映画やドラマの感想です
★★★☆☆キンダガートン・コップ 1990
2014-07-29 Tue 22:00
監督:アンヴァン・ライトマン
出演者:アーノルド・シュワルツェネッガー、 パメラ・リード、 リンダ・ハント、 リチャード・タイソン
収録時間:111分
レンタル開始日:2003-08-22

Story
『ターミネーター3』のアーノルド・シュワルツェネッガー主演の刑事コメディ。ロス市警のキンブルと同僚オハラは犯人の手がかりを求め、妻と子供がいるオレゴン州へ向かう。オハラが体調を崩してしまい代わりにキンブルが向かった先は幼稚園だった。 (詳細はこちら

結構評判いい気もしたけれど普通かな。

幼稚園の先生になるという話。

アーノルド・シュワルツェネッガーが結構素なんですよね。

もっとコメディ演技が見れるのかと思いきや。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆インナースペース 1987
2014-07-26 Sat 22:00
監督:ジョー・ダンテ
出演者:デニス・クエイド、 マーティン・ショート、 メグ・ライアン、 ケヴィン・マッカーシー
収録時間:120分
レンタル開始日:2002-09-06

Story
“ヒューマン・スモール計画”の成功を担ってウサギの体内に入るはずだったパイロット・タックが、スパイの急襲によって、通りすがりの若者・ジャックの体内に紛れ込んでしまったことから巻き起こるドタバタを描いたSFXアドベンチャーコメディ。 (詳細はこちら

前から少しだけ気になっていたんだけど。

『ミクロの決死圏』(66年米)という元ネタがあるとか。

小さくなって人の体の中に入っていくという話。

まだCGがないからか、体内のシーンはほんの少しだけで、普通の
アクション映画みたいな感じですね。

それでも顔が変形する映像は面白かったですけど。

あとトラックに宙ぶらりんになるシーンも良く出来てた(・、・)


こういう作品こそ、CG使い放題の今作るべきでは?

メグ・ライアンがまだ小娘みたいで逆に可愛らしい気がします。

PS いくら彼が体内にいてもキスする気になるかな(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★菊次郎の夏 1999
2014-07-23 Wed 22:00
監督:北野武
出演者:ビートたけし、 関口雄介、 岸本加世子、 吉行和子
収録時間:137分
レンタル開始日:2002-10-25

Story
北野武監督がバイオレンス路線を排して挑戦したヒューマンドラマ。祖母と暮らす小学3年生の正男は夏休みを利用し、会ったことのない母親に会いに行こうとする。無職の中年男・菊次郎の妻は、そんな正男を心配し、菊次郎に正男の旅を同行させる…。 (詳細はこちら

久石譲の心地よい音楽が非常に強力で透明感のある濃度の低い
絵作りと相まって心地いい映画でした。


グレート義太夫、井手らっきょとの絡みなどたけしも素に近く
自然なふるまいに見えました。

義太夫と井手を馬鹿野郎!と怒鳴りながら彼らに滑稽なふるまい
をさせる辺りはほんとまんまでしたからね。

日本人は知ってるけど、知らない外国の人からしたらこれは
びっくりするかも。


あと途中で使われた微妙に起伏のある長い真っ直ぐな道。

雑多な畑や緑の中にある道がとても印象的でした。

ロケハンもよくぞだし、構図もよくぞと思いました。

最後、少年が去っていくシーンの一回画面から出して、また
入ってくるという構図にはなかなか唸らされるものがありました。

あまり期待せずノーマークでしたが、かなりの良作だと思います。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆インデペンデンス・デイ 1996
2014-07-20 Sun 22:00
監督:ローランド・エメリッヒ
出演者:ウィル・スミス、 ビル・プルマン、 ジェフ・ゴールドブラム
収録時間:145分
レンタル開始日:2001-07-05

Story
宇宙センターで衛星アンテナが奇妙な音をキャッチした。報告によると、質量が月の4分の1もある巨大な物体が地球に接近しつつあるという。その正体は異星人の宇宙空母であった。彼らは人類への攻撃を開始し、主要都市は一瞬にして廃墟と化す。絶滅の危機にさらされた人類は、ついに史上最大の作戦を開始する! (詳細はこちら

いつもの、制作費で圧倒ハリウッドという感じですね。

でも日本軍がものすごくしょぼかったですが(笑)

お都合やアラが多すぎる気がします。


ちょっとよけるだけでトンネルで火はよけられないだろとか。

イナゴってあんだけすごいUFO作れてどんだけローテクなんだよ
とか。

コンピュータウィルスなんてどんだけセキュリティ甘いんだよ
とか。


カウントダウンにしてもわざわざ待ってくれ過ぎだろとか。

小型UFOといい地球の戦闘機にやられ過ぎだろとか。

主砲は発射まで時間掛かり過ぎだろとか。

どんだけ燃えやすい材質なんだよUFOとか(笑)


あと町が吹っ飛ばされた的なシーンがあったけど、まんま原爆
だけど広島長崎の写真の方がはるかに悲惨だったな(^^;

