映画やドラマの感想です
★☆☆☆☆1303号室 2007
2012-08-30 Thu 22:00
監督:及川中
出演者:中越典子、 古田新太、 大谷直子、 深田あき
収録時間:96分
レンタル開始日:2008-03-19

Story
「富江」シリーズの及川中監督がアメリカ進出を果たしたホラー映画。海の見える高級マンションの1303号室で起こる連続投身自殺。妹が自殺を遂げ、その後始末にやって来た姉・真利子は、かつてこの部屋を借りた女性がみな投身自殺をしていることを知る。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

逆輸入なんて言葉にまんまとひっかかりましたね(^^;

ただのアメリカ資本で作った邦画ホラーです('~`;)


前半はシンプルでゆっくり緊張感をあげていく感じでよかったんで
すが、中盤以降は話がただの驚かせに走ってしまって支離滅裂。

無駄に回想シーンも長く感じるし。

恨みの中心である幸世(初音映莉子)の役のキャラが破綻している
気がします。

というか母親も。


母親はビン噛んで壁にシネシネ書いてる時点で完全に精神的にあれ
なのに、それ以外では割と普通なんですよね。


あと致命的なミスだと思うけど、なぜ幸世が犬食いするシーンが
無かったんでしょうか?

それがあれば幸世にシンクロしたんだとより怖くなるのに。

犬食いまでさせられてたという割に犬のエサぶちまけられただけだ
から、幸世が自殺に至る心境もよく分からず。

会社も普通にいけてるし、さらにはピアスを着けようとするという
人間らしさもあるなら、ただの精神が病んでいる可哀相なお母さん
との同居に過ぎないように見えました。

この辺は演出に致命的なミスがあった気がします。


あと大きいのは真利子(中越典子)の妹は友達は平気で妹だけとり
つかれたのに、なぜ真利子の後の若者グループは派手に幸世の
オバケに襲われたのか…。


幸世のオバケがさらに恨みが募るとかエスカレートしていく動機が
ないんですよね。

だって五人も既に亡くなってるわけだし、なぜ急に?と。

これが終盤都合よく派手に暴れさせてるようにしか見えないがっか
り感。


「私が守ってあげる」も全く脈絡なし。

なぜ住むことが守ることになるのか(・、・)


てわけでピアスも、管理人が変なのも、そんな本作るかよってのも
警察はなんで検分してないんだよとか、ケケケって呪怨のパクリ声
とか、いろいろと安易に感じられ。


PS 初音映莉子は久しぶりに見たけど、相変わらず美人だったな
あ(・、・) もっと活躍しておかしくないのに…。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★鬼畜 1978
2012-08-28 Tue 22:00
監督:野村芳太郎
出演者:岩下志麻、 緒形拳、 岩瀬浩規、 吉沢美幸
収録時間:110分
レンタル開始日:2005-11-26

Story
当時の松本清張が知り合いの検事から聞いた事実を元に書き下ろしたという短編を、巨匠・野村芳太郎監督が映画化。大人のエゴで歪められた子供たちの世界と弱い大人の世界を対比しながら、切っても切れない親子の絆を描いた異色のドラマ。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

野村芳太郎×松本清張

いやあ大傑作と言われるだけの作品ですねこれ。

なんか最近の作品や俳優だらしないぞ!と少し思ってしまうほど。


まあでも今の倫理規定では絶対に作れない作品ですね。

6歳の男の子の口に青酸カリ入りパンをぐいぐい押し込んだり、
3歳女の子の頭に汚いと罵りながら洗濯用の粉石けんぶっ掛けたり
泣き叫ぶ一・二歳の赤ちゃんの口に食べ物ぐいぐい押し込んだり。

リメイクされたらしいけど、大分やんわりとした表現だったんでし
ょうね。


岩下志麻が迫力あったなあ…。

子供が死んだ夜に狂ったようにセックスしてたのはちょっと想定の
範囲外でした(^^;


動物って自分の子以外は殺してしまうっていうのが結構あるし、特
に群れを作る動物はそうらしいので、お梅(岩下志麻)が子供に激し
い嫌悪感を示すのは大いに分かるんだけど、宗吉(緒形拳)は自分の
子供なんだから本能的に落ち込むものじゃないんだろうか?(・、・)

