映画やドラマの感想です
★★☆☆☆二百三高地 1980
2009-09-30 Wed 22:00
監督:舛田利雄
出演者:仲代達矢、 丹波哲郎、 夏目雅子、 あおい輝彦
収録時間:184分
レンタル開始日:2003-12-21

Story
明治37年に勃発した日露戦争。当時の時代世相と国際政治を背景に、激戦二百三高地の攻防を描いた歴史大作。旅順へと大量の兵を送り込み、失策を続ける乃木将軍。満州軍総参謀長・児玉は乃木の失策を挽回すべく、203高地を軸に旅順攻略の作戦を立てる。 (詳細はこちら

大日本帝国に比べると質は大分落ちちゃいますね。

あおい輝彦と夏目雅子のやりとりもすごくありきたりにとって
つけたようにまとめられてしまってるし。

それでも見せる夏目の涙のシーンはさすがとは思いますが。


まあけど、中心人物たる、乃木大将の魅力がちっとも描かれて
なかったような気がします。

小説しか読んだことないんですが、戦術面でも戦略面でも政略面
でも全くの凡人なんだけど、天皇への人並みはずれた忠誠心とか
人柄が愛された人なわけで、その部分がはっきり描写されて
なかったと思う。


無理な突撃を繰り返したの乃木の戦術能力の低さの現われなん
だけど、その部分が誰がやっても同じ結果と見られても仕方ない
ように見えた。


あ~あと酷いと思ったのが、さだまさしの唄とその歌詞を写す
とこ。えっ、この映画はさだまさしのPV?と思った(笑)

ああやってじっくり見せられちゃうと歌詞も薄っぺらに見えて(^^;
あれは大半の人は冷めたんじゃないでしょうか?


でも戦闘シーンは迫力がありました。
二百三高地攻略の過酷さは十分に理解出来ました。

民衆に責められてた野際陽子も良かった。

あと、丹波哲郎がすごく良かったなあ(・、・)

仲代達矢も目がうつろなとこが乃木にぴったりだったと思う。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆アレキサンダー 2004
2009-09-29 Tue 22:00
監督:オリバー・ストーン
出演者:コリン・ファレル、 アンジェリーナ・ジョリー、 ヴァル・キルマー、 ジャレッド・レト、 アンソニー・ホプキンス
収録時間:173分
レンタル開始日:2005-07-29

Story
オリバー・ストーン監督が若手注目度No.1俳優、コリン・ファレルを主演に迎え、総額200億円の製作費を投じて放つスペクタクル史劇。20歳でマケドニアの若き王となり、世界を征服を成し得たアレキサンダーの栄光と孤独、波乱に満ちた32年の生涯を描く。 (詳細はこちら

ラジー賞にノミネートされたそうですが、別になにがラジーなのか
よく分かりませんでした(^^;


こういった歴史ものってそもそも面白いものでもないと思うし…。
というかトロイよりは面白かった(^^;


歴史に忠実だと終盤悲しいことが多いからつまらなくなるし、
ドラマティックにすれば史実からは乖離してしまうし。

まあ、アレキサンダーも史実と乖離しているというのもちらほら目
にしますが、アレキサンダーはよく分からないのでなんとも。


けど、戦争シーンは本当に迫力があった(^^;
ガウガメラの鎌付き馬車の怖さも十分伝わったし、終盤の象の迫力
もすごい。

牙を血まみれにして暴れまわる象見ちゃうと、象こえ~(T-Tって
なりそう。


ラジーとして思い当たりそうなのはホモシーンの多さかな(・、・)
てか批判もそこに集中してるような。

けど昔のああいう英雄ってほぼ例外なく男色ってありますから
ねえ。

江戸時代以前の日本の武将でも当たり前にあると思っていいだろう
し。

ただ、コリン・ファレルの鼻下の青ヒゲが石橋のホモオダを彷彿
とさせて面白いことは面白い( ̄ー ̄)


まあ、世界統一といっても日本人には、しっくりこないんですが
ね。中国あたりはすでにしっかり文明があったろうし。

ラジー六部門のノミネートのみという結果を見ると、アカデミー賞
最有力という宣伝文句がかなり空しいですね。
宣伝て適当やなと(^^;

制作費200億円・・・すげえ~(´◇`)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆チルソクの夏 2003
2009-09-28 Mon 22:00
監督:佐々部清
出演者:水谷妃里、 上野樹里、 桂麻美、 三村恭代
収録時間:114分
レンタル開始日:2004-10-15

Story
『半落ち』の佐々部清監督が、故郷・山口を舞台に、現代では忘れられてしまった70年代の純粋な初恋を描いた青春ラブストーリー。高校の陸上部員の郁子は、競技大会で韓国人の男の子と出会い、来年の夏の再会を約束するが…。 (詳細はこちら

主役の女の子はほんと美人なんだけど、こういう渋い美人って
なかなか使いどころが難しいんでしょうね。
とっつきにくそうな印象があって。

落ち着いた雰囲気で、この作品ではマッチしていたと思うけど、
正直、上野にだいぶ食われていたような気もします。


上野の部活辞めちゃえばいいと涙ながらに話すシーンは背筋が
ぞぞぞっとするほど上手くてびっくり。

全体的にはそれほどまだ演技力は上達してない感じだけど、その
向上心みたいものはものすごく感じた。

四人が舞台で踊るシーンなども主役より、上野をメインで撮って
いるくらいに見え、なにかちぐはぐな感じがした。


で本当に痛いのは山本譲二ですねえ(^^;
シナリオもぶっ飛んでるけど、演出も重罪な気がする。
主役の女の子に演技力を求めるのも酷だし。

山本譲二が出るシーンは一気にランクダウンするくらいぐだぐだ
でした。

例えば、ギターを娘から渡されるシーンでも、それこそここが
一番の見せ場なのに、歌手だから演技は一切しませんとばかりに
唄に逃げたように見えてならなかった。

あそこは家族シーンでは一番の山場なんだから、歌手だろうが
演技させなくちゃ(^^;


山本シーンを過ぎてからは一気に雰囲気回復(^-^;

四人で「なごり雪」唄うシーンなどは、青臭いねえと笑ってしまい
たくなるんだけど、この映画はそれを楽しむ映画ですからね。

朝、新聞配達で走る海辺の町はすがすがしいし、日韓友好を望む
若い二人の話もすがすがしくて良いと思う。

最後も想像力を書き立てる終わらせ方も余韻があっていい。


さほど、歌唱力が必要とも思えなかったのでなおさら、山本は
使わない方が良かったと思います。

さほどヒットしなかったのは説教臭そうなテーマと、主役の知名度
なのかなあ。まだ上野も有名じゃなかったし(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★サイダーハウス・ルール 1999
2009-09-27 Sun 22:00
監督:ラッセ・ハルストレム
出演者:トビー・マグワイア、 シャーリーズ・セロン、 マイケル・ケイン、 キャシー・ベイカー
収録時間:126分
レンタル開始日:2002-01-25

Story
孤児院生まれの青年を主人公に、彼がさまざまな経験を通し成長していく姿を温かな視点で描く感動作。原作・脚本は『ガープの世界』などで知られる米現代文学の巨匠ジョン・アーヴィングが担当。監督は『ショコラ』のラッセ・ハルストレム。 (詳細はこちら

いやあ見ごたえありますねえ。

本来、許されないことなのに、そこにいれば当たり前のようにして
しまうこともある。 そう思わせてしまう説得力がすごいなと。

無免許意思、親子の近親相姦、彼が出征中の浮気。

それを使う人が読めない、理解していないルール。
サイダーハウスのルール。
ルールってなによ。
使う人が使うルールじゃなきゃルールじゃないじゃんと。

といって、じゃあ許されないことを自身のルールでは有りって解釈
してしまえばいいじゃん、って受け止められてしまうとそれはそれ
で大失敗。

そう感じさせないところが、この映画の大事なところなんだと
思う。

押し付けでもなけれぱ、問いかけもしてない、見る人のそれぞれ
が意識せずにそれぞれのもう一つの経験値として吸収される、
そんな映画だと思います。

400gのヒレ肉のような感じで食べ応え十分。

PS 最後の死因は素直に事故と受け止めてもいいものなのだろう
か?(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★カーズ 2006
2009-09-26 Sat 22:00
監督:ジョン・ラセター、ジョー・ランフト
出演者:ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、 ボニー・ハント、 トニー・シャルーブ、 ポール・ニューマン
収録時間:116分
レンタル開始日:2006-11-07

