映画やドラマの感想です
★☆☆☆☆誰が為に鐘は鳴る 1943
2011-06-29 Wed 22:00
監督:サム・ウッド
出演者:ゲイリー・クーパー、 イングリッド・バーグマン、 エイキム・タムロフ、 カティーナ・パクシヌー
収録時間:165分
レンタル開始日:2003-11-28

Story
アーネスト・ヘミングウェイの同名小説を壮大なスケールで映画化し、ハリウッドの名優、ゲイリー・クーパーとイングリッド・バーグマンが共演した不朽の名作。 (詳細はこちら

ゲイリー・クーパー、イングリッド・バーグマンの作品。

アメリカ人のゲイリー・クーパーが単身スペインで政府の軍事輸送
を阻止するために現地ジプシーに助けを求めるって話ですが…。

昔は流行ったんだろうなとは思いました。

昔なら楽しめたかもと。

でも今見ると、あまりにお都合主義な話でやれやれで。


協力する義理も無いと思うのに、あれよあれよと奥さんに強烈に
バックアップされ、美しい娘はぞっこんに。

反対する、ボスのお父さんがなぜかやたらに蔑まれる(T-T


アメリカ人が当たり前に世界のヒーローみたいな感覚だったんでし
ょうか?その辺で全く乗れず。

やたら二人の熱々なラブラブっぷりもやけに浮いているような…。

あの男同然の髪型でも十分美しいイングリッド・バーグマンはいい
と思うけど、ゲイリー・クーパーが気持ちおっさん臭くてなんか
援交カップルみたいにも見え(^^;

って結構ボロクソ書いてしまいましたね(^^;ゞ


でも999とかのルーツになるような雰囲気がありました。
ゲイラの服装とか、ボスのカミさんの肝っ玉ぶりとか。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆どですかでん 1970
2011-06-27 Mon 22:00
監督:黒澤明
出演者:田中邦衛、 頭師佳孝、 菅井きん、 加藤和夫
収録時間:140分
レンタル開始日:2004-04-09

Story
山本周五郎原作の「季節のない街」を映画化した、黒澤明監督による初のカラー作品。自分が電車の運転手になったつもりでいる六ちゃんを狂言回しにして、庶民の8つのエピソードを暖かい視線で綴っていく。 (詳細はこちら

これは難しい…。

たくさんのエピソードがパラレルで進んでいき、さほど、それぞれ
の話はつながるではないけど、戦後のスラム街のような場所に
起こるもの悲しい人間模様。

とにかくどんどんどんどん悲しい気分にさせられる作品です。


やや、ばらばらで散漫な感じもするんですが、そのいくつかは
ズシンと心に大きな爪あとを残しそうなほどのもの。

あとビビッドな色使いや絵作りのおかげで結構、見入ってしまい
ます。


それでも中盤のバラバラ感が強すぎるので★三つ止まりに。


役者では三波伸介がすごくいい味を出していて、惜しい人を早くに
亡くしたなと思いました。

あの子供がねらってもそこまで棒ゼリフは出来ないだろって位、
棒なのは狙いでしょうか?(^^;

他にも結構棒ゼリフの人がいましたし、中盤の毒のやりとりは逆に
まるで落語家のような話し方で、その辺りのバラバラ感も見ていて
しんどかったです。

それでも一度は見るべきと思う一品(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆渋谷区円山町 2006
2011-06-25 Sat 22:00
監督:永田琴
出演者:榮倉奈々、 眞木大輔、 仲里依紗、 原裕美子
収録時間:110分
レンタル開始日:2007-10-05

Story
おかざき真里の同名人気コミックを映画化した青春ラブストーリー。ラブホテル街・渋谷区円山町。女子高生の由紀江は、臨時教師のヤマケンが女性とホテルに入る姿を目撃。以来、彼のことが気になり始め…。榮倉奈々とEXILEのMAKIDAIこと眞木大輔が共演。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

