映画やドラマの感想です
★★☆☆☆ワイルド・スピード 2001
2010-01-31 Sun 22:00
監督:ロブ・コーエン
出演者:ポール・ウォーカー、 ヴィン・ディーゼル、 ミシェル・ロドリゲス、 ジョーダナ・ブリュースター
収録時間:107分
レンタル開始日:2002-04-26

Story
謎の暴走族による強盗事件が続発。若き警官・ブライアンが囮捜査を敢行、違法公道レースの世界に潜入し一味を追う。極限までチューンアップされたスポーツカーのハイスピードバトルをCGを駆使してエキサイティングに描いたサスペンスアクション。 (詳細はこちら

トルクが面白かったので、車版(・、・)

やっぱりトルクに比べると大分迫力が落ちますね('~`;)

時間も20分近く長いけど、まんまつまらない部分が増えた感じ
です。

こんな映画に二転三転もいらなきゃベッドシーンもいらないんです
よね(´~`)

大体、トラックを走ったまんまのっとるみたいなシーン。
全然必然性を感じない(^^;

あんな危険なことするなら、普通に強盗でもした方がいいんじゃ
ないか?


バトルシーンも終盤のより序盤の方が迫力がずっとあって面白いの
も痛い(^^;

確かに序盤はフルCGで、終盤のは本当に車をすっ飛ばしてるんで
しょうけど、CGだろうが迫力は上でした。


あと・・・日本とアメリカの文化の差なんだろうけど、主人公の車
が一番性能がいいんですよね(^^;

やっぱり勝てなそうな車が勝ったほうが面白いじゃないですか(・、・)

終盤のなんて、いくらパワーアップしてても、あんな古い車に最新
の車が勝ったって嬉しくもなんとも…。

あとバトル形式もゼロ4だとちょっと単調でつまらないですよね。
トルクみたいに峠のシーンもあればいいのに(・、・)


ほとんど日本車なのには驚きました。
なにげにセリカダブルXがあったり( ̄ー ̄)
日本の文化を走り屋をまんま映画にした感じです。
なのに日本ではここまでの映画を作る力(金)がないのが悲しい(^^;

昔、幕張あたりでやっていたゼロ4とまんま同じ雰囲気なので
懐かしい気持ちで見れました。

パトカーは道ふさいじゃうんですけどね(笑)

これ位の迫力で湾岸ミッドナイトやイニシャルD、さかのぼって、
バリ伝、あいつとララバイ、サーキットの狼が見れたらいいなあと
思う。

終盤の車が宙に舞うシーンはサーキットの狼のトヨタ2000GTに
そっくりでしたけどね(笑)

多分日本のこの辺の漫画へのオマージュなんでしょうね( ̄ー ̄)

PS エクリプスにターボはないと思ったけど(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★イレイザーヘッド 1976
2010-01-30 Sat 22:00
監督:デイヴィッド・リンチ
出演者:ジョン・ナンス、 シャーロット・スチュワート、 アレン・ジョセフ、 ジャンヌ・ベイツ
収録時間:89分
レンタル開始日:2002-08-21

Story
『マルホランド・ドライブ』のデイヴィッド・リンチ監督の長篇デビュー作がニュープリントスクイーズ版で登場。印刷工のヘンリーは過去に肉体関係を持った、ある女の家に招かれ、彼女が奇形の赤ん坊を産んだことを知る。その後結婚した二人だったが…。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

デヴィッド・リンチの初長編映画。
いやあすんごいですねえ(´~`)

今まで見た映画の中で一番吐き気をもよおしました A^_^;

単純なグロさならいくらでも上を行くのがあるとは思いますが理解
出来ない映像を見つづけさせられると気持ち悪くなってくるという
か。

個人的にはなんでもないものが理解出来ないのが一番怖いと思うん
ですよね。
見た目普通の人がなにをしているか分からない時が怖い。

音もきついですねえ(>_<

けど、それだけを自慢げに押してくるという感じでもなくそこが
巧く。


ツインピークス、マルホランドドライブに通じるものがあって面白
いです。

謎の舞台や謎の人物。 突然痙攣するかのように叫びだす人。
不自然に配置される謎のアイテム。


けど文字通りこの作品て魂を削りあげて作り上げた感じがします。

ムンクの叫びも実際に絵で見るとそのパワーが半端無いと聞きます
が似たような感じなんだと思います。

だからこの作品に比べるとそれ以降の作品は少しこなれた感じが
します。

不思議ワールドがこの作品は主役だけど、他の作品は主役ではなく
なったくらいの差があるかと。

まあすごい作品です。


話的には、深読みはきりがないんだろうけど、普通に考えれば、
あまりはっきりと自分の意志を伝えられない男があれよあれよと、
子供が出来て。

けど母親は自分に押し付けてどこかに逃げてしまう。
劇中のように帰ってこないんじゃなくて、それこそ奥さんは散歩
する間程度の時間をその男に託しただけかもしれないけど、男的に
はなにか釈然とできずに。そんな男の描き出した妄想なのかな?

本当はもっといい女が良かった、こんな子育てで冴えない生活なら
ば。という誰でもふと脳裏をよぎりそうな思い。

射精シーンで始り、こぶ女が踏みつけるのは精子?
子供さえいなければという思いがあのこぶ女。

頭が消しゴムとなり消しゴムの粉を撒き散らすのは、忘れてしまい
たい、消してしまいたい記憶があるってことなのかな?

なんでもリンチ自体21で子供が出来たの?


私の頭の中の消しゴムって映画から考えると面白いですよね。
片や消しゴムになってくれと思う男。

首が…のシーンでは昔のバカボンのエンディングの絵を思い出し
ました。首がころんてやつ(笑)

あとローズマリーの赤ちゃんを思い出したかな。
まあ子供が奇形児だったらって話はたくさんありますが(・、・)

あとなにかテーマが2001年宇宙の旅にかぶりますね。


リンチ作品を見て心の準備がある人以外にはなんじゃこれ?な作品
です(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆ボニーとクライド/俺たちに明日はない 1967
2010-01-29 Fri 22:00
監督:アーサー・ベン
出演者:ウォーレン・ベイティ、 フェイ・ダナウェイ、 ジーン・ハックマン
収録時間:112分
レンタル開始日:2000-04-21

Story
大恐慌の30年代。テキサス州ダラスを中心に思いつくままに銀行強盗を繰り返し、派手に暴れ回ったポニーとクライド。人に危害を加えるのではなく、アウトローに生きようとする2人に、やがて凶悪犯のレッテルがはられていく。ボニーとクライドの壮絶な青春を描いたニューシネマの先駆的傑作!87発の銃弾を浴びて絶命する2人の壮絶なラストシーンは強烈な印象を与え、製作・主演のウォーレン・ベイティと、フェイ・ダナウェイを一躍スターダムに押し上げた。アカデミー賞では9部門にノミネートされ、助演女優賞(エステル・パーソンズ)と、カラー撮影賞を受賞。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意※※※

いやあすんごいラストですねえ(´~`)
噂の死のダンス。
あまりに突然で唖然としてしまいました(^^;

直前のボニーのクライドへの微笑が胸に突き刺さりますね。
直後に起こることを予見できたのかな?
けど幸せ絶頂だったんだなと思うとすごく切ない。

話的には若者が調子に乗りまくるといつか鉄槌が下るって感じです
が、じゃあ、彼らは悪かったの?