Story
『Mr.インクレディブル』のディズニー・ピクサーによる大ヒットアドベンチャー。クルマの世界を舞台に、田舎町に迷い込んだ天才レーサー・マックィーンの冒険を描く。山口智充、戸田恵子ほか日本語ボイスキャストも充実。 (詳細はこちら

ブラボー♪ブラボー♪(=。=

いやあすっごい質感。 久しぶりにびっくりアニメ見た感じです。

ニモもプルプル感があったけど、車なのに生きてる様にしか見え
ないのはすごいです。


話も軽快だし音楽も心地よくもう魅力満点でした(^-^


それでいて最後ぐぐっと感動的なオチ。
別にどれも意外性はないんだけど、先読みする余地がないほど、
楽しんでしまっていて。
先読みってさせなければ意外性なんて必要ないものなんですね(・、・)


芸能人を使ったアニメでもピクサーってよく出来てることが多い
ですね。
今回も戸田さんと山口は文句なしです。
特に山口はどう聞いても山口に聞こえない(^^;
それでいて魅力たっぷり。


拘りでは虫や牛まで車というのが面白かったです。
すぐにひっくり帰っちゃうトラクター牛が可愛い。

あとジミヘンネタとか結構年輩の人でもにやりとするネタが多いん
だとか。よく出来てます。

オーバルのレースって日本には馴染みがないし、あまり面白くない
かなと思ったけど、問題なしでした(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆博士の愛した数式 2005
2009-09-25 Fri 22:00
監督:小泉堯史
出演者:寺尾聰、 深津絵里、 齋藤隆成、 吉岡秀隆
収録時間:117分
レンタル開始日:2006-07-07

Story
小川洋子のベストセラー小説を小泉尭史監督が映画化。80分しか記憶がもたない天才数学博士の下で働くことになった家政婦とその息子の交流を描いた感動作。圧倒的な存在感と演技力で博士役を演じた寺尾聰をはじめ、深津絵里、吉岡秀隆ら豪華俳優が共演。 (詳細はこちら

一番盛り上がるであろう部分が、オイラー…orz

数学もパズルみたいに面白いとは思うから、趣味の一種みたいに
考えればよくあるパターンの一つではあるんだけど、いかんせん、
これだけ嫌いな人がいる趣味はないですからね(^^;

社会に出て、いろいろ職種してるつもりですが、ぶっちゃけルート
って必要だったかと言われれば、仕事で必要な人が覚えりゃいいん
じゃね?くらいな(^^;


でオイラー・・・意味わかんね(^^;
=0っていうのは、一般的にはやはりいい意味には取れないと思う。
調和だとかいろいろ、理解した風な意見は見ましたが(・、・)
そんなこんなで久しぶりに、こんな数学覚えてなんになんの?
と(^^;(笑)


説明を省いて、想像に任せる良さというのはこれには当てはまら
ないな(^^; なんとなく分かるレベルでこそ、それは有効だと思う
けど、むしろ、悪いイメージなのだから(・、・)


あと、あの能の話が重要らしいけど、これだって、普通の人は
知らないでしょ(^^; …多分(^^;

あのお姉さんとの関係も怪しかったけど結局なんだったのか分から
ないし、問題は母屋に持ち込むなと言ってたけど、そんな展開も
なく監視してて一方的に辞めさせちゃうし。


あと・・・。 この手の病気の人にしては何が起きたかということ
を必死にメモしたりして前向きに生きて行こうという気がなさ過ぎ。

まあ元からの性格がそうならば確かに実際はそうなんだろうけど、
映画としては、彼を応援したいという気持ちに繋がるだけに
ちょっと痛いキャラ設定だと思う。

体に何枚か貼ってたけど、そんなことだけメモればいいの?って
くらい少なすぎ。

メメントにしても50回目のファーストキスにしても君に読む物語に
しても、最初に思い出すたびに、恐怖があって、そこから逃れる
ために必死に自身を理解しようとする努力が感じられたんだけど、
そのどちらも感じられなかった。

まあ偏屈な性格だから・・・で間違いでもないことはわかるけれど。


けど紙を貼っているんだから、あの博士が会話で初めて気付いて
パニックてな話は腑に落ちなかった。

明日の記憶じゃないけど、お手伝いさんの写真でも貼って覚えろよ
と逆に努力の無さにむかついたり(^^;

まあ、努力をあきらめてる風のとこがこの映画の売りなんでしょう
けど。

お涙ちょうだいのくどい演出がないのはいいんですけどね~(・、・)


キャラ的には深津は可愛かった。 いつもギャーギャーさわぐ
イメージがついてたんだけど、それが無かったのが良かった。

寺尾はちょっとマンネリな感じですね。 優しい時間にしても
半落ちにしても、どれも似てる気が(^^;

吉岡は似てるといえば似てるけど、やっぱりコトーのそれとは
違かった。

齋藤君は別にいいと思います。 たっ恋は今一だったけど、たっ恋
が演技だということが分かった(^^;

浅丘はあやし過ぎ(^^; そのくせネタ分からないから嫌(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★マザー・テレサ 2003
2009-09-24 Thu 22:00
監督:ファブリツィオ・コスタ
出演者:オリビア・ハッセー、 セバスティアーノ・ソマ、 ミハエル・メンドル、 ラウラ・モランテ
収録時間:116分
レンタル開始日:2006-02-24

Story
『ロミオとジュリエット』のオリビア・ハッセー主演、ノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサの生涯に迫る伝記ドラマ。修道院での活動に限界を感じたテレサは新教会を設立し、幾多の困難に遭いながら人々の救済に力を尽くす。 (詳細はこちら

オリヴィア・ハッセーすげえとしか言えないですね・・・orz

もう、あんなまっすぐ目で見られたら、なにもしてなくても、泣き
ながら謝ってしまったりして(^^;


けど、きっとマザー・テレサ本人も半端なくまっすぐな人だったん
でしょうね。それが伝わってくるだけで、映画としては良かったん
じゃないでしょうか。

全体的に駆け足の展開でもあり、全体的にくどいお涙頂戴の演出は
なく、にも関わらず、説得力、魅力ある演技はすごいかと。


駆け足でもきっとマザー・テレサの苦労はほとんど紹介できてない
んでしょうね。 それでもエピソードを短いながらも印象的に
まとめたシナリオや編集も巧いんだと思う。


あと、駆け足ながらしっかりメリハリがあって見る事が出来た理由
として歳に応じた、特殊メイクと姿勢があると思う。
特に姿勢はすごいな上手いなと思う。

監督はオリヴィア・ハッセーなしに映画は不可能と言ってたそう
ですが、この手の誉め言葉でここまで納得してしまうのも珍しい。

全体的にじーんという感じが持続しました(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★復活の日 1980
2009-09-23 Wed 22:00
監督:深作欣二
出演者:草刈正雄、 オリビア・ハッセー、 ボー・スベンソン、 千葉真一
収録時間:174分
レンタル開始日:2004-06-25

Story
小松左京の同名SF小説を原作に、深作欣二監督が映画化。研究所から盗まれた猛毒ウイルスが世界中に拡散し、生存者は南極に残された863人のみに。さらに核ミサイルの発射を誘発する地震が…。国際スターが多数共演するSFスペクタクル。 (詳細はこちら

いやあ、出来がいい(^^;


直接制作費25億円、構想5年、製作期間3年をかけた?
今に換算するといくらするんだろ(・、・)

こういうぶっとんだ作品だから、つっこみどころ満載でなかなか
映画の世界に入り込めないかと思いきやすんなり入ってしまい
ました(^^;