男って本能的には子供が死んでもあまり気にしないということなの
かな。


お梅はともかく宗吉の狂ったようなセックスには正に鬼畜を感じま
したね(^^;

また緒形拳が情けない役を熱演してて、何で三人も子供作ってるん
だよ!という立場なのに、愛人を、そしてついには子供達にまで
嫌悪感を示して行くのはどんだけ無責任なんだよと思うけど、それ
が人の弱さなんだってなにかとても説得力があって良かったです。

大竹しのぶが婦人警官として後半ちょい役ながらすごく存在感も
あって演技が巧かったです。

最近の映画賞の質の低さを痛感せずにはいられない作品でした…。


PS 上野周辺が広々とローカルだったなあ…(´◇`)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆張込み 1958
2012-08-26 Sun 22:00
監督:野村芳太郎
出演者:大木実、 田村高広、 宮口精二、 高千穂ひづる
収録時間:116分
レンタル開始日:2005-11-26

Story
野村芳太郎監督が松本清張の名作小説を映画化。逃亡した深川質屋殺しの犯人・石井を逮捕するため、刑事・柚木と下岡は佐賀へ向かう。石井は別れた女・さだ子に会いたがっていたという証言だけを頼りに、さだ子の住む佐賀の町で張り込みを始める。 (詳細はこちら

野村芳太郎×松本清張×橋本忍

大傑作という呼び声高いので見たんですが、やたらにリアリティの
ある張り込みではありますが、話的にはそれほどでも…(・、・)

と思ったら監督自身もこれは話やキャストが面白いわけではなく
リアリティが売りなんだと話していたとかで納得。

今でもリアリティが斬新な緊迫感のある張り込みは当時かなり斬新
だったのでしょう。

松本清張作品ってかっちりしたイメージなんですが、野村芳太郎
監督って結構いろいろと挑戦したんだなと思いました。

ちょっと面白かったのはいちいち説明してくれる独り言が多いのと
バスガイドさんの声
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ぷりてぃ・ウーマン 2002
2012-08-24 Fri 22:00
監督:渡邊孝好
出演者:淡路恵子、 西田尚美、 風見章子、 草村礼子
収録時間:111分
レンタル開始日:2003-10-24

Story
実在する劇団をモデルに、日本を代表する女優陣扮するおばあちゃんたちが困難を乗り越えて劇団を旗揚げする姿を描いたハートフルコメディ。死を覚悟して開き直ったおばあちゃんたちが突然芝居を始め出し、周囲を巻き込んで立派な劇団へと成長していく。 (詳細はこちら

西田尚美と淡路恵子を始めとしたおばあちゃん達の話。

まあなんとなくしか見てないですが、こういうのもたまにはいいもので。

元気なお婆ちゃん達見ると多少は元気になりますし。

出川哲朗がエキストラ同然で出てますが若々しくて今と声が全然違くて
面白かったです。

あと山田邦子を久しぶりに見たような(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★たたり 1963
2012-08-22 Wed 22:00
監督:ロバート・ワイズ
出演者:ジュリー・ハリス、 クレア・ブルーム、 リチャード・ジョンソン
収録時間:112分
レンタル開始日:2003-08-08

Story
ニューイングランドの郊外にたたずむ巨大な館。“丘の家”と呼ばれるその館は、呪われた不吉の象徴であった。ここに目をつけた超常現象の研究家マークウェイ博士は、超感覚を持つ2人の女性エレナーとセオドーラを伴い屋敷に乗り込む。やがて不可思議な現象が館を包み始めた──。シャーリー・ジャクソンのベストセラー小説『丘の家の怪』の映画作品にして、1999年にヤン・デ・ボン監督によってリメイクされた『ホーンティング』のオリジナルにあたる本作品。監督のロバート・ワイズが、ミュージカルの巨匠としてではなく、『地球の静止する日』を撮った手腕を見せつける古典的傑作! (詳細はこちら

※ネタバレ注意

ホーンティングのリメイク元。

評判どおりなかなか面白かったです(^-^

ドンドンってドアや壁を叩いたり、廊下を歩く音がしたり、
ドアがぶにーって曲がる程度で本当に具体的なオバケ描写は
ほとんどありません。


けど暗闇を巧く使ってなかなか。

ドアバーンや最後の事故はびくっとするほど驚きましたが(^^;