彼らだけが悪かったの?と考える余韻を残す作りで。


ボニーがすごく魅力的でしたね。 大人の色気もあり無邪気な幼さ
もあり。

あとは、ジーン・ハックマンがあまりオーラがなかったのは意外
でした。

あのお姉さんは足手まといキャラのお手本のようにいらいらさせて
くれて(笑)


クラシックカーでのバトル等個人的には目新しく楽しめたので
★四つ(^-^
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆柳生一族の陰謀 1978
2010-01-28 Thu 22:00
監督:深作欣二
出演者:千葉真一、 萬屋錦之介、 丹波哲郎、 芦田伸介、 成田三樹夫
収録時間:130分
レンタル開始日:2002-04-12

Story
徳川二代将軍秀忠の死後、次期将軍の座をめぐり、幕府内部、柳生一族、浪人、朝廷など様々な人間の策謀が交錯する大型時代劇。本編が時代劇初演出となる深作欣二監督は、跡目争いを骨子にすえ、『仁義なき戦い』と同様、群集抗争劇として描いている。 (詳細はこちら

深欣さんの。

昔見たとは思うんですが、ふと(笑)

出演者の若さにびっくりですね。

大原麗子がまだ娘って感じだったもんな(^^;

真田なんてジャニーズJr?って感じ(笑)

丹波さんが一番油がのっている時期って位若々しかった(・、・)


あと萬屋錦之介の存在感がすごいっすよね。
声がすごい通るんだよな(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★告発 1995
2010-01-27 Wed 22:00
監督:マーク・ロッコ
出演者:クリスチャン・スレーター、 ケビン・ベーコン、 ゲイリー・オールドマン、 エンベス・デイビッツ
収録時間:123分
レンタル開始日:2001-01-25

Story
若き弁護士が、刑務所の実態を暴く社会派ドラマ。クリスチャン・スレーター、ケビン・ベーコンが共演。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意※※※

人生観を変える、今まで見た映画の中でも有数の作品でした。
その重さで、押しつぶれてしまいそうです。
人間の怖さで泣きたくなったのは始めてかも(^^;

考えられないくらいの人間の残酷さって戦争だったり、犯罪もの
でも見ることができるけど、こういうもっとも正義がなくては
ならない場所にある人間の残酷さが一番きついですね。


中盤まではやけに暗すぎる映像と話的にしっくりこないことも
あって重い気持ちだけで見ていたんですが、終盤の法廷シーンは
すごすぎます。

刑務所に戻る位なら死んだ方がましだとはき捨てるヘンリーは圧巻
の演技でした。 そして「I won」

ヘンリーは結局・・・なんですが、それがなにより実話として
リアルだったし、もう恐れないとばかりに、恐怖に打ち勝った
ヘンリーが再び過酷な苦しみを背負う半面で人間として誇りを胸に
刑務所に入っていく姿は感動できました。

これが、満面の笑みで出所なんて終わり方だったらただの娯楽作で
終わってしまったと思う。

皮肉にもほぼ同時期にあったショーシャンクはこれに比べると娯楽
作という感想をいくつか見かけましたが、僕も同意見です。

アメリカの暗部を描きすぎてしまったからと噂されるオスカーから
の無視は、これまたノミネートされたショーシャンクと対照的(^^;


キャストではゲイリー・オールドマンもさすがですが、ケヴィン・
ベーコンにつきますね。

口も利かない時から、エッチシーン、法廷のシーンと演技幅あり
すぎ、巧すぎです(^^;

エッチシーンでは娼婦役がケヴィンの奥さんだったようで、それは
演技にいい効果があったんじゃないかと思います。


三年間も真っ暗な独房の中…。 普通に頭おかしくなりますよね。
たまらない・・・(>_<


おまけ

しっくりこないのは、5ドルの窃盗で本来は何年服役しなきゃいけ
ないんだろうかということ。 兄さんの財布から盗めるくらい
だから、当時に換算してもたいした金額ではないんですよね。

たいした金額でないからこそ俺たちにどれだけ違いがあるんだ?
というヘンリーの言葉が重いわけで。

けど、ならばたいした服役期間じゃなかったんじゃないかなと
思って。

となると、脱獄を犯すことがしっくりこないんですよね。
ひょっとして、脱獄未遂は冤罪なんですか?

で免罪でないならヘンリーの独房入りはあくまで脱獄未遂に対して
の罰であって5ドル窃盗に対してのモノではない。

なのに、いつのまにか、たった5ドルの窃盗でと話がすりかえられ
ているような気がしました。

あたかも殺人者だから投獄したと話をすり替えようとした刑務所側
と本質的には変わらないような。

まあきっかけは確かに5ドルなんですが。

あと精神的にどうだから無罪とか刑が軽くなるということにも日頃
からすっきりしないものがあるんですよね。

何人も惨殺したような犯人が、最初は普通に罪を認めていたのに
途中から一転して、精神的問題を理由に否認して無罪になったり
するのはちょっと首を傾げてしまう。

やっぱり被害者の気持ちを考えると日頃普通にしている人間が、
犯行当時は精神的に問題があったって言われても納得できないと
思うから。

例えば、あの被害者が刑務所所員の家族の小さな子供だったら心象
はまるっきり変わってしまいそうですから。

まあ、難しい問題ですが。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★スケアクロウ 1973
2010-01-26 Tue 22:00
監督:ジェリー・シャッツバーグ
出演者:ジーン・ハックマン、 アル・パチーノ、 ドロシー・トリスタン、 アイリーン・ブレナン
収録時間:112分
レンタル開始日:2005-09-22

Story
ジーン・ハックマンとアル・パチーノが共演、男同士の深い友情を描いたアメリカンニューシネマの代表作。ある南カリフォルニアの道路で出会ったライオンとマックス。ふたりはすっかり意気投合をし、共に旅をすることになるが…。 (詳細はこちら

別にはっきりと話にけりがつくってわけでもないんだけど、人生に
重ね合わせるという本来のロードムービーの構成では今まで見た
ロードムービーの中でずば抜けて一番強く感じました。

いやあけど本当にせつなくで、びりびりしびれるぐらいジーンと
してしまい。


話は盛りだくさんじゃないから、その分キャラ立てに時間を使って
るんですよね。

そこに来てジーン・ハックマンとアル・パチーノという名優だから
キャラが生きまくってますよね。

もうそういうキャラが本当に実在しているとしか思えない感じでし
た。

フレンチコネクションの後のジーン・ハックマン。
ゴッドファーザーの後のアル・パチーノ。
まさに油が乗りまくっている二人。

ジーン・ハックマンはフレコネより恰幅がよくなってキャラに
ぴったりだったし、アル・パチーノは若さ溢れるキレキャラで
見せてくれました。

案山子になぞらえた人生は切ないものですよね(・、・)

序盤の風に吹かれてころころ転がっていくくず球?みたいのも人生
を感じてしまいました(・、・)

PS お恥ずかしいですが、ニューシネマの正しい意味を初めて知り
ましたA^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆山猫は眠らない 1992
2010-01-25 Mon 22:00
監督:ルイス・ロッサ
出演者:トム・ベレンジャー、 ビリー・ゼイン、 J・T・ウォルシュ、 アーデン・ヤング
収録時間:100分
レンタル開始日:2003-02-25

Story
動乱の南米パナマを舞台に、海兵隊に所属するスナイパーの孤独な任務遂行を描いたミリタリーサスペンス。トム・ベレンジャーとビリー・ゼインの、緊張感と野生味溢れる若きスナイパーの好演ぶりや、ジャングルの景観など美しい映像が見所。 (詳細はこちら

原題 スナイパー。 なるほどスナイパーだ(笑)

本当にシンプルにスナイパーの駆け引きを描いた作品です。

某ゲームでライフルの使い勝手みたいのは味わっていたので、それ
を思い出して結構楽しめました。

すごい遠くの敵に対しては強いけど、大勢に襲われたり接近戦に
なるとピストルよりも使い勝手が悪い(^^;

で音とかで、不意でなく注意深く観察されてしまうと、発射点が
大よそばれてしまい、大勢に追いかけられると劣勢になってしまう
怖さ(^^;

一発で倒せないともう殺すのは困難になってしまうので、一発必中
で、という緊迫感も伝わってきました。


トム・ベレンジャーはプラトーンの鬼軍曹のイメージが強いけど、
やっぱり歴戦の兵士という役ではさすがの貫禄。

ビリー・ゼインはタイタニックの時より若くて、北村に似てて面白
かった(^^
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆理由 2004
2010-01-24 Sun 22:00
監督:大林宣彦
出演者:村田雄浩、 寺島咲、 岸部一徳、 大和田伸也
収録時間:160分
レンタル開始日:2005-04-28