榮倉奈々主演と仲里依紗主演の二本立て。

一話目は終盤まで★五つの出来でした。

先生役のヤマケン(眞木大輔(EXILE))がちょうどいい俗っ
ぽさで、あれ位の女子高生が好きになってしまう説得力
満点でした。

始め誰だろうと思ってたけど、EXILEだったんですね(^^;

なんかリアルにいるいるこんな奴と。


一方の榮倉もこういうキャラは抜群に魅力ありますよね。
こちらもばっちり。

残念なのは、元彼女にラブホ前で出会ったとき以降ですね。

急激のに眞木の演技力の無さが・・・。

まあ本業じゃないのでやむなしですが。

あの、ベッドで本能に任せてのシーンは最悪でした。

もう心ここにあらずの演技という感じ。

仮にもHが下手糞な役では確実に無いはずだからあれは無い。

一方の榮倉も目をつぶるだけって…┐(´ー`)┌

あそこはもう少し表情の変化が必要なはず。

まあ演出の問題でもあるんですけどね。

一番の山場だけに台無しな感じ。


一方もう一話。

時かけでもっと見てみたいとちょうど思っていた仲里依紗。

彼女の少しおっちょこちょいな感じ、少し頭が宜しくなくノリで
相手に合わせてしまう感じは健在。 (少し失礼(=_=;)

それは絶妙だと思いました。


若手女優が制服着れる時期なんて短いんですから、ぜひ仲で面白い
作品を!とつくづく思います。

ただ、その相手を務める、自分らしく自由にかっこよく生きる風の
有吉(原裕美子)があまりセリフが無いと説得力があるんですが、
話し出してしまうと案外可愛らしくて、説得力がなくなってしまう
のが残念でした。

けど最後の落とし方はあるあるという感じで好きです(^-^


仲は結構好きですが、それでも魅力ではやっぱり第一線の榮倉と
比べるとだいぶ弱いです。

でもトータルで見ると二本目の方が好きですね。

新宿にしても渋谷にしても六本木にしても、昼夜理由もなく歩くの
が好きで歩いているので、あの雰囲気がよく分かるからかな。

飲んだ後、ふらふら歩いて酔いを覚ますのも好きですし、ホテル街
のドキドキ感がいいですよね。


PS なぜかラストに医龍のMEの野村(中村靖日)が浮かれポン
チのバカップルになってるのが面白かったです( ̄ー ̄)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ナビィの恋 1999
2011-06-23 Thu 22:00
監督:中江裕司
出演者:西田尚美、 村上淳、 登川誠仁、 平良とみ
収録時間:94分
レンタル開始日:2003-06-27

Story
沖縄を舞台に描かれる60年の歳月を越えたラブストーリー。都会の喧騒に疲れた東金城奈々子は故郷の沖縄に里帰りする。そこで風来坊の福之助と老紳士・サンラーと出会うが、なんとサンラーは奈々子の祖母・ナビィが60年前に悲恋の末に別れた男だった…。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

題材や、落としどころは珍しくて好きなんですが(・、・)

奈々子(西田尚美)思ったより主役になりきれてないというか。

ナビィ(平良とみ)を主役にしようというのはないですよね~。

奈々子が思ったより主役になりきれずに、どっちつかずになって
しまったような…。


音楽のシーンも終盤はまだよいと思いますが、途中で入れられる
ものがどうも作品全体を散漫してしまったような気がします。


手紙に花が入ってるのなんていいですけどね。

約束を守ったり、今は愛する人と結婚するという落とし方も好きで
すが(・、・)

PS おじいちゃんの三線がロックギターのような早びきで驚きま
した。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆あしたの私のつくり方 2007
2011-06-21 Tue 22:00
監督:市川準
出演者:成海璃子、 前田敦子、 石原真理子、 石原良純
収録時間:97分
レンタル開始日:2007-11-09