ビルとかまだ残っていたもの。

UFOのデザインといい展開といい宇宙戦艦ヤマトに似てるなあと
うっすら(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆本当にあった怖い話 2008
2014-07-17 Thu 22:00
★☆☆☆☆「危難の山」
らせんも特に意味も無く、怖い顔だけで驚かすという最近の
悪しき本怖ドラマの典型的パターン('~`;)


★★★☆☆「路上の思い」
どんな人気の無い山奥の道でも赤信号を無視する気にはなりません
が無視する人もいるか(^^;

あまり脅かしに頼らずしんみりと切ない演出なのは良かった。


★★★☆☆「K町のマンション」
話自体はベタですが、赤ちゃんを出すことで一応変化を付けた
つもりでしょうか(^^;


★★★☆☆「病人の住人」
物自体にというのは少し新鮮だったかな(・、・)
ローサメインと思ったけど、意外とローサと岩佐が五分五分の出番
でしたね


★★★★☆「着信履歴」
心霊スポットで友達を置いて車を出してしまうというのはまあまあ
面白かったです。
けど昔の霊が携帯を使えるものか?…なんて(笑)

しかし、木の下にいっぱい霊がついていると聞いて、自分はどう
なんだろと少し怖く(^^;

霊の写るプリクラなんてあったらいいのに(^^;(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆リトル・プリンセス 1995
2014-07-14 Mon 22:00
監督:アルフォンソ・クアロン
出演者:リーセル・マシューズ、 リーアム・カニンガム、 エレノア・ブロン
収録時間:98分
レンタル開始日:2000-04-21

Story
家族との幸せな生活から突然孤児となった少女セーラ。その逆境の中でけなげに、自分らしく生きようとする…。世界中の誰もが愛した、あの少女セーラが、文学の世界から飛び出し、美しい映像の世界で清々しい感動を呼び起こします。「マディソン郡の橋」のリチャード・ラグラヴェニーズ脚本、1万人の中から選ばれたセーラ役のリーセル・マシューズの素晴らしい演技と、ロスアンゼル批評家協会賞を受賞した幻想的な美術と音楽が、観る人の心に感動を呼び起こす愛と希望のファンタジー。 (詳細はこちら

「小公女セーラ」って特に見た記憶が無かったので見れて良かった
です。

期待してなかったけど、結構、いろいろカラフルで綺麗な世界に
描かれていて飽きませんでした。

主役の女の子も十分魅力的だと思います。

インドの不思議な感じが特に良かったかな(・、・)

まあ原作ファンだと物足りないかもですが、入門編みたいな自分
にはちょうど良かった(^-^
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆霧の火 -樺太・真岡郵便局に散った9人の乙女たち- 2008
2014-07-11 Fri 22:00
こういう事実があったことは知らなかったし、北方の戦いも記憶
から抜け落ちていたので、やってくれたことは大いに意味があると
思います。

ですが、シナリオのお都合主義が、史実を書き換えそれが意味を
変えてしまったのがどうにも。


青酸カリを飲むまでの心境の変化、過程がどうにもよく分からない
んですよね。

実際は非番の三人が助かっただけで後は亡くなっているそうです。

それが作品だと実質、死のうと呼びかけた本人がなぜか生き残って
しまう。

あれではずるい臆病者と思われても仕方ないですよね。

現に生き残っておられる方がそういう目で見られないか心配です。


あと白石演じる班長?一度取り上げておいて配った心境の変化も
よく分からず(・、・)

このあたりは肝だと思うのでしっかり描いて欲しかったです。

ちなみにあの名文句も後で作られたらしいですね(^^;
確かにあんなこというのもおかしいですからね(^^;