Story
宮部みゆきの直木賞受賞作品を巨匠・大林宜彦が映像化したサスペンス。荒川区にそびえ立つ超高層マンションで起こった4人の男女の惨殺事件の謎を解き明かしていく。岸部一徳、柄本明他、107名の“大林ファミリー”が総出演。 (詳細はこちら

んにゃ~頭に入ってこない~(>_<

市民ケーン式。 それをとにかく人数を増やして、細かく切った
ような。

作品を通して出ずっぱりの主役がいるわけでもなく、かなり特殊な
作りになっています。

で全体的に暗いから、誰が誰だったっけ?というのもあるし、特別
ひきつけるられる人じゃないシーンだと途端に集中力が途切れて…
('~`;)

集中力途切れずに見れればいい作品のような気もするんですが。

あとプロフィールなんかがしっかりあれば入り込みやすいかなあ
(・、・)

またいつか再チャレンジしてみたいと思います。

多部がなかなかの存在感がありました。
大山さんも久しぶりに見たな(^-^
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★ユナイテッド93 2006
2010-01-23 Sat 22:00
監督:ポール・グリーングラス
出演者:コリー・ジョンソン、 タラ・ヒューゴ、 シェエン・ジャクソン、 ジョン・ロスマン
収録時間:111分
レンタル開始日:2006-11-29

Story
9.11アメリカ同時多発テロ事件において、唯一目標に到達せずに墜落したユナイテッド93便に焦点を当てた衝撃のドラマ。ポール・グリーングラス監督が、綿密な取材に基づき機内の様子を再現する。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

ニュースである程度はイメージできているつもりでも、実際こう
して見ると改めて知ることも多いなと思わされた作品。

終盤は正に息を呑んで見てしまいました。
映画を映画として楽しむのではなく体験する作品だと思います。

見る前はプロパガンダにまみれた作品ではないか?という懸念が
あったのですが、想像したものとはまるで違うものでした。

それは、終盤の挿入曲がそれほど仰々しいものではないことが端的
に表していると思います。

死を覚悟して家族への最後の「I love you」を告げるシーンと
相まってがんがんお涙頂戴でくるのかと思いきやそれもありません
でした。


また犯人も憎しみを助長するような、屈強な感じの典型的なアラブ
人ではなくひ弱さそうで、終始怯えていて、むしろ同情してしまい
たくなるような犯人というのも大きかったと思います。


生存者のいない、この飛行機。 よって飛行機内のやりとりは
大部分がフィクションなんですが、機内電話がいくつか使えて、
低空になった時には携帯電話も使えるようになったので、大勢の人
が地上と通話しているのである程度は事実ではないのかなと個人的
には思っています。


個人的には犯人はあんなにひ弱さそうではなかったんじゃないかな
と思います。

もうちょっと死を覚悟したのであれば、怯えた野良犬のように、
同じ怯えるでも凶暴な感じになっていたんじゃないかなと。


あと、最後の突入したあと、操縦席に座る犯人なんて、後頭部を
思い切りひっぱたいて速効で引き離す気もするのに、それをせずに
犯人と一緒にあたふたして、ついに…というシーンは嘘臭いと
思いました。

実際にはコックピットには突入できていなかったそうなので、
気になるシーンは正にフィクションということに。

あと、実際には米軍機によって撃墜されたという説も根強いとか。


エンドロールでは米軍の対応の悪さを。

4~50も時間があって、墜落して少しするまで攻撃命令の決定権の
ある人間まで連絡が到達しなかったという事実にびっくりします。

アメリカでこれじゃ日本でこんなことがあっても政府は絶対対応
出来そうないですね(^^;

最善を尽くしたが力が及ばず遺憾ですと無責任に謝罪する政府の
対応が今から目に見えるようです(^^;

へたに攻撃決定を下して、なにかミスがあって叩かれるよりは、
連絡がつかなかったと謝罪する方がダメージは少ないでしょうから
わざと連絡がつかなかったことにするものなのかもしれませんが。

それにしても管制塔の飛行中の飛行機の管理も怖くなるくらい
アナログで怖くなりました。

いずれにしても犯人を憎むというよりは政府批判がこの映画の根幹
にあるように感じます。


DVDにはこの事故でなくなった人の名簿とプロフィールが。
日本人の方も一人いらっしゃいました。

見てよかったと思いました。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★裏窓 1954
2010-01-22 Fri 22:00
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演者:ジェームス・スチュアート、 グレース・ケリー、 ウェンデル・コーリー、 レイモンド・バー
収録時間:114分
レンタル開始日:2002-06-28

Story
スリラーの名手コーネル・ウールリッチの短編を、ヒッチコックが映画化した傑作。ニューヨーク、グリニッチ・ビレッジのアパート。車椅子の報道カメラマン・ジェフは、退屈しのぎに望遠レンズで覗き見をしたことから殺人事件に巻き込まれていく。 (詳細はこちら

殺人事件が絡んでいるとは思えないほど、軽いタッチの娯楽
サスペンス(^^;

家政婦が見たなんかもこれと基本は同じなんですよね。

実際の殺人現場や、決定的なシーンを見せないことによって、最後
の最後まで犯人なのかわからないところが面白いなと思います。


あとセリフがすごく生きてるんですよね。
やっぱり平凡な映画って、キャラが平凡。
こんなキャラならこんな感じに話すよねって意外性がないんです
よね。

けどこの映画のキャラ達の話ってシャレてるし、いちいち珍しい
価値観の話だから、レストランなんかで思わず聞き耳立てたくなる
くらい魅力的でした。

そんな魅力的なキャラと相まって、グレイス・ケリーの美しく
可愛いこと(=_=*

てかなんであんなおっさんがあんな素敵な女性をメロメロにしてる
んだい?!

なんでもこの作品のグレイス・ケリーが一番、魅力的だという声も
多いようで。


リザが無謀にも部屋に入ってしまうシーンはドッキドキだし、その
後の誰も味方がいないときに犯人に迫られるシーンもドッキドキ。

残虐なシーンや怖さを煽る耳うるさい効果音がなくてもここまで
怖さを演出できるものかと感心してしまいました。


覗き行為自体は今みたいに望遠レンズや高感度フィルム、赤外線
カメラとない時代ですし、覗き犯罪がさほど騒がれていない時代。

あと、真中が中庭だということで、警戒心が緩むのかなというのが
あってあまり違和感は感じませんでした。

逆に、見つけられないようにと電気を消すことで、普段の
サスペンスやホラーだと感じる、電気つけろや!というのもなくて
よかったです。


ワンちゃんを一階で遊ばせてあげるために籠にのせてするするする
と一階に下ろしたり、四階位に引き上げるシーンは微笑ましい
シーンでした。ワンちゃんは可哀相なことになりましたが…。


最後もクスってしてしまう終わり方でいい感じ(^-^
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆アイデンティティー コレクターズ・エディション監督:ジェームズ・マンゴールド出演者:ジョン・キューザック、 レイ・リオッタ、 レベッカ・デ・モーネイ、 アマンダ・ピート収録時間:90分レンタル開始日:2004-02-06Story『アドルフの画集』のジョン・キューザック主演によるサイコスリラー。記録的な豪雨のために行き場を失った男女11人が一軒のモーテルに集まる。やがて、事故か殺人か彼らは1人ずつ謎の死を遂げていき…。 (詳細はこちら) 2003
2010-01-21 Thu 22:00
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演者:ジョン・キューザック、 レイ・リオッタ、 レベッカ・デ・モーネイ、 アマンダ・ピート
収録時間:90分
レンタル開始日:2004-02-06

Story
『アドルフの画集』のジョン・キューザック主演によるサイコスリラー。記録的な豪雨のために行き場を失った男女11人が一軒のモーテルに集まる。やがて、事故か殺人か彼らは1人ずつ謎の死を遂げていき…。 (詳細はこちら