最近見た海猿が常に、まあこういう映画だから…という気持ちで
見ていたばかりだったのに。


やっぱり映画の出来がよければ、その世界のぶっとび具合なんて
あまり関係ないんだなと改めて(^^;


よくよく考えりゃ、モーターボートで南極目指すシーンも、なんで
モーターボート運転できるねん!とか、なぜ白衣?せめて上着
着ろや!とか、どう考えても無茶だから、目指さないだろ!とか
いろいろあるんだけど、逆にその無謀さがいいスパイスになって
いた気がする。


今だにいろいろ、怪しいウィルスは発生してますからね。
こんなこともある話かもなと。

あと、外人さんもオリヴィア・ハッセーを中心に巧い役者さんが
揃ってますね。 日本の役者は別に下手だと言われる人もいない
けど、やっぱり外人さんの巧さがひときわ目立ってた。
それが全体的に映画の質をUPさせていたんだと思う。

あと、草刈さんがすごいかっこよかった(^^;
日本人離れした感じも映画にぴったりだったし。


最後のペンギンが海に飛び込むシーンで結構涙が出てしまい
ました。

あんな激しい波で岩場に叩きつけられることもあるし、海に
入ったら入ったで天敵のオットセイたちに追われる厳しさ。

それと変わらない位人間もこんな危機に陥った時は必死になるん
だなと。

PS 驚愕のシーン 緒方拳がシャキシャキしゃべってた(@_@;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆東京原発 TOKYO: LEVEL ONE 2002
2009-09-22 Tue 22:00
監督:山川元
出演者:役所広司、 段田安則、 平田満、 吉田日出子
収録時間:110分
レンタル開始日:2004-09-25

Story
役所広司を始め、演技派俳優総出演で贈るパニックサスペンス。東京に原発を誘致しようとする都知事の意向に沿って、大量のプルトニウムを乗せたトラックが東京に向かう。しかし、その道中で爆弾マニアの若者に車をジャックされてしまい…。 (詳細はこちら

まあこういうのはおおいにたくさんやって下さいですね(^^

ただ、はっきり原発導入=悪というスタンス、そしてそのために
音楽を使っていかにもな演出するのはどうにもあざとさを感じて
だめでした。

提示した理由の中には、ちよっと強引だなと思うものもあったし。

原発=悪って構図も抑えて、音楽で善悪を演出せずにやってくれ
たら、だいぶ受け入れやすくなったとも思う。

或る程度見る側が自分で判断したと思わせる演出の方が良かったの
では?


そういえば、神戸の震災の時に倒れた建物や施設の中には、耐震
性能の高さを保証していたものもたくさんあったはずなのに、
その辺はうやむやになったんですかね。

多少はその辺のニュース見た記憶がいるけど。姉歯の偽装じゃない
けど、ああいうのは他にもたくさんあるんじゃないかと思うけど、
保証と言っても賠償してくれるわけじゃなさそう(^^;


あと、セリフでは、国に責任者なんているわけないじゃないかって
のが面白かった(^^


ほんと、政治家・官僚の無責任なやり方には辟易ですよね。
先日も国債の発行が減ったとか言ってたけど、そもそも借金でほぼ
パンク状態なのに、発行量が減ったからって成績が上がったみたい
な報道のされ方を見て、病んでるな日本はと思った。


バブルのつけじゃないけど、今の高齢者の方々がどれだけ借金を
残したかと考えると苦労話とか聞いても複雑なんですよね。
バブルの頃なんて、湯水のように金使ってましたからね。

大体経済学の都合のいいとこだけ取り上げて、借金しても経済が
上向けばいいみたいな経済学はもう画餅だって分かったはずなのに
今だにその神話にすがって甘い汁吸ってますからね。


ウランもあと数十年しか残がないと聞いて驚きました。
石油がなくなるのだってもうすぐって感じじゃないですか。
今の子供達が大きくなる頃にはないのか(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆G.I.ジェーン 1997
2009-09-21 Mon 22:00
監督:リドリー・スコット
出演者:デミ・ムーア、 ヴィゴ・モーテンセン、 アン・バンクロフト、 スコット・ウィルソン、 ジェイソン・ベギー
収録時間:125分
レンタル開始日:2002-10-25

Story
政治的駆け引きの材料として、米軍でも最も過酷とされる海軍特殊部隊SEALの訓練プログラムに送り込まれた女性将校ジョーダン・オニール大尉。彼女は数々の障害を乗り越えながら、12週間の訓練を耐え抜いていく。デミ・ムーアの鍛えられた筋肉は見もの。 (詳細はこちら

デミムーアの体すげー~(´◇`)
なんか相撲とかで力負けしそう(^^;
もう体がフィギュアみたいに完璧で(^^;

ゴーストの頃の華奢なデミ・ムーアが懐かしい(^^;


軍における女性の差別について切り込んだ作品。
個人的には中立スタンスで問い掛けるような作品の方が好きなの
で、この映画のスタンスは好きです。

男性社会が悪いという書き方でもないし、もちろん女性が悪いと
いうわけでもない。


ただ女性がいると指揮が乱れるというのは事実として理解できるし
考えさせられるものがある。

要するに戦場に女性兵士が混ざると男性兵士は本能的に女性を
守ろうとするので被害が大きくなってしまうそう。


で男性兵士が死んだところで取り上げられないけど、女性兵士が
死ぬとすごく悲惨な印象を与えるとか。

女性が生き残る方が子孫繁栄に有効なことは確かだから、男が
戦って女性を守るという構図は戦争においては根本的には変わら
ないでしょうね。


最近、小耳に入れた豆知識だと、女性の方が痛みに強いというのは
ガセネタらしいです。出産の時は痛みを麻痺させて強くなるけれど
男には戦闘状態に近いような興奮状態だと痛みを感じなくなるんだ
とか。

格闘技なんかで怪我しても男は興奮して痛みを感じなくなる。
終わってしばらくして落ち着いたら急に痛み出すってやつ。

けど女性は痛みが消えないんだとか。
それが格闘系の女性人口の少なさの原因らしいです。


…なんて諸々のこともあるので、どうでしょうね女性の軍隊への
進出。いいのか悪いのかはさっぱり。

あ~けど、看護師なんかは女性の方がやっぱり和らぐんですよね。

ごっつい男性に触られるとそれだけで、防衛反応が働いて好戦状態
になる気がというか。
もちろん具体的に憎いとは思わないけど、緊張する。


まあでも食事風景や訓練風景を見るとやっぱり軍隊は過酷だなと
改めて。

これ、ラジー賞の女優取ったらしいけど、別にラジーとも感じ
なかったけどな(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆インストール 2004
2009-09-20 Sun 22:00
監督:片岡K
出演者:上戸彩、 神木隆之介、 中村七之助、 菊川怜、 小島聖、 田中好子
収録時間:94分
レンタル開始日:2005-04-29

Story
芥川賞作家・綿矢りさのデビュー作を人気アイドル・上戸彩主演で映画化した青春ドラマ。“平均的な女子高生”でいることに飽きてしまった朝子は、ひょんなことから知り合った小学生・かずよしとエロチャットのバイトをすることに…。PG-12作品。 (詳細はこちら

テレビでやっていたので。 上戸彩と神木隆之介の。


テレビでやる映画はなんとなく心にひっかかっていた程度の作品が
ほとんどなので、予備知識は一層仕入れなくなるんですが、この
映画も全く想定外でした(^^;


いやあ、すごいエロくてびっくりした(^^;
ヌードもキスないけれど、ひたすらエロねたで。
で想像を巧いことかきたててくれるので、下手なAVよりよっぽど
エロいかも(^^;


けど、神木君ががっしり上戸の胸を掴んで、もみもみするシーンは
あるんです。びっくりした A^_^;
上戸も結構頑張ってたんだなと見直してしまいました。神木君も。


話がシンプル、だけど、すごく不思議な独特の雰囲気があって
全体的に心地よく見ることが出来ました。

話も面白くて、ただのアイドル映画かと思って見ると儲けものか
も。


当たり前と言えば当たり前だけど、ネットで18未満ですか?なんて
聞いても効果ないですよね。ネット界は徘徊するような子供は
あっという間に、大人並みの知識と駆け引きを覚えてしまって。