Story
『瑠璃の島』の成海璃子とAKB48の前田敦子共演で贈る青春ドラマ。両親を気遣ってよい娘を演じる女子高生・寿梨は、疎遠になっていたイジメられっ子・日南子に携帯メールで物語を送る。それは“みんなに愛される私”になれる物語だった。監督は市川準。 (詳細はこちら

成海璃子のずば抜けた存在感が確認できる作品です。

その結果、一方の前田敦子はただただ可哀相な。

その実力の差が圧倒的過ぎて、少年野球と大リーガーみたいなもの
かと。


ちょっと辛辣かもしれませんが、比較的PVのように魅力が引き出
されるように撮られた作品に関わらず、前田があまり魅力的には
見えませんでした。

中学、高校に彼女が居ても、クラスで五番目位に入るか入らないか
位にしか見えませんでした。


演技力も虐められる役としてただ暗い役であっても演技力は重要
なんだなと知ることに。

元々人気あったのも、逆に虐められた子にも、そしてまた人気の
出た子にもどれにも見えないんですよね。


いじめられている子というよりはただ生気が無い子に見えました。

あれだけ生気がないとこれまた逆に虐められることは無いような
気がします(^^;


結局、成海のPV的作品でしかない気もしますが、成海好きとして
は納得なので★三つ。

携帯の画面を映し出すのは少し新しく感じましたが、それだけで
話自体は見覚えがある感じでしたし。


始め、目を疑いましたが石原真理子にはびっくり。

やっぱり存在感はすごいですよね。

母役で寿梨(成海)に「友達は大事にね」って言ってて思わず笑って
しまいました(^^;(笑)

父親役が石原良純で眉毛家族( ̄ー ̄)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ハッシュ! 2001
2011-06-19 Sun 22:00
監督:橋口亮輔
出演者:田辺誠一、 高橋和也、 片岡礼子、 秋野暢子
収録時間:135分
レンタル開始日:2002-11-22

Story
『渚のシンドバッド』の橋口亮輔監督が、孤独な3人の若者の出会いをユーモアを交えて描いたドラマ。気ままなゲイライフを送る直也とゲイであることを隠している勝裕は付き合い始めるが、子供が欲しいという朝子の出現により2人の関係が揺れ動いていく。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

30代のゲイカップルとさばさばとした女の人朝子(片岡礼子)の
物語。

女の人は子供を作るなんて考えたことも無かったのにあることを
きっかけに作りたく。

結婚する気もないけど、偶然出会ったある男、勝裕(田辺誠一)の
子供が欲しく。

けど相手はゲイだし、セックスがしたいという訳ではない。

なので考えたのはスポイトで精子を。


ところが勝裕はゲイなので当然子供を作るなんて考えてなかったの
でその依頼に…という話。


悪く言えば地味なんだけど、よく言えばすごくリアルな感じで作ら
れています。

長回しが役者の感情移入に効果的に使われてるなって感じました。


話も馴染みがない話ですし、最後の落とし方もジーンと考えさせら
れるものも多い。


ただ、地味に話が進んでいくので、やっぱり地味な後味(笑)


まだ、田辺が可愛らしい美青年という感じが残っている頃で、高橋
和也のゲイっぷりもなかなかしっくりきていたと思います。

片岡礼子のさばさばした女っぷりもぴったりですね。
こういう女の人居ますよね(・、・)

家族なんて案外ぱっといなくなってしまうもんだなって終わり方が
良かったです。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆雲のむこう、約束の場所 2004
2011-06-17 Fri 22:00
監督:新海誠
出演者:吉岡秀隆、 萩原聖人、 南里侑香、 石塚運昇
収録時間:91分
レンタル開始日:2005-04-28

Story
『ほしのこえ』で一躍脚光を浴びた新海誠による初の長編アニメ。日本が南北に分断されたもうひとつの戦後の世界で、謎の病により眠り続ける少女を救うべく、ふたりの少年が旅立っていく。吉岡秀隆や萩原聖人らが声を担当。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