●●●ネタバレ要注意!●●●

う~~~ん(=_=

基本的な話の流れは面白いんですが・・・

あのオチなんだったら、もうちょっと謎解き要素をしっかりちり
ばめて、普通のミステリーっぽくミスリードした方がよくなかった
だろうか。

死んだ人が出てからその順番らしき鍵が出てきてぞぞぞっじゃなく
て、その順番もひねった規則性があって、先回りして反撃を試みる
とか。

それに誕生日やら、名前やらもちょっと早くからあっさり出すぎて
しまってインパクトが薄かったような気がします。

途中から超常現象や幽霊オチを匂わせてもあっさりしているので
それもないんだなとばればれ。 その辺ももう少しミスリード
誘った方が良かったような。


で一番痛いのは、結局、この映画の映像はこの犯人がすでに罪を
問われている話とは別物なんですよね。 そこがしっくりきません
でした。

前の事件の時、どうだかも分からないし、問題にもならず処分が
下ることはなにか不自然だと思う。

で映画としては致命的な突込みだけど、あの映像を罪を裁く人たち
が見ているわけではないのに、どうしてあんな処分をあっさり下す
のか?ということ。

そういう意味でも前回の事件との関係から判断したという作りに
すればよかったのでは?と思いました。

まあ多重人格の人格同士で殺し会いがあって、凶悪な人格が死んだ
と思いきや…という話は珍しいものでもなく。

思えば箪笥と似てますね。 箪笥はこの展開で実在の人物つっこむ
んだからやっぱり強引だよな(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ラスト・プレゼント 2001
2010-01-20 Wed 22:00
監督:オ・ギファン
出演者:イ・ヨンエ、 イ・ジョンジェ、 クォン・ヘヒョ、 イ・ムヒョン
収録時間:112分
レンタル開始日:2005-05-25

Story
『春の日は過ぎゆく』のイ・ヨンエと『オーバー・ザ・レインボー』のイ・ジョンジェが共演する傑作ラブストーリー。妻のジョンヨンと暮らす売れないコメディアン・ヨンギは、ようやくチャンスを貰ったがその直後彼に不幸が訪れようとしていた。 (詳細はこちら

う~んもったいない('~`;)

終盤まではすごく良くて泣く気満々だったんだけど、最後やりすぎ
でしょ(笑)

オペラ?でBGMが荘厳すぎ、うるさ過ぎ(^^;
大太鼓でどこどこどこどこ…なんてやられたら気になって涙も
出ません(笑)

あとそのシーンは時間的にも長いし、盛り上げ過ぎでしょ(^^;


日本でドラマにリメイクされた作品で、元ドラマは見てないつもり
でいたんですが、すごく既視感があったから見ていたのかも
しれないです。

韓国ものにしては奇をてらう作りではなくて、じっくり見せる作り
になっているのは好感が持てました。

今まで見た韓国作品で一番オーソドックスな作りかも(・、・)

イ・ヨンエは可愛い過ぎですね(^^;
また、お母さんの墓前のシーンなど、演技でもなかなか見せて
くれます。

あと、詐欺師コンビがいい味出してました。
クォン・ヘヒョはどこかで見たなと思ったら冬ソナの人でしたね。
なかなか味のあるいい俳優さんだと思います。


PS 以前に韓国のお笑い事情で見て思いましたが、アメリカの
ような大味な笑いですよね、韓国(^^;

日本のお笑いは世界に誇れると個人的には思ってます( ̄ー ̄)
(実際人気は高いそうですが)
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆MUSA 武士 2001
2010-01-19 Tue 22:00
監督:キム・ソンス
出演者:チャン・ツィイー、 チョン・ウソン、 チュ・ジンモ、 アン・ソンギ
収録時間:133分
レンタル開始日:2004-08-06

Story
『グリーン・デスティニー』で世界的に成功を収めたチャン・ツィイーを始め、韓国・中国のトップスターが集結した歴史大作。故郷を目指して砂漠を横断していた高麗の使節団が、明の姫を偶然助けたことから、過酷な闘いへと巻き込まれていく。 (詳細はこちら

「消しゴム」のチョン・ウソンは韓国一かっこいいと思う男優だし
チャン・ツィイーも好きなんですが…。

戦闘シーンの迫力はすごいです。 撮り方も文句なし。
けど逆にむしろ迫力ありすぎてなんか…。
スプラッターものといってもいい位で、少し気持ち悪さもあった。

顔、首に矢や槍なんかが突き刺さったのなんて何度あったことか。
お馬さんもばっこんばっこん転んでるし('~`;)

あと、ご丁寧にも庶民があそこまで惨殺されていくのを見ても楽し
めません(^^;


でそれはそれで目新しいから評価してもいいんですが、シナリオが
どうしようもなくつまらなすぎますね。
タイトルの「武士」が象徴のように、まさに抽象的な話。

なんせ使節団が消えたという事実しかないのに作り上げた完全な
フィクションなんだけど、そこまでフィクションだったらもっと
ドラマチックに面白い話が組み込めないものかと…(^^;


迫力あるグロな残虐シーンが見たければそれは満たされるけど、
あとはつまらない。 そんな作品だと思います。

あと迫力にこだわったせいか、人が少なくてスケールが小さく
感じたのも難点でした。

まあ力の入った作品の話がつまらなくなるのは、日本映画と一緒か
( ̄ー ̄)

PS エンドロールでスタッフも馬も怪我していませんと出たのは
面白かった。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆血と骨 2004
2010-01-18 Mon 22:00
監督:崔洋一
出演者:ビートたけし、 鈴木京香、 オダギリジョー、 田畑智子
収録時間:144分
レンタル開始日:2005-04-06

Story
「月はどっちに出ている」の著者・梁石日が父をモデルに書いたベストセラー小説を、崔洋一監督がビートたけしを主演に映画化した人間ドラマ。“怪物”と呼ばれた朝鮮人移民の男・金俊平の壮絶な生き様と家族の姿を描く。共演は鈴木京香、オダギリジョー。 (詳細はこちら

いやいやすごいすごい(^^;

鈴木京香、濱田マリ、そして中村優子とタケシやりまくり(^^;

鈴木京香のあそこまで激しいやられシーンにも驚いたけど、
濱田マリの美乳にもびっくりしたな。

そして中村優子は凄まじい役で(^^;
彼女もうちょっと売れてる人だったら文句なし助女受賞しまくって
そうな熱演でした。 寺島しのぶがかすんでしまうくらいの(笑)


感想ちらっと見たら、結構、酷評が多くてびっくりしました。
中にはあんな人間いるわけないなんてのも。

けど個人的には、今なお、ああいう人はいると思うし、目にして
います。

学歴が大事な世界や、サラリーマン社長は除きますが、一代でと
いうような社長。

ちょっとした店のオーナーは本質的には似たようなものがあると
思うんですよ。

なぜって彼らは下の人間に舐められたら終わる世界にずっといる
わけで、舐められないように目を光らせ、力で押さえつけることに
必死になっているのが日々当たり前なわけです。

人間には使う人間と使われる人間がいるなんていうけど本当に
そう。
この違う世界にいる人の考えは全く違うものだと思うわけです。

もう舐められてしまってはあっというの間に都合よく使われる人間
に成り下がってしまうわけですから。

でこういう人ってサル山のボスザルに近いと思うんですよね。
不思議とこういう人って女が複数いて、子供もそれぞれに産ませ
ちゃう(^^;

だから、タケシ演じる俊平は僕には比較的理解できる人間でした。


作品自体はある視点から見れば誰からも疎まれ恨まれた悲しい俊平
の人生を淡々とつづる作品になっているので、すっきりするもの
などない作りになっています。

けどそれが狙い通りなんだと思います。 これで誰かがそれに
よって成長したなんて描写をしっかりしてしまうと俊平が浄化
されてしまいますので。


役者としてのタケシっていつも無理やりタケシに感じるので微妙
なんですが、これは芸能界に幅を利かす、傍若無人に近いタケシ
だからこそ、成し得た役じゃないかなと思います。

例えばこれが浜ちゃんじゃ駄目なんですよね。
強面だけどパーソナリティは優しい俳優では難しかったんじゃなか
ろうか、と思うわけです。

あとも大体良かったです。
新井、田畑、北村、伊藤あたりは良かったと思います。

オダジョーはちょっと小奇麗過ぎて世界観から浮いていたような気
がします。

鈴木京香は始めのやられるシーンは良かったけど、それ以外は
ちょっと気が抜けてしまったように感じました。


あ、あと、個人的にはウジの湧いた肉もありかな? 勿論食べれる
とは思わないけど当時はありだったんなら、ありなんだと思う。
ウジが湧くのは美味しい証拠ってね(^^;

