映画やドラマの感想です
★★★★☆サーカス 1928
2013-01-29 Tue 22:00
監督:チャールズ・チャップリン
出演者:チャールズ・チャップリン、 マーナ・ケネディ、 アラン・ガルシア、 ハリー・クロッカー
収録時間:69分
レンタル開始日:2005-05-18

Story
チャップリンのスラップスティックコメディの集大成とも言える作品。ひょんなことからサーカス団に入ることになった男の姿をコミカルに描く。 (詳細はこちら

チャップリン初期の作品でまだ説教臭さがなく、結構笑わせて
もらいました。

サーカスが題材なので、チャップリンにはぴったりの題材ですね。


どうやって撮ったのか本当に不思議なのはライオンや猿、馬との
共演。

合成してるようには見えないからなあ(・、・)

ライオンも始めヌイグルミかと思ったら動いてたし(^^;


鏡のシーンと人形の真似はもう天才としか言いようが無いほどの
素晴らしさでした。

鏡のシーンなんてどれだけ時間かけて動きを練ったことやら。
(チャップリンは完璧になるまで練習の鬼だったそうですから)

笑える度では今まで見たチャップリン作品で最高のような気が
します。

惜しむらくは後半がちょっとごちゃごちゃとしてトーンダウン
してしまったこと。 後味が悪いので★四つまで(^^;

ちなみにこのキューピット話が寅さんの元ネタ説が(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆鯨とメダカ 2008
2013-01-26 Sat 22:00
まあ予想通りの展開と言えば展開でしたが、田中・志田は魅力
あっていいんじゃないでしょうか。

田中邦衛はやっぱり社長って感じじゃなくて、むしろ今までよく
社長業をやってこれたなという気もしましたが(・、・)

志田はやっぱりちょっと背が伸び悩んでいるのか、なんかピンク
の電話を彷彿とさせるところがありますね(^^;

大人になるとぽっちゃりしてくるからガリガリのごぼうみたいな
方が大人になるとい綺麗な女優になるような気がします(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★少林サッカー 2001 二回目
2013-01-23 Wed 22:00
監督:チャウ・シンチー
出演者:チャウ・シンチー、 ン・マンタ、 ヴィッキー・チャオ、 ウォン・ヤッフェイ、 ティン・カイマン
収録時間:109分
レンタル開始日:2002-11-22

Story
チャウ・シンチー監督による、サッカーと少林拳という意表をついた組み合わせに、ワイヤーアクションを融合させたサッカーエンターテイメント。少林拳の布教に励むシンと、元サッカー選手・ファンが結成したサッカーチームの戦いを描く。 (詳細はこちら

前見た時ほどは当然、笑いも感動も弱まりましたが、何度も見たく
なる爽やかさがいいですね。

個人的には太極拳は最強の拳法であると思っているので、あの終盤
のキーパーのキャッチは感動物です。

けど、どう見てもキャプテン翼とドラゴンボールを足したような
作品に見えるので、火山高といい、なぜ日本で作れなかったかな
と思います。

といってもこの作品も一体いくらかかっているのやら(^^;

PS 俯瞰のシーンはどうやって撮ったのか不思議。 クレーンて
あんなに動くものなんですかね(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆相棒~名コンビ誕生篇 2008
2013-01-20 Sun 22:00
前から気にはなっていたけど、初相棒。

思っていたよりはキャラに魅力もないし、話も安っぽくて今一つ
でした。

踊る大捜査線の青島と室井をこじんまりとさせたような。

特に水谷はともかく寺脇のキャラはもう少し魅力的な味付けが
あっても良くないだろうか?と。

けどあの辺の枠の刑事ものってちょっとしたチープさが逆に心地
いいというのも分かるので根強いファンがいるのでしょう。

脚本は二転三転はさせているけど、ネタ的には…。

久しぶりに熱中時代が見たいなと思う今日この頃(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★亀は意外と速く泳ぐ 2005 二回目
2013-01-17 Thu 22:00
監督:三木聡
出演者:上野樹里、 蒼井優、 岩松了、 ふせえり
収録時間:90分
レンタル開始日:2006-01-25

Story
『イン・ザ・プール』の三木聡監督・脚本、『スウィングガールズ』の上野樹里主演による、ゆるいテンションの脱力コメディ。ごく平凡な生活を続ける主婦・片倉スズメは、ある日「スパイ募集」と書かれた張り紙を目にし、スパイとして働くことにするが…。 (詳細はこちら