あと地図やあの時の状況はもっと説明を入れて欲しかったと思い
ます。

どういう状況かよく分からないですから。

自分みたいなのはネットで補完するからまだいいですが。


広島に原爆が落とされ、東京他爆撃は自在に行なわれるように
なりほぼ終戦は確実の状況で8/8ソ連が宣戦布告。

8/15正午 玉音放送にてポツダム宣言受諾による終戦を公表し
ても、ソ連はこれ幸いと北方からの侵攻をさらに激しく。

ほとんどアメリカに戦わせておいてで死に体になった途端に襲い
掛かるというのは確かに泥棒呼ばわりされても仕方無い。

ただ一説には玉音放送の内容自体は降伏する内容ではなく、
その後も軍は戦闘体制、命令を出していたとも。

樺太は少なくとも江戸時代あたりから日本が主に治めていたら
しいのでまあ日本の領土といって良さそう。


あと判断が難しいのはレイプですが、一応、あの三人にはレイプは
無かったとされているそうです。

まあでもここも泣き寝入りが多いレイプですから、現にソ連兵に
よる略奪、レイプはかなりあったそうなので、あったとする作品
で問題はないかと思います。

ちなみにソ連の日本侵攻は主に囚人兵によって行なわれたそうで、
その為にモラルが低いんだという説も。

ヨーロッパでもソ連兵は別格でモラルが低く略奪レイプで恐れら
れたとか。


まあその背景には、ソ連がものすごく戦死者が多く、囚人兵に
依存しなければいけないほど苦しかったとも言えるわけですが。

第二次世界大戦ではソ連と日本の戦死者は別格に多いですから。


日本とソ連の兵器は非常に貧弱で、日本の兵器は棺おけと揶揄
されてましたし。


話は長くなりましたが、いろいろ勿体無い点、しっかり描いて
欲しい点はありましたが、一応そんな単純な日本批判でもない
ので姿勢はまあまあ良かったと思います。

福田はこういう頃の若い女の子としてはどんぴしゃのルックスで
演技もなかなか良くてよかったと思います。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ディープ・インパクト 1998 二回目
2014-07-08 Tue 22:00
監督:ミミ・レダー
出演者:ロバート・デュヴァル、 モーガン・フリーマン、 イライジャ・ウッド、 ヴァネッサ・レッドグレーヴ
収録時間:121分
レンタル開始日:2001-12-21

Story
巨大隕石の地球直撃によって巻き起こるパニックを通し、人間の本質をドラマティックに描く群像劇。ホワイトハウスのスキャンダルを追っていたジェニーだが、1年後に未知の巨大隕石が地球へ直撃することを知る。政府は軌道を逸らす策を弄するが…。 (詳細はこちら

前見た時はもっと面白かった気がしたけど、あの時はアルマゲドン
との比較があったからかも。

まあ普通~という感じですね。

題材の割りにはインパクトが無い。


でもまあそこそこは楽しめるので★三つかなといういかにも
ハリウッド的な金で底上げ映画かな(・、・)

脚本がどうもうまく絡んでないですよね(・、・)

演出のせいかな(・、・)


外国がほとんど出てこないのはちょっとがっかりかな。

今思うと日本沈没の函館大津波のシーンがそっくりですね( ̄ー ̄)


ティア・レオーニは"天使のくれた時間"ではぽっちゃりというか
逞しさすらあるボディでしたが、ちょうどこの頃結婚してるん
ですね

"天使のくれた時間"のイメージがあったので細くて驚きました。

どっちも好きですが(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★コン・エアー 1997
2014-07-05 Sat 22:00
監督:サイモン・ウエスト
出演者:ニコラス・ケイジ、 ジョン・キューザック、 ジョン・マルコヴィッチ、 スティーヴ・ブシェミ、 ビング・ライムズ
収録時間:116分
レンタル開始日:2000-12-20

Story
凶悪犯罪者を護送する専用機―― 人はそれを《コン・エアー》と呼ぶ。 「ザ・ロック」の製作ジェリー・ブラッカイマー&主演ニコラス・ケイジが再び手を組み放つ、“史上最悪のエア・ジャック”。ドラマチックでエキサイティングな、まさに驚愕のアクション・エンターテイメントが誕生した! 不幸な事件から殺人の刑を受けたキャメロン・ポー(ニコラス・ケイジ)は過酷な刑務所での8年間を耐え、模範囚として釈放を手に入れた。服役中に生まれた娘の8歳の誕生日に、故郷アラバマまで彼を移送する《コン・エアー》に乗り込むが、それは新たな悪夢の始まりとなた。そこには、冷酷な知能犯サイラス・グリサム(ジョン・マルコビッチ)をはじめとする囚人たちが、新設の凶悪犯専用施設に移送されるため同乗していた・・・。 (詳細はこちら

あまり期待してませんでしたがド派手なアクションが振り切れて
ますね(笑)

終盤ちょっとくどい気もしましたが、とことんやれよと(^^;

ジョン・マルコヴィッチの役の終わり方が酷い終わり方でびっくり
しましたが(笑)

ニコラス・ケイジの主人公がやけに情に厚すぎるのと、主人公の
妻と娘が、やけにけなげにただ待っていたのは苦笑ものでしたが、
アクションをメインにして、後は符号化するというのは集中できて
良いと思います(・、・)

しかしメイキングが見てみたいものです。
企業秘密でしょうが(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 2007
2014-07-02 Wed 22:00
監督:庵野秀明、摩砂雪、鶴巻和哉
出演者:緒方恵美、 三石琴乃、 林原めぐみ
収録時間:98分
レンタル開始日:2008-05-21

Story
社会現象を巻き起こした「エヴァンゲリオン」シリーズを全4部作として新たに製作した劇場版第1弾。14歳の碇シンジは、特務機関・NERVの最高司令官の父・碇ゲンドウから、人造人間・エヴァンゲリオンのパイロットに任命され使徒と戦うことに。
(C)カラー・GAINAX 画/貞本義行 (詳細はこちら

エヴァって一過性の流行かと思ったけど、改めて見るとやっぱり
演出が上手いですよね。

ぐいぐい引き込まれますもんね。

まあマニアなどとんでもなくファンを名乗ることさえはばかれる
程度しか見てませんのでなにがどう変わったとかは気にしてません
が。

一つ勿体無いと思ったのはエヴァの獣化が早すぎるトコかな(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
| ムービースタリオン |