それよりブタの解体シーンの方がグロかったかな(>_<
あれ本物ですよね…(^^;

当時はあれも見ている人にとってはよだれものの光景だったんで
しょうけどね( ̄ー ̄;)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆トルク 2004
2010-01-17 Sun 22:00
監督:ジェセフ・カーン
出演者:マーティン・ヘンダーソン、 アイス・キューブ、 ジェイ・ヘルナンデス、 ウィル・ユン・リー
収録時間:84分
レンタル開始日:2005-02-25

Story
エミネムのPVを始めとする数多くのミュージッククリップを手掛けてきた映像監督、ジェセフ・カーンによるスピードアクション。罠にはめられたバイカー・フォードの、無実を証明するための戦いをスタイリッシュに描く。 (詳細はこちら

爽快なバイクアクションが見れればいい、その期待にはばっちり
応えてくれたので文句なしです(^-^

欲を言えば、もうちょっとバイクを舐めるように映してくれると
嬉しかったかも(^¬^

最後は完全にCG映像と化してましたが、馬鹿らしい爽快さなので
つっこむ気ゼロでした(^_-☆
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆運命じゃない人 2004
2010-01-16 Sat 22:00
監督:内田けんじ
出演者:中村靖日、 霧島れいか、 山中聡、 山下規介、 板谷由夏
収録時間:98分
レンタル開始日:2006-01-27

Story
2005年カンヌ国際映画祭批評家週間で4賞を受賞し話題を集めた、新鋭・内田けんじ監督による異色コメディ。どこにでもいる平凡なサラリーマンが体験する一夜の物語が、彼を取り巻く複数の人物の視点からパラレルに描かれ意外な真実を導き出す。 (詳細はこちら

※ネタバレになるかも

PFFアワード2002で入選の長編デビュー作。
ブルーリボン賞 2005スタッフ賞 内田けんじ
日本映画プロフェッショナル大賞 2005年 新人監督賞 内田けんじ
同ベスト10 5位
2005年のカンヌ国際映画祭でも評判呼んだという作品。

有頂天ホテルでこういうタイプの話がグランドホテル式と言われて
いることを知りました。

有頂天ホテルのホテルはグランドホテル(1932)へのオマージュ
らしいです。

同じ場所で同じ時間にニアミスした人たちが、それぞれ行動により
他の人へ影響を与えていく話を、視点を変えて映し出していく。

タイムマシンブルースや木更津キャッツアイなんかもその派生です
よね。

複雑に絡み合って時にはこっそりと身を潜めてみたり。


序盤は面白かったんですが、中盤でちょっと間延びを感じました。
でこのまま終わりかなと思いきや、終盤もまた盛り返して。

中盤のやくざの話は時間かけ過ぎじゃないかな。

組長以下の組員が二人ほどキャラが少し立ってしまっていたから。

見終わってみれば、そこは冗長だったと思う。

けど終盤の、すごく純粋だと思っていた女の子が実は…という展開
が監督は女性不信かよ!と思えシュールで良かったです。

さらにラスト。 あの余韻の残し方は巧いなあと思った。
個人的には、こっそりとなにごともなかったかのように振舞って、
うまく行っちゃうのかな?( ̄ー ̄)と思います。
まあここは人によって解釈が分かれるところでしょう( ̄ー ̄)

あと組長さんの秘密に関わるやくざ稼業の苦しさは面白かったかな。

あと最初の奥手の友達への叱咤もすごく生きたセリフだと思った
(^-^

とやられたー!ってほどのもんもないですが、ああ、見てよかった
なと感じられた作品です。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆四日間の奇蹟 2005
2010-01-15 Fri 22:00
監督:佐々部清
出演者:吉岡秀隆、 石田ゆり子、 尾高杏奈、 中越典子、 西田敏行、 松坂慶子
収録時間:118分
レンタル開始日:2005-11-11

Story
朝倉卓弥原作の同名小説を、吉岡秀隆と石田ゆり子の共演により映画化したファンタジックラブストーリー。不慮の事故により夢を絶たれたピアニストの男・如月敬輔と、落雷事故により4日間の命と診断された女性・岩村真理子に起きた愛の奇跡を映す。 (詳細はこちら

期待してなかったというのもあるけど、特別良かったというわけ
でもないけど、まあ、いい雰囲気で心地よい作品でした。

まあ予想通りの展開だし、それでいてゆったりと心地よいBGMと、
癒されるような美しいロケーションのおかげで。


子役の尾高杏奈ちゃんが障害者の役と真理子(石田)に乗り移られる
役というとても難しい役ですが、非常に素晴らしかったです。

下手なアイドル女優と共演したらその人が浮きまくるんじゃないか
と思う位。

けど、この映画は演技がしっかりした人ばかりなので問題なし。

吉岡はどうかなと思ったけど、吉岡くらい極端なキャラだからこそ
あんな性格でも違和感なかったのかもと思う。

石田ゆり子も文句なしですが、思ったより頑張っていたのは中越
かな。

結構無理な設定で泣くシーンがあったけどぎりぎりセーフという
感じでした。

あとは障害を持った車椅子患者の石橋がびしっと映画を〆ていた気
がします。

他にも松坂慶子、西田敏行と層も厚く(^-^


PS 小さい突込みですが、そのまま真理子の意識が残っちゃうとは
思わないもの?(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★ソドムの市 2004
2010-01-14 Thu 22:00
監督:高橋洋
出演者:浦井崇、 小嶺麗奈、 中原翔子、 園部貴一
収録時間:104分
レンタル開始日:2005-04-02

Story
『リング』の脚本家・高橋洋が監督を手掛けた、時空を越えた因縁因果が渦巻く呪いと復讐のホラー活劇。18世紀に殺されたふたりの腰元の怨念が300年後の現代に蘇り、壮絶な地獄絵巻を描いていく。気鋭&新人監督が競作する“ホラー番長”シリーズの1本。 (詳細はこちら

ホラー番長シリーズ。 リングの高橋洋監督。

いやあ、しかし笑った笑った(^^~
もう腹いてえ(笑)

同一の低予算と同じDVカメラということで稀人も同じなんですが、
テーマをしぼって、だいぶ怖い作品に仕上げた稀人とは全く別の
作品。

低予算と開き直って完全なコメディホラーになってます。

それもギャグで笑わせるわけでなく、チープさで笑わせる作品(笑)


ドラマ「のだめカンタービレ」のピアノ線が見える飛行機の不時着
シーンは賛否両論ですが、あれと同じ感じ(笑)

ソドムの市の市が座頭市の市だという時点でもう完全にギャグ
でした(笑)


始まって少しの間はこれがあのリングの高橋作品か。
頭おかしくなっちゃったんじゃないだろうか?と思ったけど、その
チープさがねらい通りなんだと確信してからは多いに笑いました。

まずCG合成がチープでスクリーンに背景を映写してそれで撮ってる
だけなんですよね。 もう気が抜けます。

新幹線爆破シーンなんてあきらかに玩具。 しかも走ってくる
新幹線は最新式なのに爆発シーンの玩具は2~30年前の型(笑)

爆撃機はプラモデルでピアノ線丸出しでふらふらふらふら飛ん
でるし(笑)

家族による虐殺シーンなんかは金がないからか血糊が一切なくて、
子供達がひたすら包丁を上げ下げしてるだけだし(笑)

そう、血糊はラストの乱闘意外は一切なし、逆にラストはひたすら
血の雨が振っているかのような(^^;
腹を横に切ってるのに肩から斜めに血が噴出したしたりといい加減
さ満点(笑)

目に醤油さされて目が見えなくなったのも笑ったし(笑)


「死霊のはらわたⅢ」なんかもあきらかに笑わそうとするホラー
でしたが、これはチープさで笑わすからすごいです。

久しぶりに映画への愛を感じてしまいました(笑)


舞台挨拶では、高橋監督曰く、笑っていいんですか?と聞かれます
が笑ってくださいと(笑) んか笑いの絶えない舞台挨拶だった(笑)