けど、姪っ子の勉強に付き合ったりすると、やっぱり歳相応の勉強
を大事にした方がいいのかしらと思うことも。


個人的には子供が出来たら小さいうちからパソコンに馴染ませよう
とは思っていたんですが。

上戸の役の子はSEXしたことない設定なんですが、エロチャットの
バイトしだしたら、遊んでる男供が馬鹿に見えて仕方がなかった
ってセリフがあるんですが、それも確かにそうだよねと(>_<

エロチャットや出会い系とかはしたことないけれど(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆LIMIT OF LOVE 海猿 2005
2009-09-19 Sat 22:00
監督:羽住英一郎
出演者:伊藤英明、 加藤あい、 佐藤隆太、 大塚寧々、 吹越満、 時任三郎
収録時間:117分
レンタル開始日:2006-12-19

Story
佐藤秀峰原作の同名海洋アクションコミックを、伊藤英明主演で映画化した劇場版第2弾。乗客640人を乗せた大型フェリー船の座礁事故が発生。潜水士・仙崎は救出活動に向かうが、そこで偶然乗り合わせていた恋人・環菜の姿を発見する…。 (詳細はこちら

ん~、まあ大ヒット作だし、こういった大仕掛けの映画は
どこかしら素直に見れないものなのか。

ありきたりというほどでもなかったので、まあシナリオとしては
宜しいんじゃないでしょうか?


つっこみ虫がうずうずしまくるんですが、まあこういう映画、
無理やりな展開は仕方ないよねと。


例えば、ああいう時って絶対建前上、マスコミにはあきらめずに
全力で救出の努力をしていますというものだと思うけど、あっさり
あきらめた的な発言させるのは・・・というのがあるんだけど、
あれがないと、環菜が救出をあきらめられた事実を知れないし、
そうなると悲しまないし。

あと都合よく環菜が司令室の中に自由に出入りしてるけど、それ
もね。


個人的には全体的に黄味がかった映像がなにかちょっと嫌な感じが
しました。外はまだしも部屋の中、黄色過ぎ(笑)
加藤あいの肌もまっきっ黄(ノ_・、)


あと、話上仕方ないのかも知れないけど、四人になるのが早すぎた
ような気がする。

なにかスケールが急に小さくなってしまったような。
四人になる話と同時進行で救出作業の緊迫感は出し続けた方が
良かったような。


あと、これも仕方ないんだろうけど、建物は傾いてるといわん
ばかりに画面、は傾いてるんだけど水面とか落ちてくる水画面を
斜めに落ちてるから、なんともなあというのはありました。

煙突も真上からバシャバシャ水が落ちてきてたけど、船傾いてる
よね?煙突の真上から水が着てたらすでに水没してるんじゃない
の?とか。

多分、金のあるアメリカならこの辺もしっかり作ってくるんだろう
なとふと。


あと細かいかも知れないけど報道の女の子が
「報道やってて良かった」風なこと言ってたけど、なにかしっくり
こなかった。

多分、彼女がしっかりと救出成功を報道するシーンがあってカット
されたんだと思いますが(・、・)

PS あれフェリーはCGじゃないんですよね?
あれだけ傾けたってことはセット?
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆恋に唄えば♪ 2002
2009-09-18 Fri 22:00
監督:金子修介
出演者:優香、 竹中直人、 玉山鉄二、 篠原ともえ
収録時間:59分
レンタル開始日:2003-05-09

Story
優香と竹中直人が共演し、ドタバタな珍道中を描くミュージカル仕立てのラブコメディ。恋人・サトルにフラれたばかりのユミの前に魔法使いを名乗る男が現れ、彼女の願いを1つだけ叶えるという。ユミは別れた恋人を取り戻すことを願うのだったが…。 (詳細はこちら

優香ファンの為の映画・・・なのかな?(・、・;)
唄は聞きたいレベルのものじゃないし、ダンスも光るものもない。

正直、見ていて恥ずかしくなる映画でした(^^;
一緒に踊っている外人さんたちに日本ってこんなレベルで金取れる
の?と本気で不思議がられてそうだった(^^;


話的にはこの手の作品のコメディーとして見ればそんなにつまら
なくもないと思うから、ミュージカル仕立てにしなくても良かった
んじゃないかな?

てかこのままでミュージカル仕立てと銘打たなければ良かったか
も(^^;


あと確かに優香は可愛いけど、この作品をやるにはもう少し
若かった方が良かったような。

途中で出てくる怪獣とか明らかに子供向けだったし。
もっと子供向けに作った方が良かったような。

長期、オーストラリア旅行とご褒美的な映画なんでしょうか?


玉山は早めにドラマでお馬鹿役をやった方がいいと思う。
藤木のギャルサー同様。 玉木ののだめ同様。
映画ではやってるし出来てるから。
顔が美形過ぎて、なかなか使いづらい気がする。

竹中はこの手の役は独占したいんだなと思った(笑)
だからドラマでも出る役出る役、力んで高テンションなんだと(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆シークレット ウインドウ 2004
2009-09-17 Thu 22:00
監督:デビッド・コープ
出演者:ジョニー・デップ、 ジョン・タトゥーロ、 マリア・ベロ、 ティモシー・ハットン
収録時間:96分
レンタル開始日:2005-04-22

Story
『ネバーランド』のジョニー・デップ主演、スティーヴン・キングの原作「秘密の窓、秘密の庭」を映画化したサスペンスミステリー。湖畔近くの別荘で執筆活動に励む作家のモート。そんな彼の下に正体不明の男が突然訪ね、彼に盗作疑惑の話を持ち掛ける。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

デップファンでないと楽しめないとサスペンスファンから叩かれて
しまった作品だとか。

ぶっちゃけ始まって数分でオチは分かりました(^^;
けど、これは明らかにオチで驚かそうとする映画ではないので、

オチが読めてしまったからと叩くのは筋違いな気もします。
てか解説読むだけでもオチがわかるレベルかもだし。


ということで露出のひたすら多いデップの演技力勝負ということに
なります。

個人的にはデップは巧いしかっこいい役者だとは思いますが、見れ
ればいいというほど、ありがたい視聴者ではありません(^^;

で結構見ごたえがあったと思います。オチがばればれなのに、結構
面白く見て入れたのはデップの演技力や魅力のおかげだと思う。


ふと、役所広司のドッペルゲンガーやカリスマを思い出しました。
作品の出来が役所にかかってる的なとこが。

デップパワーひっぱって行くとこまでは良かったんですが、終盤。
急にこれでもかと音楽でホラームードを煽り出してからは・・・。
強引やなあ・・・と(笑) もっとさりげなくかっこよく演出して
欲しい(^^; とそこからはあれれれれと。


DVDにカット映像があってエンディングもカット版があったんです
が、笑ってしまいました。 あんなの入れてたら、完全にラジー
賞だったかも(^^;


まあでも話の軸である、作家が自分の発表した作品が気に食わなく
て、変更したいという思いが募り病的にというのは分かるので巧い
なと思います。

はっきりとオチを示して、オチ勝負ではないというスタンスを
示した気もしますが、曖昧にして、かつ多少ミスリードを誘う
ようなシナリオにした方が結果的には良かったのかもしれません。

やはりサスペンスというジャンルである以上。

デップファンでないと楽しめないとまでは言いませんが好き位で
ないと楽しめないかもしれませんね。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★スクリーム 1996
2009-09-16 Wed 22:00
監督:ウェス・クレイヴン
出演者:ネーヴ・キャンベル、 スキート・ウーリッチ、 ドリュー・バリモア、 ローズ・マッゴーワン
収録時間:111分
レンタル開始日:2002-03-22