深海監督の作品。

ほしのこえと秒速の間の作品で、進化過程であることがわかりま
す。

初めて知りましたが青春SFアニメは「世界系」と言うんだとか
(・、・)


北海道が主戦場なのと、彼女が世界を左右する、あたりは最終兵器
彼女にそっくりだと思います。

飛行機は宮崎アニメのラピュタかな(・、・)


個人的には都会の何気ない一コマ。

マンホールとか自動販売機とかを綺麗に切り取ってそれを記憶の
断片のように心象風景としてザッピングする演出が好きなので、
それは楽しめました。


あとラピュタのようにまるで無風状態の空をのんびりと漂う飛行機
も好きです。

ただ、あの塔が結局謎過ぎるのが今ひとつ(・、・)

細かいしかけとか、誰が何の目的でとかは分からなくてもいいと
思うんですけど漠然とでもいいけど、どうなっててどうなったの?
は知りたかった。

あの塔の周りの暗い部分は黒い部分はなんなのか、それが結局どう
なるのかを。

宇宙は夢を見るという話はなんとなくいいんですけどね(・、・)


あと吉岡の元々くぐもってるのにさらにくぐもらせたモノローグは
ちょっとしんどい時がありました(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆エドTV 1998
2011-06-15 Wed 22:00
監督:ロン・ハワード
出演者:マシュー・マコノヒー、 ウディ・ハレルソン、 ジェナ・エルフマン、 デニス・ホッパー
収録時間:123分
レンタル開始日:2003-11-28

Story
私生活を侵していくTVの暴力を、シニカルに描いたコメディ。TV局が打ち出した24時間普通の人間の生活をカメラで追う、新企画に選ばれたエドの大騒動が巻き起こる。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

テレビでやったので期待してなかったんですが、意外に面白かった
です。

B級としては十分★五つの出来。

トルーマンショーや電車男に通じる、24時間、普通の人、30過ぎの
ビデオショップ店員が選ばれ24時間テレビで放送されるという話。


恋愛や家族とのやりとりがあげくにキスやセックスまでテレビで流
され街を歩けば、町中の人に応援されるように。

トルーマンとの違いで大きいのは結構人間関係がつっこんだ話が多
くてある意味リアルですね。


エドの恋人がメディアでぼっこぼこに叩かれてめげちゃうとことか
ありそーだなあって(^^;

コメディとして笑えるシーンも何ヶ所もありました。

ベタだけど意外に笑ってしまったのはネコが…ってとこかな
( ̄ー ̄)

かなりお薦めできる一本です(^-^
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆俺は、君のためにこそ死ににいく 2007
2011-06-13 Mon 22:00
監督:新城卓
出演者:徳重聡、 窪塚洋介、 筒井道隆、 岸惠子
収録時間:135分
レンタル開始日:2007-10-12

Story
石原慎太郎が製作総指揮と脚本を手掛けた戦争ドラマ。太平洋戦争末期、鹿児島で食堂を切り盛りし、出撃を待つ若き特攻隊員たちに慕われた“特攻の母”鳥濱トメさんの視点から、はかなく散っていった若者たちの青春模様を綴る。トメを演じるのは岸惠子。 (詳細はこちら