映画学校の講師として、つまらない映画を作った人間は死刑に
したいと高橋監督が言っていたという話も。

みんなで高橋監督を公開処刑しましょうという話も面白く( ̄ー ̄)


最近、目にしてなかった、小嶺麗奈の健在の姿も見れて嬉しかった
です。

舞台挨拶の彼女は本当に綺麗でまだまだ第一線でやれるのにと
思ってしまった。

ちなみに同シリーズの別作品に中村愛美が出ているらしいです。


こんな作品でも、日本映画プロフェッショナル大賞、
2004年 監督賞 高橋洋 同ベスト10、第4位だそうで(笑)
大丈夫かよ日本映画プロフェッショナル大賞(笑)


B級ホラーを愛する人であれば必見、B級ホラーの楽しみ方を
知らない人も必見の作品だと思います(笑)

って(笑)ばっか(笑)

PS 普通の人には★なしの作品だと思います(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★隠し剣 鬼の爪 2004
2010-01-13 Wed 22:00
監督:山田洋次
出演者:永瀬正敏、 松たか子、 吉岡秀隆、 小澤征悦
収録時間:131分
レンタル開始日:2005-04-28

Story
『たそがれ清兵衛』から2年。山田洋次が監督・脚本を務め、藤沢周平原作によるふたつの短編小説を元に男女の悲恋を描いた時代劇。幕末を迎えた江戸時代を舞台に、下級武士である片桐宗蔵と、かつての片桐家の奉公人・きえが恋に揺れ悩む姿を静かに映す。 (詳細はこちら

ラストの永瀬と松のやりとりが清々しかった(^-^

「たそがれ清兵衛」がどうにも苦手だったので恐る恐るでしたが
良かった(^-^

下級武士の切なくやりきれない辛い境遇を描くという意味では
ほとんど似たような設定なんですけど、清々しさでは全然こちら
ですね。

途中の決闘や秘剣のところではちょっとしたヒーローもののような
爽快感も味わえるし。

「たそがれ清兵衛」がただひたすら、重くシリアスな話なら、この
映画は娯楽作という位、違いがあると思います。

「たそがれ清兵衛」のその重々しさ、現代社会での下流
サラリーマンの悲哀に重ね合わせてます的なところが苦手だった
だけにこの方向修正は嬉しいところ。

個人的には「たそがれ清兵衛」の決闘シーンには緊迫感は感じ
なかったし。


ということで、重いたそがれの真田よりはあっけらかんとした
こちらの永瀬の方が好きです。

キャラ設定もちょっとお馬鹿なヒーローのようで、そんなこと
言ったらやばいだろ、けど言ってくれたら気持ちいい、なんて
シーンも多かった。

あと、憂いは巧いたそがれの宮沢よりも、松の方がこてこての
日本人の田舎娘として好感度が高かった。
特に松のキャラは本当に可愛いと思えた。


まあ殺陣はなにかぎこちないところもあるけれど、B級ヒーロー
ものと考えればそれはそれで楽しめたりも。

本当にあんなんで交わせそうには見えないけど、敵の虚を衝くと
いうのは武道では大事なことなのであんな逆転劇は面白かった。


役では高島姉さんが難しい役を〆てくれたなと。 あれがいまいち
な人だと全体的に一気にぐだぐだになっていたような。

あと緒形拳のめずらしい完全ヒールぶりは面白かった。


細かいつっこみですが、師匠との稽古で、片桐が構えた上段は八双
とかじゃなくて示現流の構えだったような・・・。
一刀流でそれはないべな(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆ソドムとゴモラ 1994
2010-01-12 Tue 22:00
監督:ジョセフ・サージェント
出演者:リチャード・ハリス、 バーバラ・ハーシー、 マクシミリアン・シェル、 ゴットフリード・ジョン
収録時間:112分
レンタル開始日:2006-04-07

Story
「ハリー・ポッター」シリーズのリチャード・ハリス主演、『海の上のピアニスト』のエンニオ・モリコーネが音楽を担当した史劇ドラマ。旧約聖書で語られた、神の怒りを買い一晩で滅んだ“ソドムとゴモラの市”の悲劇を迫真の映像と重厚な映像で描く。 (詳細はこちら

おべんきょおべんきょ(^^;

この辺の話はまだまだつながらないなあ(・、・;)

怒った神が人々の言葉を通じないようにしてしまったというのは
出てきました。

自分の子供を生贄に出さなきゃいけない。
自ら神のために子供の命を絶たなければいけない。
そんなことあるんだなあと改めて。
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆たった一度の雪 ~SAPPORO・1972年~ 2007
2010-01-11 Mon 22:00
たった一度の雪~SAPPORO・1972年~ [DVD]たった一度の雪~SAPPORO・1972年~ [DVD]
(2007/06/20)
神田沙也加チェン・ボーリン

商品詳細を見る

神田沙也加と戸田恵子で選手時代とコーチ時代。
チェン・ボーリンが親子二役。

ひょこっと芸能界に返り咲いて一時間半というドラマの主演に返り
咲けるというのはやっぱり二世タレントは恵まれてるなあと思わ
ざるを得ないものも…。


また、顔がまん丸だったなあ(笑)
まあそれはそれで魅力ではあるんでしょうが(笑)

演技力もまあ特に誉められるものでもなく(^^;

けど個人的には最終兵器彼女には見た目だけは近いかなと思って
みたり(^^;


一方のチェン・ボーリンも見た目は文句はないんですが、片言の
日本語が聞き苦しいのがきつかったです。

おそらく台湾語特有のなまり…なのかなあ(・、・;)


話としてはロマンスが全然でドキュメントタッチなんだけど、全く
のフィクションという不思議な作り(^^;

なんとなくいい話にまとめときましたって感じですね(^^;
一時間半という半端な時間もいかにもそんな感じか(^^;

台湾が、日本の植民地化により日本語を義務付けられ、その後は
中国によって中国語を義務付けられたという悲しい歴史があること
を知れたことは意義がありましたが。

台湾でも韓国でも、経済的な基盤とかインフラは日本が残したので
好意的に思っている人も多いと聞いたことがありますが、それが
事実なのかは分かりません(・、・)

PS 空に飛んでいく紙気球?は感慨深いものがあるけど、あんなの
がいたるとこに落っこちるかと思うとすごく自然破壊だよなあと
野暮なことを考えてみたり(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆茶の味 2003
2010-01-10 Sun 22:00
監督:石井克人
出演者:坂野真弥、 佐藤貴広、 浅野忠信、 手塚理美
収録時間:143分
レンタル開始日:2005-02-25

Story
独特の映像世界で知られる『PARTY7』の石井克人監督が、田園風景にアニメやCG映像を織り交ぜて、ある一家の日常をユーモラスに描いたハートフル物語。浅野忠信や注目の子役・坂野真弥など魅力的な役者が多数出演。 (詳細はこちら

ゆるゆるですねえ(´◇`)
日本のまだ自然が多く残る地方での話

白けるまででもないけど、若干クス未満の不思議な話が多々。

ウンコのっけヤクザ幽霊の話やドロ人間の話
我修院の山の歌や三角定規の歌
川辺で変な踊りを踊る人


正直中盤までは退屈だけな映画になりそうかなと思ったけど、
終盤畳み掛けるように心がふわっと温まるような話が。

おじいさんの…から、おじいさんの家族への暖かい目に気付いたり
終盤、逆上がりが…では、自身のそのときの感動が蘇ったり。


あと結婚おめでとうの浅野の中嶋の二人の演技が妙にリアリティが
あったり。


それにあの男の子の恋心がほんとにまだ汚れを知らなくて、好きな
子と囲碁が出来たり、相合傘で帰れただけでもすごく喜しいのが
伝わってきたり。


全体的に綺麗な風景映像が流れるんですが、個人的にはそれも好き
だし、エンディングの曲も穏やかでよかったです。

特に曇りの日に少しだけ雲の間から顔を出す虹は秀逸だと思った。

あと、宇宙に広がるひまわりはあの子が逆上がりが…での感動が
表されていてすごく良かったです。


見て知りましたが土屋アンナの初出演映画だそうで、貴重な
ストレートで清純そうな女子高生役が見れます。
これがやばいくらいに可愛い(^^*;


あと、これ、主演は坂野真弥ちゃんていう「翼の折れた天使たち」
に出ていた女の子が主役なんですね。

それと男の子佐藤君そしてその家族手塚、三浦、我修院、そして
浅野。

あとは本当にちょい役です。あとはせいぜい土屋アンナが次いで
少し出ていたかなという程度。


相武なんて、7秒くらい(笑) 
草なぎなんか気付かなくて、調べて見直して分かる程度
松ケンも加瀬亮もよく見ても分からない(笑)
樹木希林は写真?