あと主人公がかなり精神を病んだ設定になっていて、終始病的な
つぶやき、モノローグが。 それも怖さに繋がりますね。

見ていて自分の精神が病んでくるような気がしてくる(^^;


だいぶホーンティングとかぶる部分もあるんだけど、結構重要な
設定は改変されてます。

個人的にはどちらも面白い設定なのでちょっと勿体無く感じます。

ホーンティングは別の映画にして、これはこれでリメイクしても
良かったような。

あの保育室で過ごした子には何があったんだろうなあ…
謎のままだけどそれもイメージが膨らんでいいですよね(^-^
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語 2006  再視聴追記
2012-08-20 Mon 22:00
監督:大林宣彦
出演者:筧利夫、 清水美砂、 鈴木聖奈、 中村美玲
収録時間:119分
レンタル開始日:2008-02-08

Story
伊勢正三の名曲「22才の別れ」をモチーフに、母娘二代にわたる恋物語を描く、大林宣彦監督の“大分三部作”の第2章。商社に勤める俊郎は、コンビニのレジで「22才の別れ」を口ずさむ少女・花鈴と出会う。新人・鈴木聖奈と中村美玲がヒロインを好演。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

非常にとんがった作品で★無しと★五つどっちに転がっても
おかしくないです。


★無し要因は斜め構図多すぎで気持ち悪い('~`;)

あと暗すぎですね全体的に。

それを改善してもう一度この作品を見てみたいかな(・、・)

あとこれは判断が難しいがとにかく後ろ向き過ぎな指向、考え方
がきつい…。 全体的に鬱々として。

どんどんどんどん滅入ってくる(^^;(笑)


名曲に載せたノスタルジック溢れる作品を思いっきり世にも奇妙な
ホラー調にしているので結構噴いてしまうところもありです(笑)

ホラーなコンビニとか(笑)


けどあの花鈴のキャラ設定は絶妙ですね~。
あの頃の女性漫画家が自虐的に書くキャラっぽく。

ストライクゾーン広いんかなと悲しくなるけど、かなりツボなん
ですよね、ああいう女の子(^^;(笑)

不思議な小動物チックな子(^^;

結局好きでいつまでも忘れられない女の娘とも愛し合う。

まあそれは人として、好きだった女の娘として、もしかしたら
自分の子として、いや結婚していたら出会えなかった子として。

そしてやっぱり女としても…。

そこが深い(・、・)


彼岸花と灯篭も映像は素晴らしく、尾道で鍛えたノスタルジック
な風景も素晴らしい。

昔好きだった女の人も綺麗な人でいい味だしてたなあ(・、・)

筧はちょっときりっとしすぎかなあ…(・、・)


まあやっぱり斜めと暗すぎを改善して欲しい…( ̄ー ̄;)n


■ここから追記■■■■■

もう一度見て、まあやっぱり面白いなと★五つに。

暗い話ですけどね~。

けど日本の悲しい恋愛、血?のようなものを強く感じます。

彼岸花にそんな悲しい話があったとはなあ…。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR 1976
2012-08-18 Sat 22:00
監督:柳町光男
出演者:ブラックエンペラー
収録時間:91分
レンタル開始日:2001-10-26

Story
『火まつり』『十九歳の地図』など若者の鬱屈した精神にメスを入れてきた柳町光男の初監督作品。暴走族「ブラックエンペラー」に所属する少年たちの、やるせなくナイーブな青春を捉えたドキュメント。彼らが冷静に自分たちを見詰める側面を垣間見せる。 (詳細はこちら

"カミュなんて知らない"がとても良かったので柳町光男をチェック

まあこれはブラックエンペラーという暴走族のドキュメンタリー
です。


まあよくぞ撮ったという位の生々しい映像。

先輩が後輩を正座させて足で頭をごんごん蹴りながら説教する
シーンがすごかったです。


あと母と子の会話に胸が痛みました(^^;

