばかりのシーンなんて嫌がおうにも学芸会になってしまうので、
子供向け映画というのことがはっきり分かります。

なので子供用としてどうなのかという見方になってきます。
でちっとも怖くないんだけど、これは確信犯的に怖くしてないん
ですよね。子供用に。
それはそれでいいんじゃないかなと思う。

子供が、怖くないお化け屋敷に入ってワアキャア騒ぎながらも、
笑顔で、楽しめる、そんな映画だと思います。

はっきり言ってこんな映画に対して、子供だましだなんて鼻息荒く
批評をする人がいるとしたら大人気ないとしかいいようがない(^^;


映画的には、リング+バトロワ+電車男+呪怨(カヤ子)かな。
逆カヤコはちょっと笑いましたね。 階段登ってくるの。声を
ちょっと高くエフェクトかけて耳ざわりもギリギリのパクリ(笑)


堀北がああいう役回りなのはちょっとびっくりしました。
けどせっかくのサプライズなのにちっともびっくり演出が無いの
はちょっともったいなかったような気がする。
あそこで堀北の怖い顔どアップなんか欲しかったかなと。

あと、同様にいじめられる男の子までターゲットにしたのは一歩
踏み込んだ脚色だと思います。

韓国を舞台にしたのは恐らくマーケットという大人の事情ですね。
仲良くしようなんつうのは問題ないんじゃないでしょうか。

と、子供も楽しく笑って馬鹿に出来る貴重なホラーです。
いい意味で(^-^
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆旅するジーンズと16歳の夏 2005
2009-06-01 Mon 20:00
監督:ケン・クワピス
出演者:アンバー・タンブリン、 アレクシス・ブレーデル、 アメリカ・フェレーラ、 ブレイク・ライブリー
収録時間:119分
レンタル開始日:2006-03-03

Story
ベストセラー小説を映画化した青春ムービー。常に一緒の4人の少女が初めて離れて過ごす16歳の夏休み。誰の体型でも合致する不思議なジーンズに出会った彼女たちは、夏休みの間その“幸運のジーンズ”を着回そうと提案する。 (詳細はこちら

この作品は編集が悪いと思う。
シーンのつなぎが雑に感じるんですよね。

四人が分かれ、それぞれの生活を切り取っていくので、つなぎが目
に付いてしまうのは仕方ないんだけど、なんか余韻を感じない
つなぎ方だった。

そしてシナリオ上、四人の生活が密接に絡み合うというものでは
ないので、本当にテレビをザッピングしてるような散漫と見てる
気分になってしまって。


あと映像もとても良かったし、四人それぞれの話が良かっただけに
残念です。三人は涙ぐんでしまったし、一人も切なくなった。

あとオチも巧くて、ジーンと涙ぐんだから。
オチというかジーンズの役割に対してのモノローグ。


四人中一番綺麗なリーナ(アレクシス・ブレーデル)がギリシャで
白壁の町並みや海と会わせて本当に綺麗。
色使いも綺麗だけど、撮り方が本当に綺麗だと思う。

ブリジットのシーンも緑が多くて綺麗。
ティビーは独特のキャラと一番悲しいストーリー。
カルメンは一人コミカルだけど、最後は感動のストーリー

となんか得したような気分にさせる映画でした。
編集をもう少し丁寧にして欲しかった・・・。
別窓 | 映画 | コメント:0
| ムービースタリオン |