石原慎太郎自体はあまり好きじゃないですし、かなり右寄りという
噂もあり慎重に。

まあでも思ったほど、右寄り感はあまり感じなかったです。


ただ靖国神社への思いが確認出来てしまうのと、朝鮮人が自ら望ん
で特攻隊に志願している姿あたりに、強く嫌がる人たちが居そう
かなと。

けどそれゆえにあまり描かれることのないことなので、個人的には
目から鱗の内容が多かったです。


一番驚いたのは、特攻隊員が戦後しばらくは犬死と馬鹿にされてい
たという話。

それに特攻隊員で死なずに残った人間はこれまた特攻崩れと蔑まれ
ていたとか。


坂本竜馬なんかも活躍後しばらくは全く脚光を浴びず酷い扱いだっ
たんですが、それと同じ感じなのかなと。

戦国時代の武将、維新の志士、政治家、にとっては自分以外の英雄
は邪魔者でしかなく、こういう志半ばで消えた英雄は庶民の記憶で
後から弔われるんですよね。

志半ばという表現が合うかも微妙ですが。


あと、序盤の大西(伊武雅刀)の「志願という命令だ」も。

あの頃の日本人て一種の集団発狂状態みたいに描かれる映画(特に
昔の洋画)が多いせいか、特攻隊なんて苦労もなく集められたよう
に思い込んでますけどやっぱり当時だって死にに行くなんて狂気の
沙汰と思われてたんですよね。


劇中、どうせ負けるから戦後の日本に尽くしたいと訴える隊員が
居たのも目鱗でした。


あと、多部他による女の子達が洗濯とか特攻隊員の身の回りの世話
をするんですが、それがさせられてるのではなくしてあげる感が
出ていて良かったです。

その作業が事実では志願によるものなのか、命令によるものなのか
は、分かりませんが、明日にも死ぬっていう未成年の若者にあんな
女の子達が自発的に手助けしたいと思うところも大きかったんじゃ
ないかなと。


こういうのってまあ嫌々やらされている的な描写こそないけれど、
自発的にやっているという描写もあまりされないと思うんですよ
ね。

なぜなら、まだまだ、タブーだからです。


朝鮮人青年の特攻隊志願同様、志願があった、自発的に行ったと
いう事実があったことを語る。知らない人に印象付けることが
タブーなわけで。


もちろんみんながみんな自発的にやっていたとは思わないし、不満
をもってやっていた人も居るかもしれないとは思うんですが、この
青年たちが特攻するのは国のためでもあるし、やっぱり自分達の
ために…という思いもありはしたはずですから。


と、見ておいて良かったなというのもある一方で、映画の出来自体
は★一つ程度?

キャストの力不足が強い&人大杉=キャラが立たない ですね。


窪塚、筒井あたりはいいんですが、それと同じ位重要な役として
若手隊員が弱すぎます。


金山(前川泰之)、河合惣一(中村友也)、加藤(渡辺大)あたり。

あと徳重聡も全然立ってこないんですよね。 重要なのに。

あとトメ(岸惠子)が弱々しすぎないでしょうか?

なんか全然緊迫感がないんですよね。


撮り方にも問題があるとは思うけど、明日死ぬって人間が普通な
わけがなくほとんどは武者震い状態か、それ以外も呆然に近い状態
なんじゃないでしょうか?

その緊張感がほとんど伝わってこなかったです。

そこが一番映画としては美味しいところだし大事なところだと思う
のに。


窪塚、筒井、多部他いい役者はたくさんいるんですけど、ほとんど
生かされてなかったと思います。

撮り方は明らかに引きであったり、それぞれのキャラの掘り下げが
極端に少なかったりで明らかに狙っている部分もあるとは思うん
ですが、個人的に手広く構えすぎで描けなかった部分があったん
じゃないかなと見ました。


トメさんが主役であるならば、もっとトメさんのシークエンスは
しっかりと作るべきだったと思います。

残念ながら散漫で忘れた頃にトメさん的な展開にすら感じました。


それでも、特攻のシーンはド迫力で短い時間でしたが、涙が止まり
ませんでした。

もったいない作品だと思います。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆チェーン・リアクション 1996
2011-06-11 Sat 22:00
監督:アンドリュー・デイビス
出演者:キアヌ・リーブス、 モーガン・フリーマン、 レイチェル・ワイズ
収録時間:107分
レンタル開始日:2001-07-05