けど、昔過ぎると暴走族もなんか結構暖かいんですよね。

ちょっと体育会系の部活位のノリ。


着てる服も普通に可愛い白いセーターだったりでおとなしめの
大学生?位のも多く。


今まで見た不良モノの作品の中でも一番普通っぽいかな。
それでいて好きなことだから甘えは許さないぞという厳しさが。

なんか湘南爆走族みたいな暖かさも感じました。

最近はすぐにナイフだバットだだけど、この頃はだいぶ違いますね。

とはいえヤクザに直結な世界だから舐めてはいけないんでしょうけど。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★ゴジラ 1954
2012-08-16 Thu 22:00
監督:本多猪四郎
出演者:宝田明、 河内桃子、 平田昭彦、 志村喬
収録時間:97分
レンタル開始日:2004-07-09

Story
言わずと知れた「ゴジラ」シリーズ第1作にして、日本特撮映画の原点である大傑作。巨大生物・ゴジラが突如現れ、東京中を破壊し始めた。政府はゴジラを倒すため、核兵器以上の威力を持つ破壊兵器を開発した芹沢博士を頼る。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意!※※※

ゴジラ第一作目

いやあ見といて良かった(´◇`)

まぎれもない傑作ですねこれ。

技術的には一番稚拙なはずなのに今まで見たゴジラで一番
怖かったかも。


あまり見せないし見せ方が凄く巧いんですよね。

ドスンドスンと地響き立てる足音だけずっと聞かせて、なかなか
見せずいきなり山の陰から首だけで思わずデカ!と思いました
から。

炎につつまれる街にゴジラのシルエットがあったり、テレビ塔
が倒れるシーンでは真ッ逆さまに落ちていく視点で撮っていて
ほんとに落ちていくような感覚でした。

また焼け野原がすごい…。


でメッセージ性が半端無いんですよ。

ゴジラってゴリラとクジラの合いの子って聞いてた気がしたけど
あれガセだったんですね('~`;)

ジュラ紀の肉食恐竜だそうで。

それが水爆実験で叩き起こされるってね~。

水爆が歴史を捻じ曲げてしまうってメタなんでしょうね。


「日本の上に今尚覆い被さっている水爆そのもの」とまで
はっきり言い切っていて、水爆の驚異そのものなんですね。

そして今回は初めて知ったけど、ゴジラってちょうど最近見た
東京大空襲そのものといってもいいほどなんですね。


南方、東京湾から侵入し、東京下町を燃やし破壊し尽くすゴジラ
は正に東京大空襲でした。

ゴジラの通った後の焼け野原もこの間見た東京大空襲そっくり。

防衛ラインがまるで役に立たないのもまんまですね。


ゴジラって原爆+大空襲+当時現に行なわれていた水爆実験
の驚異って感じですね。

焼け野原の病院とか、東京大空襲を思って涙が少し出てしまいま
した。

ゴジラ出現時に、「また疎開か」とうんざりした感じでつぶやく
ところなど、いかにも戦争にはほとほと参ったという感じでした。
まだ終戦の爪あと強く残り。


ゴジラに対抗して出来るのは、“オキシジェン・デストロイヤー”。

最初タモリのようでマッドドクターかと思いきや、このとんでも
ない破壊兵器を世に出してはならないと執拗に苦悩するんですよね。

これは水爆や核兵器を安易に使うことに対しての完全なアンチテーゼ
ですね。


目の前でゴジラに甚大な被害にあっているのを目にしていても
頑として使用を拒むのです。

化学が生み出す強力な兵器は例え理由付けが出来ても安易に使って
いいものではないんだと。

「目の前の不幸をどうするんですか?」という問いかけにすら
拒みつづけた芹沢博士の心を開いたのは平和を祈る乙女達の歌声
でした。

なんか拒みが執拗だっただけに非常に納得。


そしてゴジラと兵器と共にこの世から消し去ってしまう
消え去ってしまう博士。

そこには強力な兵器は決して使ってはならないという強い執念
を感じました。


他にも古生物学者山根博士(志村喬)も一見ただのマッドドクター
ですが、ゴジラをただ怖がり拒むより研究するべきというのは
大国に対しての接し方に通じると思います。

テレビ塔と命を共にして「いよいよ最後さようなら」と絶命する
マスコミは久しぶりマスコミの熱いハートを見せてもらった気が
します。

特報では「アメリカ映画を凌ぐ特撮!」と今では想像できない
熱い映画人魂を感じる宣伝が。

こんなにメッセージが熱い映画も見たかなというほどでした。


ヒロインの河内桃子は本当に綺麗な人で(・、・)