Story
カリフォルニアの平和な田舎町ウッズボローに暮らす女子高生シドニーの周囲に、ハロウィンマスクをかぶったシリアルキラーが出没。1年前、何者かに母親を惨殺された過去を持つ彼女は、恋人のビリーが犯人ではないかと疑い始めるが…。 (詳細はこちら

いやいや、面白いなこれ(^^;

ホラー映画だと…ってお約束通りになるのは面白い。
この映画が最初なのかな(・、・)
よくあるネタだけど。
しかし、童貞や処女は死なないのか、気がつかなかったな(^^;(笑)


30秒の時間差にはやられた~って感じかな(・、・)

猫の出入り口に飛び込んだのはさすがに、無理やろ!っとつっこん
でしまったけど(^^; まあそれくらいは逆に楽しくて(^-^


まあオチもよいし、犯人には悪いがとどめは爽快だった(^^;


PS ドリュー・バリモアは全然気付かなかった(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★春の日は過ぎゆく 2001
2009-09-15 Tue 22:00
監督:ホ・ジノ
出演者:ユ・ジテ、 イ・ヨンエ、 ペク・ソンヒ、 パク・インファン
収録時間:113分
レンタル開始日:2002-11-22

Story
録音技師の青年と、DJ兼プロデューサーでバツイチの年上女性との切ない愛を描くラブストーリー。繊細で美しい映像が好評を博した前作『八月のクリスマス』のホ・ジノ監督による2作目。韓国スター、ユ・ジテとイ・ヨンエが共演している。 (詳細はこちら

これはビンゴです。


別れの理由って簡単に語れるものじゃないし、いくつかのきっかけ
やタイミングがいろいろ混ざり合って起こるものですよね。

で、何で別れなければいけなかったんだろうと悩む。
まあ全く悩まないって人も居るだろうし、ものすごく悩みつづけて
しまう人もいる。

自分の場合はダメージでかい方なんで、なるべく考えないよう
にするんだけど、それでも少しはなんでだろうなと思うわけです。


だからこの映画のなぜ、彼女は離れようとしたのか?を考える。
もうそれだけでも自分にオーバーラップしてしまうんですよね。
巧い。

ではっきり映画上で理由など示していないから、見る人によって
受け取り方はそれぞれですね。


感想を少し見てみると憤慨してる人もいるみたい。
彼女に対してが多いけど、彼に対しても少しは。
まあ車に…の行為はさすがに同意してる人は少ないですが。


で、自分は自分に重ね合わせてしまって、本当に胸が痛い作品
でした。 自分の場合は、彼はしっかりせい派ですが。


この映画を見て思い出したのは、東京ラブストーリー。
リカはしっかりと愛されてしまうと、不安が湧きあがってしまって
その愛を壊さずには居られない女の人でした。

春の日はそれだけでなく、愛に溺れてしまって、先を見ようと
しない彼にいらだったり、そんな時に仕事でやり手の男がいたり、
とありがちな状況もあるんだけど、彼女はやっぱり彼が好きという
気持ちを最後まで消せないんですよね。

ところが、彼は、戸惑ううちに、やり手の男といる彼女を見かけて
あきらめてしまう。


結局、彼が別れるべきだったのか、もう一度彼女とやり直そうと
した方がいいのかは分からないけど、彼は彼女の気持ちをいつしか
信じることが出来なくなっていったんでしょう。

お婆ちゃんの「バスと女は去ったら追うもんじゃないよ」と言われ
彼はその呪縛から逃れられるんですよね。


多くの人が感じるように、この映画からは、女性の魔性を悪い意味
でなく認め、それを断ち切ってそこから旅立つ初めての愛を経験
した若い男性の話にしようという意図は感じます。

お婆ちゃんのセリフはその象徴だと思う。 で多分長年生きた
お婆ちゃんの言葉は真実であり、ボケていたはずのお婆ちゃんが
本能的に孫を救う為にその言葉を言ったと解釈するのがこの映画の
本筋なんだと思う。


けど、個人的には、お婆ちゃんもお婆ちゃんの生き方という
フィルターを通しての人生観でしかなく、お婆ちゃんの言葉が
正しいとは限らないと思う。

つまり、彼女を改めて受け入れることも間違いではなく、ひとつの
ハッピーエンドだったかもしれないと。


まあいずれによ、解釈は見る人に委ねますという映画であり、答え
はないんでしょう。 恋愛に答えがないように。
まさに自然の中のちっぽけな事象なんでしょう。


これで、ホ・ジノ監督作品は制覇かな?
見ているときは退屈なんだけど、なにか癖になる良さがありますね
この監督のは。

イ・ヨンエはまともに見るのは初。 韓国人俳優年鑑ではトップに
出てくる人なのでさすがの綺麗さだと思います。

なにか彼と並んだ時にものすごく小さくて、150くらいしかないの?
と思ったんですが、なんと165cm。 相手が187cmと大きいからなん
ですね。

韓国人俳優はみんなでかいな(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ポセイドン 2006
2009-09-14 Mon 22:00
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
出演者:カート・ラッセル、 ジョシュ・ルーカス、 エミー・ロッサム、 リチャード・ドレイファス
収録時間:98分
レンタル開始日:2006-10-06

Story
『ポセイドン・アドベンチャー』を『トロイ』のウォルフガング・ペーターゼンがリメイクしたアクションアドベンチャー。転覆した豪華客船「ポセイドン」の船内で、生き残りを賭けた壮絶なドラマが繰り広げられる。(c)2006 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. (詳細はこちら

72年の「ポセイドン・アドベンチャー」は結構心に残る作品で、
テレビで二度三度と見てると思います。


噂通り、迫力は3倍4倍位はありますね。
落差があって、人やモノが落ちていくなんてシーンは分かりやすく
数倍の落差になっていたと思う。

転覆の瞬間や、たくさんの人がいた大広間が水に飲まれるシーンは
確かに大迫力。 けど思ったより、そのシーンが短くてちょっと
がっかりしました。


あとドラマの部分は残念ながら、前作より大分弱くなった気が
します。

個人的には前作の老夫婦がお互いをいたわりあうシーンがすごく
良かったんですが、老夫婦自体が設定から外れてしまって。

あと別働隊と途中で合流して、どっちについていくかで争ったり
したんですがそれもなくなってしまったのは痛い。

その分親子愛や若い二人の愛は強調されてるんですが、なにか
ありきたりで。まあ典型的な娯楽品パターンに則った作りになった
ってことでしょうか?


あと全体的に、暗いシーンが多いのが辛かったです。

まあ現実味はあるのかもしれないんだけど、緊急用の電源てことに
して、オレンジ灯を使ってでも明るくして欲しかったです。
実際、青みがかってたとしたってもっと暗いはずなんですから(^^;

でも迫力はあるので、星三つかなあ(・、・;)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★ローズマリーの赤ちゃん 1968
2009-09-13 Sun 22:00
監督:ロマン・ポランスキー
出演者:ミア・ファロー、 ジョン・カサベテス、 ルース・ゴードン、 シドニー・ブラックマー
収録時間:137分
レンタル開始日:2004-02-06

Story
オカルトムービーのはしりとなった異色作。マンハッタンの古いアパートに若い夫婦が引っ越してきた。やがてローズマリーは妊娠するが、アパートでは不可解なことが進行していく。主演のミア・ファローがどんどんやつれていく鬼気迫る演技が見所。 (詳細はこちら

前々から噂には聞いてたんですが。
ポランスキーといえば戦場のピアニストやオリバーツイスト。

電話なんかはごっつかったりでしっかり、40年前の作品なんだけど
展開にはひきつけられて古さは感じなかったです。


ちょうどマシニストの後に見た作品だけど、今でもたくさん作ら
れる、狂っているのは自分なのか周りなのかというパターン。
この時代からしっかり面白いものがあったんですね。


で、発端は妊娠によるヒステリー。 それに引っ越したばかりで
まだ信用出来ない隣人の親切と自然で誰にもありそうな設定。
そのアパートに昔起きた事件も複雑に絡んできて。