Story
シカゴ大学のプロジェクト・チームはついに石油に替わる新エネルギーを水から発生させる画期的装置の開発に成功。だがその晩、何物かによって研究室が爆破される。偶然その場に居合わせたエンジニア、エディは事件の有力容疑者と見なされ、執拗に追われるが、そのうちFBI以外の何物かが自分の命を狙っていることを知る。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

ロケ地とか、ドキドキギミックは見たことがあまり無いはずなのに
、なにかありきたりに感じてしまうのはなぜか…?(・、・)

量産されているアクションにしか見えななかったです(^^;

どこがそうさせるのか?と考える気にもならない位。

レイチェル・ワイズは可愛いと思いますが(・、・)

二人は残すといってシャッターの下をくぐろうとするのを蹴って
阻止するシーンはなんか笑ってしまったし、その後の脱出経路確保
はなんだかなあと。
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆TATARI 1999
2011-06-09 Thu 22:00
監督:ウィリアム・マローン
出演者:ジェフリー・ラッシュ、 ファムケ・ヤンセン、 ブリジット・ウィルソン、 ピーター・ギャラガー、 テイ・ディグス、 アリ・ラーター、 クリス・カッテン
レンタル開始日:1999-01-01

Story
かつて医学の名の下に、悪魔のような人体実験が行われた隔離病棟。呪われた“館”は、そのままの姿で今もそこに存在していた。新しい血を欲しながら…。数十年を経て、何者かによって5 人の男女が館に集められる。誰が何の目的で送ったのかわからない奇妙な招待状。その館で一夜を明かせば報酬は1 億円、提示された条件はただひとつ。生き残ること――。何が起こるか分からない、恐怖の夜が始まった。果たして何人生き延びることができるのか?『フォレスト・ガンプ-一期一会』のロバート・ゼメキスと『マトリックス』のジョエル・シルバーが仕掛ける、究極のノン・ストップ・ホラームービー。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意!※※※

しかし、なんで邦題が「たたり」なんだよって。

原題通り「呪われた丘の家」の方が良かったのに(・、・)

「たたり」なんて使いたくなる映画は出てくるであろうに。


邦題同様、内容もなんでそうなるのよという感じですね。

お菊さんは皿を数えるから怖い。貞子は這い出てくるから怖い。

他いろいろ。


霊?お化け、モンスター、それぞれにまつわる死に方をしないんじ
ゃ、意味がないじゃない(笑)

基本中の基本ですよねこれ(笑)

昔の、その家に起こった惨劇に通じる死に方をするから、犯人は
その家の霊?ってなるわけで。


例えば電気ショックで死ぬシーンがあるならなぜ同様に過去に電気
ショックで死ぬ回想シーンがないの?

逆も同様で回想シーンに出てくるから、それにまつわる話が出て
くると思うのにそれがなくて拍子抜け。


マッドドクターって言われてもある程度、どうマッドなのかが分か
らないとなんとなく雰囲気マッドドクターですよね(^^;(笑)

例えば、内臓売りさばいて金儲けしてるのか、それとも別の生物を
生み出そうとしてたのか…。

序盤に鬼のような子供のミイラがあったけどあれはなんだったの?


回想シーンにあった患者らしき集団に襲われるシーンもなにも紐解
かれてないじゃないですか。

恨みが募って襲われたのか、それともたまたま精神異常者に襲われ
たのか?

で五人も生存者が居るような見えないし、なぜ五人が助かったも
不明。


あと例によってラスボスの正体があんなんじゃ、絶対叶わないじゃ
んて、あきらめちゃうんですよね。

なんかしら弱点を見せるとかしないと。

だって壁は突き破るし、スピードだって自在。

だから、必死に逃げててももう白けるのみ。


あと建物が全然意味不明。

あの塔は何?明らかに住む家にしては巨大だしあれ病院なんじゃ
ないの?