彼女のびっくりシーンやその後の彼による説得シーンはなかなか
笑えますがそれも味があって良し(^-^


最近のゴジラにご立腹のご意見もなにか分かる気がしました(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード 2003
2012-08-14 Tue 22:00
監督:水島努
出演者:矢島晶子、 ならはしみき、 藤原啓治、 こおろぎさとみ、 華原朋美
収録時間:92分
レンタル開始日:2005-04-22

Story
テレビ朝日系で放映中のTVアニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版11作目。夕食の焼肉を目前にした野原一家が、突然謎の男に追われ、なぜか指名手配されてしまう。執拗な追っ手から逃げる彼らをさらに報奨金目当ての市民が狙い、絶体絶命のピンチに。 (詳細はこちら

前半はベタながらも結構笑ってしまいました(^^~

なので★五つ行くかなと思ったけどちょっとオチがねえ…。


結局後半にツケを回して突っ走りだしたから期待は膨らむけど
それ抜きにしてもお粗末な落とし方かなあ(・、・)


あのおっさんの見た目といいちょっと笑えなかった(・、・)

けど焼肉はほんとに美味しそうだったなあ(^¬^

リアルシロに大笑いしました(^^~
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆Mr.&Mrs.スミス 2005
2012-08-12 Sun 22:00
監督:ダグ・リーマン
出演者:ブラッド・ピット、 アンジェリーナ・ジョリー、 アダム・ブロディ、 ケリー・ワシントン
収録時間:120分
レンタル開始日:2006-04-05

Story
『オーシャンズ12』のブラッド・ピットと『テイキング・ライブス』のアンジェリーナ・ジョリーが共演したアクション大作。“殺し屋”という素性を隠して結婚した夫婦が、あるミッションで互いの正体を知り…。 (詳細はこちら

アクションも爽快だし話もありきたりでもない感じなので頭空っぽ
で見るにはちょうどいいですね。

ブラピもアンジーも魅力ありますし。


いやあしかしアンジーの御胸様には本当に目のやりどころに困る
(^^;(笑)

またボンデージ?が似合うこと似合うことA^_^;


今まで顔はそんなに…だったけど、この作品はブラピとだからか
いつもより魅力的に見えました。

ビルから降りてスマートにタクシーに乗るシーンがかっこよかった
です。


最後の隠れもしない二人の銃撃戦はバカらしくていいですね( ̄ー ̄)

PS あのバズーカが欲しい(゚д゚)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ストーカー 2002
2012-08-10 Fri 22:00
監督:マーク・ロマネク
出演者:ロビン・ウィリアムズ、 コニー・ニールセン、 マイケル・ヴァータン、 ゲイリー・コール
収録時間:96分
レンタル開始日:2003-06-19

Story
R・ウィリアムズが新境地を拓いたサイコサスペンス。写真屋のサイは常連客の若い母親・ニーナと9歳の息子・ジェイクに思い入れを持ち、その幸せそうな家族写真に固執していた。サイは家族の一員になりたいとう妄想を次第にエスカレートさせていき…。 (詳細はこちら

原題はONE HOUR PHOTOで邦題は結構批判されてました。

まあでも邦題が別なら見てたか微妙なので微妙(^^;(笑)


ストーカーとはいってもいわゆる一方的な恋愛のというのではなく
おじさんのおせっかいが過剰になってという感じですね。

恋愛感情は最後まで無かったと思うし、事件の動機もただの
おせっかい。

彼が…なので確かにやったことは凶悪だが情状酌量の余地ありと
いう感じです。


ストーカーにもいろいろな形があるものだなあという目新しさで
楽しむことが出来ました。

近所のおせっかいなおばさんが雨が振ると洗濯物が濡れるわよ
と知らせてくれるけど、洗濯もの出してるって監視されてるん
かい?という感じの。


ちょっと写真現像カウンターの人には写真をじっくり見られてる
んだよなと少し気持ち悪くはなりましたが(^^;