体にいいからと、いろいろな食べ物をもらったり、医者から指示
される薬やサプリメント。 それに疑いを抱き始めてしまうと…。

オチも背筋がゾゾゾってするような感じでなかなか良かったです。

無理をして特撮に走らないのも逆に想像を掻き立ててくれて
怖かったし。

スパイダーマンみたいなSFアクションはCGやその他技術の向上で
格段によくなってるけど、ホラーは昔から実は変わっていないの
かなと思いました。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★マシニスト 2004
2009-09-12 Sat 22:00
監督:ブラッド・アンダーソン
出演者:クリスチャン・ベール、 ジェニファー・ジェイソン・リー、 アイタナ・サンチェス=ギヨン、 ジョン・シャリアン
収録時間:102分
レンタル開始日:2005-09-22

Story
『バットマン ビギンズ』のクリスチャン・ベールが30キロに及ぶ減量をし、1年間眠っていない男を演じたサスペンススリラー。平凡な機械工のトレバーは、原因不明の不眠症で365日眠れずにいた。そんなある日、自宅の冷蔵庫に不気味な貼り紙を見つけて…。 (詳細はこちら

一年間眠れない男役の役作りのために30Kg減量したことで有名な。

一年間眠っていないという設定と、見た目、そして巧い映像の
おかげで見ていてすっかり、不眠症になった気分を味わえました。

たえずうつらうつらというか。

そして主人公が罠に…。
見た目のせいもあって、周りは自分の妄想と決めつけるが、自分の
妄想なのかそれとも自分を陥れようとする何者かがいるのか?

最後のオチはびっくりってほどでもないけれど、途中の展開が巧い
具合に伏線になっていて、なかなか巧いじゃんと心地よく。

と映像を中心に監督のセンスが光る作品でした。


このDVDにもカットシーンがおまけでついてましたが、見て
びっくり、こんなシーン入れちまったらあっという間に駄作だよ
というものばかり。

すぐネタバレしちゃうものや、しつこすぎるものや、無駄なもの。
良作と駄作って紙一重なんだなと改めて(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆トム・ヤム・クン! 2005
2009-09-11 Fri 22:00
監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演者:トニー・ジャー、 ネイサン・ジョーンズ、 ペットターイ・ウォンカムラオ、 ボンコット・コンマライ、 チン・シン、 ジョニー・グエン
収録時間:110分
レンタル開始日:2006-09-22

Story
『マッハ!』のトニー・ジャー主演による痛快アクション。象と生活するムエタイ兵士の末裔が暮すタイの静かな村。ある日、村に現われた密輸組織に2頭の象が連れ去られてしまう。村の青年・カームは、家族同様の象を救うため単身シドニーへと向かう。 (詳細はこちら

マッハ!は良かったので期待のこの作品。
なにやら評判もいい気がしたので期待も大きく。

・・・期待しすぎたかな・・・orz

良かったのは、インラインスケートとかが出てきたとこかな(・、・)
あとカポエイラもよく出来てたと思う。 弱いキャラ的扱いでした
が(ノ_・、)


噂の建物を上っていく長回しのシーン。
階段も滑らかにカメラが追いかけてカットもなく確かにすげえなん
だけど、マッハより戦うフィールドが広いせいもあって、あきらか
に敵がやられにきてる感があって駄目でした。

完全に蹴られにいっとるやんって(笑)


あと後半のひたすら関節技決めるとこは効果音に頼りすぎ、なにか
軟骨や腱がきれるような骨が折れるようなメキメキバリバリって音。

明らかに曲がる方向に曲げてるだけなのに、出てるとこもあって
なんか冷めちゃった(^^;

せっかくジークンドーやカポエイラの達人級の人がいるのに
ラスボスが頭悪そうな体がでかいだけの人ってのも萎え萎え(笑)

それでプロレス技に秀でてるならまだしも、いくら蹴られても痛く
ねえぜばりにボカボカ蹴られてるのとかすごく萎えました(笑)

ボスの華奢な女性が実は鞭や刃物の達人ていう展開も萎えたし
('~`;)


あと、話の根本なんだけど、別にゾウの骨が欲しいなら、死んだ
ゾウの骨もらえばいいじゃんて。

そもそもゾウの誘拐事件ってなんか腑に落ちないものがあった。
オーストラリアに行く意味もよく分からなかったし(^^;

あと女の人の扱いがちょい過ぎるよ。 顔も覚えられずというか。

と散々書いてますが、やっぱりアクションはすごいので★三つ(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★ギルバート・グレイプ 1993
2009-09-10 Thu 22:00
監督:ラッセ・ハルストレム
出演者:ジョニー・デップ、 ジュリエット・ルイス、 レオナルド・ディカプリオ、 ダーレン・ケイツ
収録時間:117分
レンタル開始日:2002-01-25

Story
アメリカ中西部の田舎町を舞台に、よろずやの店員がトレーラーハウスで祖母と旅を続ける少女と出会い、自己の生活を見つめ直していく姿を描く。白痴少年役をディカプリオが名演、心打たれる感動作に仕上がっている。監督はラッセ・ハルストレム。 (詳細はこちら

特別、目新しさなんてないんだけど、結構胸に突き刺さる言葉が
多かったです。

まああそこまで太ったお母さんがいるというところは目新しいと
言えば目新しいか。 けど終盤はともかく障害を持つ人が二人いる
からと言ってそれは目新しくもなく。


障害を持つ人が二人いると、そんなケース稀でしょとあざとさを
感じることもあるけど、太るというのは、アーニー(レオ)に因る
ところもあると思うのであざとさも感じず。


いやけど、あのお母さんをキャスティング出来た時点でだいぶ映画
としては成功だったような・・・(^^;
昔は美人だったというのは説得力あったり、顔とかすごく綺麗
だった。


あとレオが巧かったなあ。 やっぱり巧いやつは巧いんですよ、
当たり前だけど。


あと、未亡人の奥さんが結構いい味出てましたね。 いかにも
欲求不満の主婦という感じではなくて、少しは余裕のある自然な
感じ。

ギルバートに対しても恋人気分なんですよね。


そう、全体的に自然な演出というのがこの映画の良さだと思った。
ギルバート(ディップ)なんかは後半の爆発があるわけだから普通
だと、日々の描写で不満が溜まっていくという描写になりがち
だけど、それが一切無かったのがいい。

そして爆発もアーニーへの不満という感じじゃ無かったのも
良かった。 ただ、今巧く行かないことへの憤り。


実際、爆発したって、そうなるのが自然だと気付かされますね。
どうしようもないことは身に染みて分かってるから、どうしようも
ないことに怒りをぶつける。 あからさまにアーニーに不満を
ぶつけることなんてきっとないんだと。

が、実際にはほとんどの映画やドラマではありきたりにアーニーへ
の不満を前面に出してしまう。

こういう、いい演出と出会えて、今のディップやレオがいるんだな
と改めて感じました。 やっぱり演出は大事だ(・、・)


終盤のお母さんの話は切ないですね。 親切からベッドで寝ればと
いうアドバイスが…。 あの女の子がトラウマにならなければいい
ですが。

お母さんが家そのもので、そこから一斉に巣立つという話は胸に
くるものがありました。 けどお母さんは呪縛ではなくて、ただの
時間なんですよね。 雛が自然に飛び立つように。

人間て、親と同居し続けるケースが多々あるんだけど、動物学的
にはすぱっと親離れした方がいいのかも知れませんね。

まあ猿は集団で行きつづけるからそうでもないんでしょうが(・、・)


あの夕焼けのシーンがよかったな。 あんな風に夕日を見てみたい
(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★アメリカン・ビューティー 1999
2009-09-09 Wed 22:00
監督:サム・メンデス
出演者:ケヴィン・スペイシー、 アネット・ベニング、 ソーラ・バーチ、 ウェス・ベントレー
収録時間:117分
レンタル開始日:2002-02-22

Story
『交渉人』のケヴィン・スペイシー、『マーズ・アタック』のアネット・ベニング共演による、家庭が崩壊する様を陽気かつシニカルに描いたコメディムービー。ある日突然リストラされたダメ親父・レスターが、娘の親友に一目惚してしまい…。 (詳細はこちら