外見がかなりモダンの割に、内部は相当古そうだし、屋根裏部屋の
大きな歯車のしかけとかなんなんよ?と。

リメイク元の建物は家と呼べるしっくりしたものなのに…。


あと最初から暗いのにもううんざり。

電気の施設とかありえないちゃちさだし。

電灯のチカツキとか多すぎて、もう鬱陶しくてイライラするし。

最初は明るくて、暗くなる方が面白くないですかね?


特典にリメイク元との比較映像があるんですが、正直リメイク元の
方が面白そうに見えてしまいました。

お化けはただの骸骨だったりでしょぼいのに(^^;(笑)


でも映像はすごいですよね。

日本のホラー作品製作者からしたら涎ものの予算なんでしょうね。

もったいないもったいない('~`;)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆乱 1985 二回目
2011-06-07 Tue 22:00
監督:黒澤明
出演者:仲代達矢、 寺尾聰、 根津甚八、 隆大介
収録時間:162分
レンタル開始日:2004-04-09

Story
シェイクスピアの4大悲劇の1つ「リア王」を原点に、毛利元就の3人の息子たちに着目して作り上げられた黒澤映画の集大成。引退を宣言した一文字家の主・秀虎を待っていたのは、息子たちの反逆と骨肉の争いだった。 (詳細はこちら

評価に頭の痛い作品(^^;

作品の面白さとしては★二つ。

でも美術やセットではよく出来てるなあと感心してしまうところも
多々。

その辺りには敬意を表して★五つにしたくも…。


黒澤作品て基本的には動のカメラワークなんですよね。

けど、これは静。

まあ蜘蛛の巣城に近いカメラワークが。

「神の視線」という話もあり、人間を愚かしく見ている視点なわけ
です。


バリーリンドンのようにその意図が徹底されていればいいんですが
その点においてちょっと中途半端に感じました。

人中心の時は冷めたつまらなく感じる撮り方なのに、戦争のシーン
や一部のシーンでは面白く動のカメラワークなんですよね。


あと「神の視線」というねらい通りなのか仲代達矢って視点たる
キャラにはなりにくい、ならない役者なんですよね。

この作品ではもっと秀虎視点に描かなければいけないと思うんです
が、そもそもそう撮る気も感じませんでした。

その辺りにも作品としては面白さは失われたような。


ついでに言えば3兄弟もしかりで、三郎ももう少し視点たるキャラ
にすべきだと思いますが、その気もサラサラ感じられない。


あと狂阿弥(ピーター)が…。

始めはまあいいかと思ってたけど、

クライマックスの秀虎が死んだ直後のセリフが狂阿弥(^^;

あれはずっこけました(笑)


ピーターってどちらかというと私は出来るのよ、賢いのよという
オーラを発してしまっているので見ていて寒いんですよね(^^;

唯一気を吐くのは楓の方の原田美枝子。

尻上がりに良くなっていったと思います。

意欲作として作品の存在価値は★五つだと思いますが。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★地雷を踏んだらサヨウナラ 1999 二回目
2011-06-05 Sun 22:00
地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]
(2006/06/23)
浅野忠信、川津祐介 他

商品詳細を見る

前、すごく感動した記憶があるので、見て、つまらなかったらどう
しようと不安だったんですが、そうならなくて良かったです(^-^

前ほど泣けなかったんですが、前よりいろいろと知識が増えて
じっくり見れた気がします。

例えば一眼レフカメラも前見たときはやって無かったですからね
(^^;