下手にしっかり出てこられて、重要な人物なの?と惑わされるのも
困るのでそういう意味ではいいんですが、ファンの人が出演してる
というだけで見たら金返せ状態ですよね(笑)


PS 三角定規、可愛すぎ(=_=*(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆自殺サークル 2002
2010-01-09 Sat 22:00
監督:園子温
出演者:石橋凌、 永瀬正敏、 さとう珠緒、 宝生舞
収録時間:99分
レンタル開始日:2002-07-12

Story
『自転車吐息』の園子温監督、石橋凌、永瀬正敏共演によるミステリーサイコホラー。新宿駅ホームで54人もの女子高生が一斉に投身自殺をした事件をきっかけに、各地で集団自殺が頻発し本格捜査が始まる。ショッキングな描写も交えた衝撃作品。 (詳細はこちら

B級と開き直った作品です(^^;
こういうのはインパクト勝負ですね(^^;

思えば永瀬って思ったより活躍してないですね。
浅野といい勝負するかと思ったけど、あまり目にする機会が無い
ような(・、・)

集団自殺シーンはびっくらしたし、大根と一緒に手切りシーンとか
衝撃的なグロシーンはあるので、その点では合格点です。

けど、話はめちゃくちゃですね(笑)


まあその辺までは下らないB級作品として期待をさほど裏切っても
いないんだけど、いくつか首をかしげる台詞があったのが気になり
ました。え~おかしいぞその台詞ってやつ。

あんな若くてあまり知的でなさそうなガードマンが
「プラットホーム」なんて使うかな?
せいぜい「ホーム」じゃない?

あと、上から飛び降りてきた人とぶつかってしまった歩行者が、
落ちてきた人に、「どこから来たの?」なんて聞くか?
おまえの上からに決まってるだろ(笑)


妹が、妹より若干年下の女性アイドルグループが好きだからって、
いくつも変わらない兄貴が「年下好きだ」ってからかうか?

なんか、脚本家がものすごいじいさんで感覚ずれてるの?って
思ってしまいました(^^;

けど、園監督はこの時40前半でしょ? ずれてるなあ(^^;

エクステは期待してるんだけど大丈夫ですか?この監督(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆子猫をお願い 2001
2010-01-08 Fri 22:00
監督:チョン・ジェウン
出演者:ペ・ドゥナ、 イ・ヨウォン、 オク・ジヨン、 イ・ウンシル、 イ・ウンジュ
収録時間:112分
レンタル開始日:2005-01-19

Story
『ほえる犬は噛まない』のペ・ドゥナ主演、20歳を迎えた5人の女性の愛と夢、そして挫折を瑞々しく描いた青春ドラマ。高校を卒業したヘジュやテヒら5人。しかし、次第にそれぞれの環境や立場の違いから距離が開き始め…。 (詳細はこちら

初監督でありきたりの話で映画を作ってみましたって感じかな
(・、・)

仲良し五人組が就職することで、それぞれの境遇に違いが出てきて
すれ違い。

けどそれぞれが悩みにぶつかり、それによってまた心のふれあいが
発生する。


まあ、子猫が彼らをつなぐ役割で出てくるんだけど、なんか都合
良すぎだし、正直、存在意義もあまり感じなかったです(^^;

映画の重み付けに使ってみますか、程度。
(実際子猫を使うこともタイトルも後付けらしい)

五人とも欲張って少しずつ掘り下げてしまったので、逆にそれぞれ
が今ひとつ掘り下げきれていない気もする。


まあそれが逆に現実世界をちょっと切り取ったような世界観とも
取れるんだけど、この映画は結果的にそうなってしまったように
感じる。

船や最後飛行機であたりがこの作品の売りなんだろうけど、それも
目新しいものでもなく。

その割に終盤の刑務所に…という話は唐突感があって消化不足
でした。
終盤急にシリアステーストを持ち込むのは韓流クオリティ(^^;

ペ・ドゥナは可愛いし、子猫の拇印なんかも可愛かったけど…。


今回、ふと思ったんだけど、違和感てカメラ目線なのかも。
子猫は徹底してカメラ目線がないんですよ。
日本映画ってもうちょっとカメラ目線があると思うんだけど…。

カメラ目線が無ければ無いほど見てる側は客観的になって、
リアリティが増すんですよね。

あと演技するのもずっと楽になるんだと思う。

カメラ越しとはいえ目を合わせるのと合わせないのでは大違いなの
で。

逆に主観的に見れなくなるから、世界の中にぐっと引き込まれると
いうこともない。

しばらくそこに注目して見てみようかと思う。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ドゥー・ユー・ライク・ヒッチコック? 2005
2010-01-07 Thu 22:00
監督:ダリオ・アルジェント
出演者:エリオ・ジャマーノ、 シエラ・コンティ、 エリザベッタ・ロッチェチィ、 クリスティーナ・ブロンド
収録時間:94分
レンタル開始日:2006-11-02

Story
A・ヒッチコックの『裏窓』『見知らぬ乗客』を基に、ホラー映画の巨匠、ダリオ・アルジェントが独自のエッセンスを盛り込んで製作したサスペンス。覗き見の趣味を持つ映画マニアの学生・ジュリオは、ある日向かいのアパートで起きた殺人事件を目撃し…。 (詳細はこちら

サスペリアのダリオ・アルジェント監督

終盤はへえ?っという終わり方だし途中も茶番ぽいドキドキシーン
なんだけど、序盤の二つのシーンは文句なしの衝撃シーン(^^;

特に殺人シーンすっごいびっくりした(^^;

生々しさ、衝撃度でも記憶の上位に残る衝撃度でこれだけでも見る
価値ありかなあ。

あと、サスペンスに忠実に誰が犯人やねんとドキドキが持続するの
もいい感じかなあ。

それでもサスペリアなんかに比べれば怖さは1/5程度なもんです。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆隠し砦の三悪人 1958
2010-01-06 Wed 22:00
監督:黒澤明
出演者:三船敏郎、 上原美佐、 千秋実、 藤原釜足
収録時間:139分
レンタル開始日:2004-04-09

Story
敗軍の将が、姫君と財宝を守りながら敵中を突破していくアクション活劇。張り詰めた緊張感とダイナミズムで、観る者を圧倒する。ジョージ・ルーカスは、本作から『スター・ウォーズ』シリーズのアイデアを得たという。 (詳細はこちら

スターウォーズの元ネタになったらしい黒澤作品

話はそんなに面白いものでもないんだけど、人間のギラギラした
部分とか見せ方は相変わらず心に残るものがあり。


ロボットコンビのモデルになったとされるまぬけな百姓コンビは
確かにキャラが立っていて面白かった。
牢屋に入れられてぶつぶついうシーンはSWが脳裏をよぎったし。


あと、疾走する馬上でまったく揺らぐこと無く槍を構える三船は
すごいですねえ。
あれ、よほど筋肉が強くてしなやかでないと出来ないと思った。


あと槍の戦いのシーンでは軽いチャンバラやワイヤーアクション
とは一線を画す地に足をつけた重い戦いで、もちろん見せている
部分もあるけど、迫力があるなあと思った。


あと雪姫がいいキャラしてますよねえ( ̄ー ̄)
あの鼻にかかった、棒台詞がなんとも言えず魅力的。
お姫様はこうじゃなくっちゃっと(笑)