これもやっぱり好きですね(^-^

三木監督では一番好きかも。

昔、小さい時、近所にはきっとスパイがいると思ったのを思いだ
させてくれます。

ローカルな町も好きな雰囲気(^-^

ラストフレンド見てからこれ見ると上野ってやっぱり面白いなと
思います(^-^

何度か見たくなる爽やかさ。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★CURE 1997 二回目
2013-01-14 Mon 22:00
監督:黒沢清
出演者:役所広司、 萩原聖人、 うじきつよし、 中川安奈
収録時間:111分
レンタル開始日:2005-01-28

Story
『アカルイミライ』の黒沢清が監督と脚本を手掛け、役所広司が主演を務めたサイコサスペンス。連続猟奇殺人事件の捜査をしていた刑事・高部は記憶喪失の男・間宮を尋問する。だが彼の不気味な話術に翻弄されるうちに事件は予想外の方向に迷走し始める。 (詳細はこちら

改めて見るとすごく見やすくてさっぱりした映画で、改めて好き
だなあと思いました。

サイコで鬱々としてるけど何度か見たくなる爽快さもある不思議な
映画。

役所広司・萩原聖人・うじきつよしがいい味出してますね(・、・)

終盤の吹雪っぽい音は2001年宇宙の旅の終盤の音に似てるなと
思いました。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆日本の黒い夏-冤罪- 2000
2013-01-11 Fri 22:00
監督:熊井啓
出演者:中井貴一、 寺尾聰、 細川直美、 北村和夫、 遠野凪子
収録時間:119分
レンタル開始日:2003-12-19

Story
1994年6月に実際に起きた“松本サリン事件”を題材にした社会派ドラマ。第1通報者が殺人容疑で家宅捜索されたことで、まるで犯人のように報道され冤罪を着せられてしまったことの全貌を、マスコミや警察捜査の在り方を鋭く問いながら描き出している。 (詳細はこちら

“松本サリン事件”を題材にしたマスコミと警察に犯人に祭上げ
られ冤罪の苦しんだ人の話。

サリンの発生ポイントのすぐ側に住んでいて、薬に詳しかった
ということで犯人に。

たまたま、その後地下鉄サリン事件などの続く事件があって、そこ
での犯人が余罪を自白したから良かったものの、それがなければ
今ごろ実刑判決を受けていたのではなかろうかという話です。


最初に記者が質問した医者がいい加減に、素人でもバケツ一つ
で作れると言ってしまったが為にそれでマスコミも警察も動いて
しまうというのは本当に杜撰だなあと思いました。


後日、とんでもなく、作成にはかなりの工程が必要で何時間も
かかり、素人が作れる代物ではないと分かっても警察はその
メンツから聞く耳持たず。

奴には年越しそばを食わせるなという言葉が合言葉になっていた
と聞くと本当におぞましいことだなと思いました。


マスコミはマスコミで他社に先を越されてはいけない仕事だからと
曖昧な根拠で他社を出し抜くスクープばかりに注力。

また、反警察的な報道をすると、スクープを教えてもらえなくなる
とまるで警察の飼い犬。


金にならない一市民の冤罪など、自分たちで生み出していても
仕方が無いの一言で切り捨てるのですから理不尽なものです。

とまあいろいろ考えさせられる価値のある映画だと思います。
ただちょっとぬるい演出が感じられ、★四つまで。

PS 実際のモデルになった方のインタビューもあるとデタラメな
映画でもないんだなと感じられて良いです。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆世にも奇妙な物語 SMAPの特別編 2000
2013-01-08 Tue 22:00
出演者:SMAP、 矢田亜希子、 大杉漣、 桜井幸子
収録時間:130分
レンタル開始日:2002-08-23

Story
2001年の元旦に放送された「世にも奇妙な物語 SMAPの特別編」をDVD化。メンバー5人それぞれが一つのエピソードを演じ、個性を生かした構成になっている。作品を監督するのは、CMや映画の分野で活躍する石井克人始め、豪華なメンバーが揃っている。 (詳細はこちら