危機的状況の夫婦間、父子間が緊張感があってすごく面白かった。
娘の友達とパパの関係。
あと隣人の父子の関係もしっかり描かれているのがすごい。

街の俯瞰があるだけでも広がりがあって良かった。


改めて見ると男が会社辞めるって大きなことなんですよね。
生涯一会社なんて人も多いわけで、その中には自分を変えたくても、
まわりとの関係で、どうにもならない窮屈感を味わっているわけで。
そこをつまらないと感じてしまうとどんどんストレスがたまって
いく。

けど、それって男だけじゃなく、学校であったり、主婦であっても
同じことなんですよね。 だから、あのパパの置かれた状況って男
だけのものじゃない。

それをぶちやぶるきっかけが禁断の娘の同級生への一目ぼれって
現実味があっていい。 まあ実際、そんな気起こらないのかどうか
は分かりませんが。

あの女の子は実は…ってのがすごくひねりが効いていて面白かった
ああやって、平凡に見られるのが嫌で、落とす気満々の視線送り
まくり若い子っていますよね~A^_^;
いるいる( ̄ー ̄) って感じでした(笑)

しかし、隣の家、見えすぎ、望遠効き過ぎなのは笑いました。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆連理の枝 2006
2009-09-08 Tue 22:00
監督:キム・ソンジュン
出演者:チェ・ジウ、 チョ・ハンソン、 チェ・ソングク、 ソ・ヨンヒ
収録時間:107分
レンタル開始日:2006-09-06

Story
『冬のソナタ』のチェ・ジウと『オオカミの誘惑』のチョ・ハンソンが共演した悲恋物語。愛をゲームとしか思わない青年実業家・ミンスは純粋で明るいへウォンと出会い、特別な感情を抱く。そんなある日、ミンスの目の前でへウォンが突然意識を失う。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

漫画読んでオチを知ってしまっていたのが痛かったな…。
けど逆に漫画読んで無い方がむかついてたかも(笑)

例によって、オチを曖昧にほっぽる韓流だから、ラスト三分位の
泣けるシーンの途中にこそっとあなたも同じだって知ってたって話
が。

けど、ミンスが死ぬ描写はないので、気付かない人もいるんじゃ
ないかな?

一応、医者が他人の話するわけないよね、おかしいなというのと、
ミンスが眩暈するという伏線はあるんだけれど。
あと友達が泣きすぎるか。

せめて、あと五分くらい前にオチを見せてそのオチで泣かせた方
がいいんじゃないかな?

しかし、韓流はこういう泣かせる話にもシックスセンスばりの話、
仕込んできてしまって冷める作品が多いな。

なんかセカチューみたいに奇をてらわない作品が恋しくなりました
(^^;(笑)

オチを知っていても見られたのはチェ・ジウのおかげかな(・、・)
可愛らしさの演技は巧いし、表情豊かでつい見てしまう。
ぱっと見タイプじゃないんだけど(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆バンジージャンプする 2001
2009-09-07 Mon 22:00
監督:キム・デスン
出演者:イ・ビョンホン、 イ・ウンジュ、 ヨ・ヒョンス、 ホン・スヒョン
収録時間:100分
レンタル開始日:2005-07-29

Story
『誰にでも秘密がある』のイ・ビョンホンと『ブラザーフッド』のイ・ウンジュ共演による時間を超えたラブロマンス。テヒという最愛の女性と別離したインウは、その後の教師生活の中である不思議な偶然に遭遇する。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意※※※

うんにゃ~(-"ー;)
まさかイ・ビョンホンがモーホーストーカーとは・・・orz(笑)

まあ別に、生まれ変わりがガタイのいい男子高校生なのは構わない
と思うんだけど、妻子のあるインウ(ビョンホン)がああいう行動、
結末になるのは許せないですね。

あと、テヒとのやり取りが同時進行でフラッシュバックされるん
だけど、最初にホテル持ってきたから、盛り上がりにかけた。
あれは終盤に持ってきた方が・・・。

それにミステリー色を強くしてしまったから、テヒとのやり取りが
少なかったけどもっと時間かけて欲しかった。

テヒへの思いの強さが、最後の結末で感動できるかの鍵になったと
思うから。不良とか必要なかったと思う。


テヒ(イ・ウンジュ)が事故にあった日はイ・ウンジュが亡くなった
日と同じという報道があったそうです。

輪廻する役やったのも自殺の要因になってのかなあと複雑な気分
です。

そんな思いもあって映画にはあまり感動しなかったけど、最後の
イ・ウンジュのモノローグはほろりと来ました。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆クジラの島の少女 2002
2009-09-06 Sun 22:00
監督:ニキ・カーロ
出演者:ケイシャ・キャッスル=ヒューズ、 ラウィリ・パラテーン、 クリフ・カーティス
収録時間:101分
レンタル開始日:2004-06-25

Story
ニュージーランドの先住民マオリ族の少女が、滅びゆく民族の伝統に縛られながらも、不思議な運命に立ち向かっていく感動ドラマ。マオリ族の長男・ポランギは、双子の男女を授かるが、喜びも束の間、母親と男の子は産後すぐに命を落としてしまう。 (詳細はこちら

思ったより、というか全くひねりはなかったけど、美しい海と、
鯨たちを見ると癒されます。

最近のサンマじゃないけど、最近、陸に打ち明けられて死んで
しまう生物は多いですよね。

温暖化や、電波の影響とかいろいろ言われてますが。

目の前に鯨がうちあがったら、やっぱり戻してあげようとして
しまうと思う。 でもそれってなんか不思議と言えば不思議。

鯨とかイルカって癒されますからね。
それに南国の海。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★ウォルター少年と、夏の休日 2003
2009-09-05 Sat 22:00
監督:ティム・マッキャンリーズ
出演者:ハーレイ・ジョエル・オスメント、 ロバート・デュヴァル、 マイケル・ケイン、 キーラ・ゼジウィック
収録時間:110分
レンタル開始日:2004-11-17

Story
ハーレイ・ジョエル・オスメントが、ロバート・デュヴァルとマイケル・ケインというふたりのオスカー俳優と共演したヒューマンドラマ。夏休みに片田舎を訪れた心を閉ざした少年。一緒に暮らすことになったふたりの老人は、自らの興味深い過去の話をする…。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

いやあ、すごく泣けた(T-T
嗚咽に近く…。

ビックフィッシュじゃ全然だったのに…。
まあビックフィシュは大人になってから夢物語を信じたって話
だから別物かな。

ウォルター少年みたいに子供が夢物語に直面してっていうのはよく
ある展開ですもんね。

母親とのやりとりはどうなるんだろっていうのが気になっていたん
だけど、親にはっきりと意見を言って、自分が成長するだけでなく
母親の成長を促すというのは巧い話だなあと思った。

で話的な心配から解放されたので、堤防が決壊したかのように涙が
止まらなくなってしまって。

話にひっかからなきゃ、結構映画ってなんでも号泣出来るものなの
かもと思ってみたり(^^;

あのおじいさんたちがかっこいいし、その次第に大きくなる優しさ
もすごく伝わってくるし、ライオンも可愛いし、そのライオンが
自己犠牲でなくなるのも悲しいし。

最後、夢の証として首長の息子が来て、池にクルーザーがあって
泣き笑い。

しかし、ライオンにしてもブタにしても犬にしても巧く動くもの
ですね。慣れてるのかな(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆ナイン・ソウルズ 2003
2009-09-04 Fri 22:00
監督:豊田利晃
出演者:原田芳雄、 松田龍平、 千原浩史、 板尾創路、 井上順
収録時間:120分
レンタル開始日:2004-01-21

Story
原田芳雄や松田龍平、千原浩史など個性的なキャストで贈るドラマ作品。大金が隠されている富士山の麓の小学校を目指し、親殺しの青年・未散ら9人の男たちは刑務所から脱走する。しかし、彼らは次第にそれぞれが抱える想いに従って旅を続けていく。 (詳細はこちら