棒台詞ってようするに普段言いなれていないことを話すから、自分
の言葉になっていないことなんだなってはっきり原因が分かった気
がしました。

外人さんの拙い覚えたての日本語と同じ原理なんでしょうね。


終盤、兵衛の顔に傷がついて裏切る辺りもダースベーダーの元ネタ
なんですかね?(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★ドクトル・ジバゴ 1965
2010-01-05 Tue 22:00
監督:デビッド・リーン
出演者:オマー・シャリフ、 ジュリー・クリスティ、 ジェラルディン・チャップリン、 トム・コートネイ
収録時間:180分
レンタル開始日:1965-01-01

Story
『アラビアのロレンス』のデビッド・リーン監督が壮大なスケールと映像美で贈る不朽の名作。ロシア革命前後の動乱期を背景に、純粋な心を持ち、詩人でもある医師・ジバゴの波乱に満ちた人生を、ふたりの女性への愛を通して描いている。※本編2枚組みの前編 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

長~いんだけど、長いからこそ、その世界に浸れる良さもあるなと
思った作品。

ロシア革命という珍しい題材だからこそ、その世界にどっぷり浸る
のも面白かったというか。


で、はっきり行ってしまえばジバゴはただの不倫なわけでちっとも
同情すべきとこもないんだけど、世界観がしっかりしてるからこそ
特にその部分の不快感にとらわれることもなかったです。

その点はひまわりに近いですね。


もう、連絡する手段も無くて出会えるか分からない妻や子がいても
すぐそばにいる人と生きることすら危うい世界をともに生きていく
ことを否定する気にもならないというか。

でコマロフスキー(エロ親父)との終盤のやりとりがなんとも悩まし
くて。

というのは子供の命も考えずにコマロフスキーの助けを断ることが
いいことなのか悪いことなのか…。


個人的には、ジバゴがコマロフスキーの助けを拒絶したことは青臭
いだけに感じました。

あそこは一時の雪辱を味わってても、ラーラや子供を守るべきだっ
たんじゃないだろうか(・、・)


あとストレルニコフのキャラも強烈でしたね。
SFアニメなんかでよく出てくるキャラって彼が元ネタ?ってくら
い。
青すぎるゆえに悪魔に魂を売ってしまったかのようなキャラ。
ラピュタのムスカになんか似てたなあ( ̄ー ̄)

ついでに言えばガンダムのララはラーラがモデルだったりして
( ̄ー ̄)
英雄的な男の間で運命に左右される美人。


分かりやすい感動じゃないんだけど、終盤の現代パート(当時の)
はいろいろ考えさせられるものも多く。

お兄さんがラーラを愛してしまったり、けどラーラが…という
ところや、その子供、トーニャがまるでタンポポの種が人知れず
場所で根付き、花を咲かせている、そんな人間の逞しさを感じま
した。遺伝だというところも(=_=


いやけどさすがDVD 画像が美しい( ̄ー ̄)
終盤の氷に閉ざされた家はまるでFFの実写を見ているようでし
た。
山すら見えない地平線の世界。
狼の怖さもリアルに伝わってきたし(・、・)

PS ラーラが綺麗だったなあ(´◇`)
別窓 | 映画 | コメント:0
☆☆☆☆☆変身 2005
2010-01-04 Mon 22:00
監督:佐野智樹
出演者:玉木宏、 蒼井優、 佐田真由美、 山下徹大
収録時間:108分
レンタル開始日:2006-05-26

Story
人気作家・東野圭吾の原作を、玉木宏と蒼井優主演で映画化したラブストーリー。世界初の脳移植手術を受け昏睡から目覚めた青年・成瀬純一。退院した純一は、恋人の恵に温かく迎えられ新しい生活を始めるが、彼自身の中では何かが少しずつ変化していた。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意※※※

これは酷い・・・orz

くどくてチープな挿入曲
くどくてチープな効果音
くどくてチープな演技
突拍子も無い脚本・・・orz

これは玉木、蒼井を責めるのは酷な作品ですねえ(^^;

けど医者の人と佐田は酷かったな(^^;
破壊力満点(笑)

佐田は下北では良かったと思ったし、翼の折れたでも別に気になら
なかったけど、この作品においてはなぜあの役に使われたかも
分からないし、演技も酷すぎ(^^;

あの医者の人はベテランだろうに大根過ぎ(^^;


ていうか普通に考えて、ウィルスのように他人の意識に犯されて
いくなんてはずがないのにまるでウィルスに犯されていくことに
びっくりして楽しむようなびっくりB級ホラーのような作品して
しまっていることが最大の間違いじゃないかな。

原作は読んでないけど、表現上じわじわと他人の意識に侵食されて
いくとはなってるだろうけど、それ以前に、自分の意識の中に他人
の意識があることの恐怖。そして自分の意識をどこまで信じて
いいかという恐怖の話だと思う。


人を殺してしまうと自身に恐怖する成瀬(玉木)に橘(佐田)が
「考えすぎよ」と言うシーンでは ポカ━(゚Д゚ )━ン だったし。

いきなりまじめそうな医者がピストルで襲ってくるシーンは
ポカ━(゚Д゚ )━ン だったし。
大体、恵(蒼井)が裏切ってたって話はどこへ…(笑)

最後の恵(蒼井)の登場シーンも都合よすぎもいいとこ…。

駄目邦画の典型的なパターンのような・・・。

蒼井の熱演が逆に悲しかった作品でした(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆69 sixty nine 2004
2010-01-03 Sun 22:00
監督:李相日
出演者:妻夫木聡、 安藤政信、 金井勇太、 太田莉菜、 井川遥
収録時間:114分
レンタル開始日:2004-12-21

Story
村上龍原作の同名小説を、妻夫木聡、安藤政信を主演に迎えて映画化した青春ドラマ。1969年の長崎を舞台に、退屈な日常から逃れるべくふたりの青年が、“学校のバリケード封鎖”などの、一見デタラメな計画を実行して騒動を巻き起こす。 (詳細はこちら

話が盛り込みすぎで、それぞれの話が同じようなトーンで進むので
ちっとも話が頭に入ってこない感じでした。

木更津キャッアイみたいに一部は早回しみたいにしてしまうとか、
ある程度視聴者の読解力に委ねて重要じゃないシーンは軽く描いて
も良かったんじゃないかな?(・、・)

あと出演者も力のある人が無駄に配置されてるので、どこが重要
なのかの判断を間違わせるというか。

佐世保の町の雰囲気は巧く出来ているし、終盤、爽快なシーンも
あるのに…。

ちょっともったいない作品ですねえ。

クドカン作品てリズム感が巧いと思うけど、まったくリズム感を
感じなかったものな(・、・)

妻夫木はああいうコメディは巧いですよね。 Justiceとか。
安藤は安藤である必要は感じなかった(^^;

PS う〇こシーンは圧巻
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆IT-イット- 1990
2010-01-02 Sat 22:00
監督:マシュー・オコナー、トミー・リー・ウォーレス
出演者:ハリー・アンダーソン、 デニス・クリストファー、 オリビア・ハッシー、 ティム・カリー
収録時間:187分
レンタル開始日:2002-12-06

Story
メイン州・デリーに棲みつき、27年ごとに凶暴を繰り返す、邪悪な存在“IT ”。1958年、この邪悪な存在に戦いを挑み、立ち向かった7人の子供たちが、だが27年後の1985年、再びそれは現れた・・・。S・キングの総決算とも言うべき超大作。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意※※※

長いんだけど、それは元々テレビなので仕方ないんでしょう。
映画だったら、あのメンバーは7人居たけどせいぜい5人でいいと
思う。

正直一部の人間が顔が似ているので見ていてごっちゃになって
しまった。


それ以外は最後のモンスターにつきますね~。
あんな、たらばガニにしなくても…(T-T

光を見たら死ぬってみんな見とるやんて(笑)

終盤まではすごくいい感じなんですけどね。
サイコネタっぽく進行していくのに最後にしょぼいモンスターって
ドリームキャッチャーやサインのノリです(^^;

でもこの作品は多分子供向けなので、子供の時に見たら怖かった
ろうなと(^^;
終盤まではそれなりに楽しめました(^-^
別窓 | 映画 | コメント:0
| ムービースタリオン | NEXT