映画やドラマの感想です
★★★☆☆ジャングル大帝 勇気が未来をかえる 2009
2018-01-30 Tue 22:00
監督:谷口悟朗
出演者:時任三郎、 松嶋菜々子、 川田妙子、 矢島晶子
収録時間:106分
レンタル開始日:2010-03-17

Story
手塚治虫生誕80周年を記念し、日本初の長編カラーアニメである人気作をスタッフ・キャストの装いも新たにアニメ化。人工のジャングル“ネオジャングル”を舞台に、ジャングル大帝を目指す白ライオンの子供・レオと少年・賢一の冒険を描く。 (詳細はこちら

雄大な自然がジャングル大帝の良さの様な気がするのですが、それ
は人工の島で人間に作られ管理された自然という設定なのでその
良さはがなくなってしまっているのは寂しいですね。

そんな状況でパンジャに「人間には勝てない」と言わせてしまうの
もつらい(ノ_・、)

まあお約束の展開ですが子供向けと考えればこんなものでしょう
か。

賢一君がなぜ動物と話せるのか?の掘り下げがなかったのは
ちょっと都合よすぎな感じもしましたが。

時任、松嶋、小倉、船越の俳優声優陣は良かったと思います。

絵ではエライザがひょうみたいでライオンらしさと母性が今ひとつ
出てなかった気がしたのは残念でした。

あとひげのおやじとか馴染みの手塚キャラが出てなかったのも少し
残念でした。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★☆☆☆気骨の判決 2009
2018-01-27 Sat 22:00
重厚で骨太というやつですかね(・、・)

全然頭に入ってこないので二度見ました。

私の力不足のせいではあると思いますがもう少しメリハリを持たせ
た、とっつきやすい作りにした方が良かった気がします。

いつかまた再チャレンジして見たいとは思いますが(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆クルーエル・インテンションズ 1999
2018-01-24 Wed 22:00
監督:ロジャー・カンブル
出演者:ライアン・フィリップ、 サラ・ミシェル・ゲラー、 リース・ウィザースプーン
収録時間:97分
レンタル開始日:1999-01-01

Story
マンハッタンの豪壮なタウンハウスに住むキャスリンとセバスチャン。名門進学校に通う義理の兄妹であるふたりは、飽きるほどお金にも贅沢にも浸りきり、欲望のおもむくままに生き、色恋の裏表にも通じている。今2人は、他人に仕掛ける恋の陰謀と互いの恋の駆け引きでじらし合い、挑発しあっている…。頽廃的な中年貴族の世界を現代の若者たちのあいだに蘇らせたセクシャル・ラブ・ストーリー。 (詳細はこちら

二大オチの伏線がそこまで強調せんでも…というくらいでバレバレ
だったですね(^^;

話としてはまともに読んだことは無いですが女性週刊誌のエロ漫画
みたいだなと思いました(^^;

で見慣れてないのとテンポが速いのがよくてそこそこ楽しめまし
た。


三人の女の子がすらっとしてスタイルがよくほどよく、エッチな
映像がてんこ盛りなので目の保養にもばっちり( ̄ー ̄)


主役のキャスリン(サラ・ミシェル・ゲラー)よりはアネット
(リース・ウィザースプーン)の方が可愛いなと思いました。

まあ話の筋としてはそれで正しいのですが(・、・)


セシル(セルマ・ブレア)の世間知らずの女の子は個性的な部分も
持ちつつ本当に居そうなのも良かったです。

セバスチャン(ライアン・フィリップ)は韓国花男の道明寺と花沢
を足したようなキャラだなと感じました( ̄ー ̄)

キャスリンの終盤の自己中なところはハルヒっぽかったですね。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆20世紀少年<第2章> 最後の希望 2008
2018-01-21 Sun 22:00
監督:堤幸彦
出演者:豊川悦司、 常盤貴子、 平愛梨、 香川照之
収録時間:140分
レンタル開始日:2009-08-07