整形写真の話とか。

PS エヴァが日本語パッケージで売られてて人気なのに驚きました。
フィギュアがかなり印象的に使われ。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆カミュなんて知らない 2005
2012-08-08 Wed 22:00
監督:柳町光男
出演者:柏原収史、 吉川ひなの、 前田愛、 黒木メイサ
収録時間:117分
レンタル開始日:2006-09-22

Story
『さらば愛しき大地』『火まつり』の鬼才・柳町光男監督が、柏原収史、吉川ひなのら若手俳優を主演に迎えた青春群像サスペンス。2000年に実際に起きた少年による老婆刺殺事件を元に、その事件の映画化に取り組む大学生たちの葛藤と苦悩を描く。 (詳細はこちら

大学生の演劇サークルに関わる人たちが気持ち悪い位に生々しく
描かれています。

特に女性がなにがいやらしいってわけじゃないんだけど、すごく
エロティックに描かれていて引き込まれます。

吉川ひなの、前田愛、黒木メイサの魅力が120%出されていると
いって過言じゃなく。

素晴らしい、といっていいほど。


黒木メイサにあえて音を出してスープを吸わせるところなど小憎い
(笑)


その背骨となっているのは本田博太郎演じる教授が「ベニスに死す」
をモチーフにした倒錯した教授でここがぐらぐらぐらついて異常な
世界へと引き込まれていきます。

改めていえば具体的になにが狂ってるでもないんだけど、誰もが
狂って見えるエロさ。


前田愛の役なんて特にリアル過ぎですね(^^;(笑)

妙にムラムラして参りました(^^;(笑)

柏原収史もギラギラした監督役でお見事でした。

終盤の殺人のシーンがちょっと楽なところに逃げてしまった気が
するので★四つですが、巧いなとなかなか唸らされる映画でした。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★砂の器 1974
2012-08-06 Mon 22:00
監督:野村芳太郎
出演者:丹波哲郎、 加藤剛、 森田健作、 島田陽子
収録時間:143分
レンタル開始日:2004-04-24

Story
松本清張原作の社会派サスペンスドラマを、橋本忍と山田洋次の共同脚本で映像化。親子の宿命を断ち切り、音楽家として成功した和賀英良の目の前に、突如封印したはずの過去が突き付けられる。男の意地とトラウマを映像的に見事に交錯させた傑作ドラマ。 (詳細はこちら

レビューを見ると邦画最高傑作という方が多くて驚きました。
いつも終わってから見るので、あらそんなに?と(笑)

重厚だという意見も多いんですが、結構シンプルな娯楽作に近い
プロットだと思います。

クラシックを長尺で使い、回想シーンに綺麗な日本の四季の風景と
悲しい日本古来の人間ドラマ。

絶望からのし上がり栄光を直前にした人間の絶望へのカウント
ダウン。

後半の構成は分かりやすすぎる位のカタルシスの演出でした。


ちょっと日本の四季を出すのは反則では?というのはありますね。
本州一週?というのも少し疑問。


人のレビュー見て分かったけど、ハンセン病についての予備知識
がないと、なぜ和賀英良が三木を殺したのかを始め理解が出来ない
みたいですね。

映画だけ見るとただ過去を断ち切っているかのようにしか見え
ない。


ハンセン病に対しての差別、隔離、人々の偏見は半端ではないら
しくそれは発症してない家族にも凄まじい疑惑の目、監視があった
そうです。

それは近年にまで続いたとか。


だから和賀が三木を殺したのは単に過去をほじくられるからでは
なく、まさにそれ以降に降りかかる偏見を払いのけた意味も持つ
ようです。

お父さんが他人を装うのもその話が分かっているかで大きく意味
は違ってしまいます。

和賀が子供を、出産を嫌悪する理由も。


なので当時も問題は解決した的なテロップには批判があったそう
です。


そうこの映画自体は検閲を逃れるためにこれでもギリギリに
オブラートで包まれた表現だったようです。

最近リメイクされたドラマではハンセン病の存在さえ完全に
隠されたようですが。


映画に話を戻しますが、加藤嘉の演技につきますね。

父親の嗚咽と他人の振りが素晴らしいクライマックス。

まだ親子の頃の放浪の旅も良かったです。

丹波哲郎、加藤剛、森田健作、島田陽子も良かった。

加藤剛と仲居ではもう大人と子供ほど差がありますしね。
仲居にやらせた方が問題ですが(^^;