最近の作品に比べると格段に出来がいいという声があり、実際
確かにそうでもあるんですが、予算、時間は何倍違うんだろ
って気もしますよね。

あの頃の広末・矢田・桜井とスマップのツートップなら、月9
でも文句無しのキャストですからね。

通常なら名前知ってるか知ってないかレベルの女優さんになる
と思うけど、そうなると大分印象が違うわけで。


あと希木が出てあの演技されてたらもうそれだけで面白くなり
ますからね。

大杉連も豪華すぎ。


あと、稲垣のロケは通常会では考えられないでしょ。
希木と志賀の掛け合いも相当時間かけて撮ってそう(・、・)


「エキストラ」
所詮台本からな逃げられないという悲劇的な話にも見えますが
台本は複数存在していて勇気を持ってより望む人生(台本)を
選択することも出来るというハッピーエンドにも見えますね。


「13番目の客」
少し前に見た天使のくれた時間にプロットが極めて似てますね。
ちょうどこの作品の少し前に上映されてますから、元ネタに
なった可能性が大きい気がします。

ただ最後のオチをうやむやにして無理やり逃げた風に見えます。
普通なら、携帯の部下に「任せるよ」と吹っ切れた表情で伝え
携帯の電源切ったり捨てたりするのが王道でしょう。

草薙の役についてはかろうじて、急激な環境の変化に怖くなって
パニックと好意的な解釈も出来ますが、郵便局員の大杉に何が
あったかの解釈は難しく。

ルーチン業務、年功序列、庶民的生活と郵便局員がショックを
受けるほどの物が床屋にあるとは思えませんから。

職人系へのベンチャー企業社長の転職てそんなに無くはないと
思うから草薙の方のパニックもよく分からない(・、・)


「BLACK ROOM」
まあ前述しましたが、希木と志賀にあの演技をさせ、我修院を
ああ登場させればそれだけでね(^^;


「オトナ受験」
これは一番オーソドックスですね。

広末もぴったりのキャスティング。

連ドラ主演級出演しまくりの広末をこんなちょい役で使えればね。


電車のマナーを注意できないと大人失格っていう感覚は今とは
随分違うのかなとは思いましたね。

そういえばホカベンで満員電車の停車時の出る人の通り道を塞ぎ
肩をぶつけられた高校生がキレて、大人が出る人が出てから
入るのが常識でしょ?と返したら押して鉄柱に頭をぶつけて
大人が死ぬという話がありましたが、今はうかつに注意するな
なんでしょうね。


「僕は旅をする」
あえて最後にしましたが、幽霊なのか妄想なのかという可能性に
対しての自由度が高い一方でナレーションやセリフでの補足が
少ないので、非常に解釈が分かれる作品です。

ちなみに原作には兄弟の禁じられた恋という要素はほとんどない
んだとか。

なので解釈してみようコーナー。

まず、鞄が空中浮遊してたという解釈は排除。

まあそう解釈してもいいんですが、それではあまりになんでも
ありなので。

500mに渡って飛び散ったとはいえ、首はともかく洋服が発見
されないというのは不自然すぎる。

また、姉がガイドブックを置いていくというのが不自然。

それと線路で鞄を奪い合うシーン。

ここから少なくとも稲垣は事故直後の首、洋服、ガイドブック
を回収したという解釈することが出来そうです。

つまり元々鞄はあの部屋に最初からあったと考えられます。

それらが稲垣の意思ではなく、死んだお姉さんが稲垣を操って、
無意識にさせていたという解釈がまず第一段階です。


第二段階ですが、実は死んでいるのは稲垣だった説です。

これへの伏線はまず第一に異母姉と姉が似過ぎている(一人二役)
点です。

異母姉が姉と一晩一緒にいて顔を覚えていないというのはあれだけ
顔が似ていれば不自然すぎるのです。

ついでに旅館の人が姉の顔を覚えていないのも不自然すぎる。


勿論、彼らが首の無い姉の幽霊を見ていたからで説明はつくの
ですが、それにしては電話があったり、キャンセルしたり
といろいろリアルなやり取りをしすぎていて解釈が苦しいのです。


実は稲垣が死んでいて、リアルに生きている姉をリアルには事故死

している自分に置き換えて姉を追いかけて旅をしていてると考える

ればその辺りは解決するのです。

最後やかんの火をつけっぱなしでお茶を入れたり、土産話でも
聞きながら一緒に飲むのも自然なのにお茶を一つしか入れない
のも若干不自然。

さいごの描写と絡め完全に姉の死を自然に受け入れていたのに
旅行していたことになるのです。(そこがオチで面白いわけですが)