Story
浦沢直樹の大ベストセラーコミックを映画化した全3部作の第2章。“血の大みそか”から15年後の西暦2015年。ケンヂの姪・カンナは、ユキジに面倒を見てもらい高校生に成長していた。一方、秘密基地のメンバーたちは、それぞれ密かに戦いを続けていた。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意!※※※

"もう一つの第2章"から最終章を見て、これをDVDで見ました。

思ったとおりつなぎなので今ひとつカタルシスは無いですね。

淡々とエピソードを消化してる感もあります。


けど再現度が高いので楽しめました。


やっぱり"もう一つの第2章"よりは映画に繋がりやすいと思いま
す。

"もう一つの第2章"は大きいところではキヨサダ(ユースケ)が
カット。あとブリトニー辺りがカット。

その関係でホクロの警官や蝶野将平(藤木)周りがカット。

あとカンナがキリコの過去を探るとこもカット。

とこう見ると結構どちらも抜けてることが分かりますね。

原作読んでない人は片方だけでは厳しいかも(^^;


キヨサダの下りは結構怖く演出されていてなかなか楽しめました。

眉の無いユースケがなかなか怪しくて良いです(^-^
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 2009
2018-01-18 Thu 22:00
監督:堤幸彦
出演者:唐沢寿明、 豊川悦司、 常盤貴子、 平愛梨
収録時間:155分
レンタル開始日:2010-02-19

Story
浦沢直樹の大ベストセラーコミックを映画化した全3部作の最終章。ともだち歴3年(西暦2017年)。世界は世界大統領となった“ともだち”に支配されていた。そんな中、ヨシツネの下を離れたカンナは“氷の女王一派”を束ね、武装蜂起を企てていた。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意※※※

もう一つの第2章をテレビで見たので忘れないうちにと。

原作は途中で見なくなったつもりでしたが結構終盤まで覚えのある
ものでした。

結構良く再現されてたと思うのでその時の記憶が蘇る感じでした。


最後のテロ開始辺りからはやはり見た記憶なし。

その後原作のラスト読みました。


結構改変されてると言えばされてるし、かなり原作通りと言えば
そう。と矛盾してますがそんな感じ。

ロボットとの対決が主にショーグンからケンジに変更されてたのは
尺調整という感じでしょうか。

あとあの人を二章で死なせておいたのはすっきりして正解だった
気がします。(もちろん中の人関係なし)


ロボットはとにかく大きさだけなので、小さいテレビで見てしまう
とかなり白けるかも(^^;

あとショーグンバズーカ辺りは白け注意報ですが、豊川が大分役に
馴染んできたのか違和感が少なくなっていてそれでなんとか乗り切
った感じかもです。

あと関心したのは黒木がいつも通り空気に馴染んでおらず、加えて
よりによって石塚と宮迫の二人と、緊迫したある意味一つのクライ
マックスシーンがあるのですが、そこをカメラワークと音楽で誤魔
化したのが上手いなと思いました。


好き嫌いのある独特のカメラワークですがそれと音楽なしでは
きついだろうなあというシーンがいくつもありました。

ギュッ詰まった感じですがそういった力技と速いテンポでとんとん
と話を進めていったのは上手かったと思います。

もちろん原作を知らない人や原作に忠実にかなり網羅して欲しい
人にはつまらないダイジェストに見えるかもしれませんが。


それでも感動したのは大画面の大群衆のコンサートのスーダララか
な。あれ後ろはCGとしても何人位集めたんでしょう?(・、・)