…でも一眼をやり始めたきっかけの一つかも(^-^


改めて見ると男の子が地雷踏んでしまうところがちょっと演出過剰
気味に感じたりもあるんですが、全体としてはじっくり腰を据えた
作りになってると思います。

感想見ると浅野にしか見えないというのもありましたが、モデルの
一ノ瀬泰造氏を知らないのでそこは気になりませんでした。


ちなみに一ノ瀬泰造氏を扱った作品は他にもいくつかあるらしく、
その中では一番エンタメ指向なんだとは思います。


最近もちょうどフリー・ジャーナリストの方が射殺されてしまいま
したもんね。

見たニュースでは、以前から現地の警察から相当疎まれていたと。


改めて見ると二人の外国人フリーランサーへの恋に揺れる現地女性
がとてもよく描かれていたと思います。

ほんとにわずかな表情の変化だけできちんと心の移ろいが描かれて
いる素晴らしい例だと思います。

すごく魅力的な女性でした。


綺麗な景色が多くて、あんな土地に魅せられてしまうのも分かる
なあと。
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆ラヂオの時間 1997
2011-06-03 Fri 22:00
監督:三谷幸喜
出演者:唐沢寿明、 鈴木京香、 西村雅彦、 戸田恵子
収録時間:104分
レンタル開始日:2005-12-23

Story
人気脚本家・三谷幸喜が初監督を務めた群像コメディ。主婦・みや子はラジオドラマの脚本コンクールに出品した作品が採用される。だが、生放送の本番直前に主演女優が不満を言い始め、シナリオは大幅に書き換えられていく。 (詳細はこちら

三谷監督の初監督作品?ですが。

これも乗れるか乗れないかかなあ。

乗れればすごく面白く感じそうな気も(・、・)


そもそも生でラジオドラマをやる必然性が全くないんですよね。

そこからひっかかってしまって(^^;


番組改変の時に新番組の番宣をかねて特別バラエティーってある
けど、あれもいつもなんで生でやるんだよってハラハラして
イライラするんですよね。

俳優なんてアドリブが巧いわけないし、お客様のいるとこで話す
機会もないんだから、無理させないでくれよと。

またいじわるにしつこく俳優いじりするし(^^;

それであげくに、その翌日くらいに〇〇KYとか俳優叩きの記事が
でるし(^^;

な~んて日ごろから思ってるのでこれも生でやる意味分からねと。
(もちろん軽く理由付けはありましたが)


それだけじゃなく全体的にもノリで押し切ろうとしてるけど、最近
の三谷作品に比べると今ひとつパンチ不足だと思います。

唐沢も鈴木京香も西村も悪くも無いけど良くも無い感じ。

全体的にも。

あとは奥貫が可愛かったのと渡辺謙がしょぼい役だなあと。
別窓 | 映画 | コメント:0
★☆☆☆☆めぐり逢い 1994
2011-06-01 Wed 22:00
監督:グレン・ゴードン・キャロン
出演者:ウォーレン・ベイティ、 アネット・ベニング、 キャサリン・ヘプバーン、 ピアース・ブロスナン、 ケイト・キャプショー
収録時間:108分
レンタル開始日:2002-06-07

Story
1939年の『邂逅』、1957年の『めぐり逢い』を再リメイクしたラブストーリー。スポーツ解説者のマイクは飛行機の中で出会った無名歌手・テリーに惚れてしまう。婚約者がいる2人だが、この運命的な出会いにより、お互いの心は激しく揺れるのだった…。 (詳細はこちら

三度目のリメイクだそうで、しかもラジー賞のワースト・リメイク
・続編賞だそうで…(^^; 下調べせずに見てしまった(^^;

でもこの話だと、どれくらい改変されてるのか分からないんですが
元ネタも楽しめそうに無い…(^^;

結局W浮気だし、それを覆せるほどの運命的なものも感じられなか
ったというか。

 あんなシチュエーションで惹かれあうのは分かるんですが、それ
ぞれの元の相手を捨てるほどのものは感じられなかった。


事故も自業自得ですしね(^^;

二人は美男美女だとは思うけど、今ひとつ感情移入も出来ず(・、・)
役にもマッチしてなかったように感じます。

恋愛メインの作品もコメディのように好き嫌いがはっきり分かれる
ものですね。
別窓 | 映画 | コメント:0
| ムービースタリオン |