「青い春」「空中庭園」の豊田利晃

う~ん、最近しっかりした作品を見てるからかすごく薄っぺらに
見えた(^^;

シュールにしようとするのは分かるけど、なんかすべってる。

話もあまりに予想通りでびっくりするのもなかったし。

けど、そうそうたる出演者をそろえるのはすごいですね。
ストリッパーバリの伊東美咲にはほんとびっくりしました。
いやいやほんとお見事な体で、いいもの見せて頂きました(´◇`)

しかし、羊姦を邦画で見れるとは思わなかった・・・。
逆にそういう奇をてらうとこも嫌な感じですが┐(´ー`)┌
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆シャイン 1995
2009-09-03 Thu 22:00
監督:スコット・ヒックス
出演者:ジェフリー・ラッシュ、 ノア・テイラー、 アレックス・ラファロウィッツ、 アーミン・ミューラー=スタール、 リン・レッドグレーヴ、 ジョン・ギールグッド、 グーギー・ウィザース
収録時間:105分
レンタル開始日:1998-02-25

Story
人生が輝く瞬間、それはいつも思いがけないときにやってくる。1996年度アカデミー主演男優賞受賞、1996年度オーストラリア・アカデミー9部門独占他、主要映画賞を独占!少年時代から天才ピアニストぶりを発揮していたデヴィッド。やがて父のもとを離れ、ロンドン王立音楽学校でパークス教授に師事する。日夜練習に励むデヴィッド。コンクールで彼の選んだ曲はラフマニノフのピアノ協奏曲3番。演奏直後、彼は舞台の上で倒れ、病院に運ばれる。そこから彼の苦難と試練の日々が始まる。 (詳細はこちら

期待してたよりは感動して泣けはしなかったけど、ピアノは爽快
だし、いい作品だと思います。

後半の病んでしまってからもしっかり時間を取っていたのは好感度
が高いです。

ラフマがひとつの山場だから、ハリウッド映画だとここを7,8分
目に設定して作ってきそうだけど、五分目位に抑えたことが。

まあそれでも後半は結構テンポ速かったですけどね。


お父さんはひどいとは確かに思うけど、彼が背負ってきたことを
考えるとなにか、分かるものがあり、責める気にもなりませんで
した。

あの時代にユダヤ人の家族を守ってきたというは相当きついと思う
から。

急に自分のそばにいないと守れないという思いもあったんじゃない
かな(・、・)

ラフマは良かったですね。 あの無音状態になるのはすごく迫力が
あった。ラフマでぶっ倒れた話は本当なのかな(・、・)

父親の期待に応えた時にって皮肉なものですよね。


でも後半、そんな彼が再起して、賞賛される喜びを知るのは
良かったです。また、障害の演技が素晴らしすぎる。

そしてなかなかああいう人のSEXシーンてお目にかかれないけど、
あのシーンが一番泣けましたね。 優しい人に出会えて、子供を
作るチャンスを与えてもらってよかったね(ノ_・、)と。

あとピアノの修行は昔懐かしい修行モノみたいでなかなか面白
かった。ジャッキーが鍛えてるみたいな。

のだめはラフマがあったしこの映画の影響は大きいのかな(・、・)

そういえばジェフリー・ラッシュは本当に弾いてるとか?
すごっ(=。=
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 1993
2009-09-02 Wed 22:00
監督:ヘンリー・セリック
出演者:クリス・サランドン、 グレン・シャディックス、 ポール・ルーベンス、 キャサリン・オハラ、 ダニー・エルフマン、 ケン・ペイジ、 エド・アイヴォリー
収録時間:77分
レンタル開始日:2000-12-20

Story
去年も今年も来年も、毎年同じことの繰り返しに、ジャックはほとほと嫌気がさしていた。たった一人の親友、幽霊犬ゼロをつれて森をさまようジャックは、不思議な力に引き寄せられて“クリスマスタウン”へ。真っ白な雪とピカピカ光るライト、楽しそうな音楽と笑い声、はじめてみるクリスマスの光景に魅せられて“ハロウィンタウン”に戻ったジャックは自分でクリスマスを作り出そうと決心する。彼の指揮で進められるハロウィン風クリスマスの準備…住民たちは一風変わったプレゼント作りに大忙しだ。密かにジャックを愛するつぎはぎ人形のサリーはサンタの衣装の製作を頼まれる。不吉な予感を感じるサリーだが、張り切るジャックを止めることはできなかった。ついにクリスマスイブがやってきた。ジャックを乗せたプレゼントを積んだソリは、カボチャの鼻を光らせたゼロを先頭に骸骨トナカイに引かれて空高く舞い上がる。はたしてジャックの夢見たハロウィン風クリスマスは成功するのか? (詳細はこちら

思ったより昔の作品なんですね。
けど、デザインとか出来は素晴らしい。

しっかり、カワカッコイイ、ジャックはよく出来てることで。

ただ、シンプルに泣けた、コープスブライドの方が良かったです。

ナイトメアーは登場者も多いし、動機とかわかりづらいところが
あった。ツギハギ人形のサリーがなぜ止めようとしたかとか。

幽霊犬のゼロも可愛いけど、コープスブライドのワンちゃんの方が
少しだけ可愛かったです(^-^
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆八月のクリスマス 1998
2009-09-01 Tue 22:00
監督:ホ・ジノ
出演者:ハン・ソッキュ、 シム・ウナ、 イ・ハンウィ、 オ・ジヘ
収録時間:99分
レンタル開始日:2005-05-25

Story
『カル』のハン・ソッキュとシム・ウナのコンビが贈る珠玉のラブストーリー。写真店を経営する青年・ジョンウォンは、写真の現像がきっかけで若い女性・タリムと出会い恋に落ちる。しかし、その時ジョンウォンの体は難病に冒されており…。 (詳細はこちら

ホ・ジノ監督作品は「四月の雪」で経験済みだったので、極端な
拒絶反応はないんですが…。


ホ・ジノ監督作品は一種のジャンルですよねもう。
だめな人は全然ダメだと思う。


タリムからジョンウォンへの手紙の内容。
そして、タリムがジョンウォンの死を知ったのか?

ガラスを割るという行動から少なくとも、タリムはまた
ジョンウォンと会うことを希望していたということが分かるから。

それに、写真を見ての微笑むのはいずれにせよ、タリムが
ジョンウォンへの思いになにか区切りをつけ、卒業したことを指す
と思う。

以上から会いたいという趣旨の手紙を出して、返事が無い、かつ、
写真を飾るということは、気持ちには応えられないが、
ジョンウォンがタリムを大事に思っていますよという意思表示な
わけで。


映画中ではジョンウォンは病院に行ったり、薬飲んだり、人生の
残りの日数を気にして、時には怒りで思いを吐き出したりはするん
ですが、どれくらいでなくなるのかの描写がないんです。

だから映画中のジョンウォンの余命がどれだけなのかが分からず、
加えて必死に事実と向き合って平静に努めている演技なので、
緊迫感が伝わってこないんですよね。


ビデオの使用方法の書きとめ辺りからやっと、もう余命が少ないの
かなと気付き始めるくらい。

この映画の感想を見ると二度目で泣けたとか、ストーリーを知って
から見ないと面白くないという意見も多いです。


ハン・ソッキュはちょうどスカーレットレターで見たばかり。
「シュリ」「カル」と人気俳優で。 なんかいい人オーラで別人
です(^^;

シム・ウナも大人気女優ですが、若いのに引退してしまったそうで、
伝説の女優なんて言う人もいるとか。
魅力はあるけどあまりタイプではないです。
古風な顔ですよね。


ひとつ気になったけど、お婆ちゃんの写真撮影シーン。
ここだけで泣いてしまう人もいるらしいですが、個人的には眼鏡
は外さない方がいいと思う。 家族からすれば遺影はいつもの
お婆ちゃんであってほしい筈だから。
別窓 | 映画 | コメント:0
| ムービースタリオン |