最後に死因ですが、最後のやっと帰ってきたねから極めて束縛欲
が強いことが伺えます。

出て行く姉を見ているシーンが印象的に何度か使われているところ
を見ると姉を行かせたくなくて姉の後をすぐに追いかけたと考える
のは容易です。

そして行かせたくない気持ちの強さで、踏み切りで姉を押して
事故に合わせ殺してしまったという可能性が示唆されていると
思います。

逆に姉を行かせたくないあまり、踏切を慌てて渡ってしまい、
弟が事故にあったとも。


とまあ解釈の余地は広がっていって面白い作品だと思います。

まあ桜井があの役としては非常にミステリアスで魅力あるし、
稲垣も色気がありこれまたミステリアスな魅力があったと
思います。

ロケ地や脇役の豪華さも大きく底上げしていますが。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★わらの犬 1971
2013-01-05 Sat 22:00
監督:サム・ペキンパー
出演者:ダスティン・ホフマン、 スーザン・ジョージ、 ピーター・ヴォーン、 ピーター・アーン
収録時間:117分
レンタル開始日:2004-07-23

Story
英国の片田舎に引っ越して来た物理学者・サムナーとその妻。無抵抗主義のサムナーは、精神薄弱者をかくまったことから村人と対立。暴徒と化した村人に対し、内に秘めていた暴力衝動を解放していく。 ダスティン・ホフマン主演のバイオレンス。 (詳細はこちら

これは凄まじいです。

人間の闇をはっきり描き出しているような…。

最初は分かりにくく、というかあまり集中して見れず二回見て
大分意味が分かりましたが。

ちょっとした苛立ちや侮蔑からの憎しみが増大して大爆発。

つまらないプライドの為に大爆発してしまう主人公。

皮肉にも男女間て、自分に無いものを求めようとする本能みたい
なのはありますからね。

そこが逆に苛立ちや憎しみを生むことも多々(・、・)

解説では狂気の住人に追い詰められて的なものもありますが、
酔っ払ってこそいるけど、娘が消えてしまえば、あの爺さんの
憤りは自然な気もします(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ブレードランナー 最終版 1992
2013-01-02 Wed 22:00
監督:リドリー・スコット
出演者:ハリソン・フォード、 ルトガー・ハウアー、 ショーン・ヤング、 ダリル・ハンナ、 エドワード・ジェイムス・オルモス
収録時間:116分
レンタル開始日:2002-07-05

Story
リアルな近未来象を描きカルト的人気を得た「ブレードランナー」。それから10年後に公開となった本作は、リドリー・スコット自身が“これが本当にやりたかった事だ”と語る完全版。植民惑星から4体の人造人間=レプリカントが脱走した。彼らの捕獲を依頼された“ブレードランナー”デッカードは、地球に潜入したレプリカントたちを追うが……。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意!※※※

3回見たけど…よく分からないorz

近未来モノへ大きな影響があったらしく、日本へのリスペクトから
やたら変な日本が出てきます。

その解釈については当時かなり物議を呼んだ様で、レビューを
見てもその解釈は認めるだの認めないだのと今尚。

バージョンがいくつもあって、確認できるだけでも
劇場公開版・完全版・最終版・Finalcut です。

で劇場版はその名の通り劇場公開された時のバージョンらしく、
ナレーションが多くて分かりやすく、ラストもハッピーエンド
テーストなんだとか。


その後、当初、完成していたが、配給側にこれでは分かりにく
すぎると却下されたバージョン。

さらにその辺をもっとつめたバージョン。

そして最近出た・出るのがデジタルリマスター版。

つまり劇場版からディレクターズカット版に進めば分かりやすかっ
たのですが、最初に難解な方を見てしまったようで…orz

しかも古いからよく言えば落ち着いた感じの映像ですが、
はっきり言って見難い(^^;


でなんでも、主人公もレプリカントだったという解釈は監督が
途中で、新しいバージョンが出来る時に追加したらしく、主演の
リチャードギアとはその点で長期にわたり不仲になったんだとか。


本人にしてみればまさに「聞いてないよ~」なので怒る気持ちも
分かる気がします(^^;

とりあえず難易度の低い劇場公開版か、非常に見やすくなったと
言われるデジタルリマスター版を見てみたいなと思います(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
| ムービースタリオン |