原作は読んでいませんが、原作はただの推理モノで和賀はただ
犯人でしかないという意見が多いです。

松本清張自ら原作を超えたと絶賛だったそうで。

ふと思うと白夜行も原作では全く犯人のドラマは描かれていない
のでドラマ白夜行のルーツ的作品なのかなと思いました。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆夕凪の街 桜の国 2007
2012-08-04 Sat 22:00
監督:佐々部清
出演者:田中麗奈、 麻生久美子、 吉沢悠、 中越典子
収録時間:118分
レンタル開始日:2008-03-28

Story
田中麗奈、麻生久美子共演、佐々部清が監督を勤めたヒューマンドラマ。昭和33年、復興が進む広島、原爆で生き残ったことに後ろめたさを感じ幸せなことから逃げてしまう皆実と、現代の東京で生きる彼女の姪が自分や家族を見つめ直す姿を描く。 (詳細はこちら

期待が大きかっただけにどうしてもチェックするような視線になっ
てしまうのかもしれないけど、ちょっと思ったほど…でした。

原作を見ていなければセリフが胸に刺さったとは思いますが。


それが発信されたという意味では非常に価値はあるとは思いますが。

死んだ方がいいと思われたとか、また一人殺せたとちゃんと思って
くれてる?とか。

なんかちょっと淡々としてたかな(・、・)


麻生は厳しいようですが、もう少し天真爛漫というか、ささやか
ながら湧き上がる生命力みたいなものを前半は前面に押し出して
欲しかったですね。

生命力があるからこそそこにささったトゲのような後遺症が辛い
ものになるから。


少しはねるように、生きることが楽しくて仕方ない、そんな歩き方
かな。


重くのしかかるものも押しのけて払おうと人の生命力の強さという
か。

それが七波と皆実を結びつける血を感じることに繋がると思うけど
それが意識されてなかったようで残念です。


イメージしていたよりは最初からずっと弱々しい皆実でした。


一方の田中麗奈はちょっと眉毛の化粧が濃すぎてそこが気になって
しまった。

なんかいつもより濃くないかい?というほど。

それも七波と皆実を遠ざけてしまった要因になった気がします。


まあでも全体的には丁寧に作られていて良かったんじゃないで
しょうか?

麻生も誉められる演技だとは思いますし。


子供の頃の京花ちゃんの小池理奈がいい味出していたと思います。

爆撃した人やその親族には見てもらいたいものですね。


あと、『父と暮せば』の宮沢りえの役が後ろ向きだった意味がよく
分からなかったけど、これはよく分かりました。

まあ、これは妹が…というのがありますが。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ワルボロ 2007
2012-08-02 Thu 22:00
監督:隅田靖
出演者:松田翔太、 新垣結衣、 福士誠治、 木村了
収録時間:109分
レンタル開始日:2008-03-14

Story
ゲッツ板谷の半自伝的小説を松田翔太と新垣結衣共演で映画化した青春グラフィティ。勉強一筋のコーちゃんは、幼馴染みで不良のヤッコの頭突きを受けてブチ切れ、大暴れ。それを境に不良に転身し、他校との喧嘩三昧の日々に突入していく。PG-12作品。 (詳細はこちら

ちょっと爽やかなビーバップかな。

爽やか過ぎて逆に、もっと血なまぐさいものだぜというのはあり。


自伝的なものなのでどうしても綺麗に書いてしまうんでしょうが。

でも、なぜぐれたのかとカタルシスのあるオチ。

あと好きだった彼女(新垣結衣)との関係は綺麗にまとまっていた
とは思います。

新垣結衣はこれなんか見ると上手いんだなと思いました。
なにより可愛いし(^-^


松田翔太と福士誠治の雰囲気も良かったし、ピエール瀧や高部あい
も良かったです。

あとビーバップの仲村トオルはやっぱり嬉しいですね(笑)


短ランはともかくボンタンや洋ラン、長ランがあまり出てこない
のは今時に合わせてなのかなとちょっと寂しく(^^;

敵がただの開襟だったり坊主だったりで、全然剃りこみが入って
いないのも寂しい限り('~`;)

PS 中三だと思い出す度に無理あんだろと(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0
| ムービースタリオン |