あとカンナとケンヂが抱きしめあうところ。
あと最後もかな。


原作はいきなりすこっと終わった感じなのでこちらの方がもう一度
盛り上げてる感じですね。まあ賛否は分かれると思いますが。


唐沢と豊川は大俳優の貫禄があったと褒めたいほど良かったです。


唐沢は歌上手いですね。

豊川は豊川ならではという存在感ですばらしかった。

あと平も随分成長が感じられ、声を丁寧に出しているのが良かった
です。ほんと声がいいなと何度も感心。目力は相変わらず良し。

あと個人的に結構良かったのは
藤木・石塚・佐々木・山寺・佐野・古田・小池・木南・ARATA
・六平・石橋

福田・研・中村とボス二人も良かったです。

他も大体良かったですが吉田照美と原田はちょっと浮いてましたね
(^^;(笑)


まあけど結局これノスタルジーものだからどれだけ分かるかで
全然楽しめ度は違うでしょうね。

ケロヨンとかウルトラ警備隊とか矢吹ジョーとかトキワ荘とかね。


自分よりは一昔以上前ですが結構雰囲気は通じるものがあったので
楽しめたと思います。


PS カンナは堂々二番手でもいいのにショーグンの下くらいの妥協
は許せるんですがユキジやヨシツネより下扱いされてるのは
どうか…(-"ー;)
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★つみきのいえ 2008
2018-01-15 Mon 22:00
監督:加藤久仁生
出演者:長澤まさみ
収録時間:24分
レンタル開始日:2009-03-27

Story
繊細かつ独創的な世界観で注目を集めるアニメ作家・加藤久仁生監督が手掛けたハートウォーミングアニメ。上へ上へと建て増しを続けてきた“積み木”のような家に住むおじいさんの家族との思い出の物語。アカデミー賞短編アニメーション賞受賞作。 (詳細はこちら

10分ほどの短編ですがしっかり泣けました(^^;

タイタニックを思い出しましたね。

輝いてた青春や家族との時間。

それが海の中に沈んでいてひょんなことから、その時間を思い出せ
る、その時代その時代の家をまた見ることが出来たら…。

ぱっとその時代その時代が胸に蘇りますよね。

普通は自分が住んでいた家をそのままの形で残すことなんて出来ま
せんからね。

うちも建て直すときに前の家の写真を撮りまくったけど、その写真
見るだけでも鮮やかに蘇るのに、あの家がそのまままた見ることが
出来たら…もっとはるかに胸に蘇りますよね。

亡くなった家族さえ鮮やかに蘇るはず。


そんな幸せな時間を奪った海面の状況と温暖化を結びつけたのは
上手いなと思います。

幸せな時間を奪われる前に温暖化の対策を考え省みるべきだと。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★☆☆ドラゴン/ブルース・リー物語 1993
2018-01-12 Fri 22:00
監督:ロブ・コーエン
出演者:ジェイソン・スコット・リー、 ローレン・ホリー、 ナンシー・クワン、 ロバート・ワグナー
収録時間:127分
レンタル開始日:2004-03-26

Story
1973年に急死した、香港を代表するアクションスター、ブルース・リーの生涯を描いたアクション伝記ムービー。傷害事件を起こし、単身でアメリカへ乗り込んだ彼の苦悩と波乱に満ちた人生を映し出す。 (詳細はこちら

ぱっと見で首周りが太いし胸筋ふっくらでちょっとごついです。

で動き出すとやっぱりごつい分だけ少し俊敏性に欠ける。

その辺で大事なブルース・リーの良さを表現できていないのは
痛い。

服着れば貧弱にも見られてもおかしくないのがブルースの良さだと
思うので。


あと、ふわふわと左右に構えを変えるフットワークと大きく前方に
伸びていくハイのサイドキックが無いのがかなり寂しい。

構えももっと手を前に出して距離を測るような構えなんだけどその
辺も再現されてないですね(・、・)


と厳しいことを書きましたがカンフーアクションとしてブルース、
ジャッキー、ジェット・リー等のトップクラスに肉薄するほど
よく動けてはいたと思います。

拳法無経験だったというのも目にしたのでそれであれならすごい
のでは?


話は黒鎧の幻想を始めかなり作りこんでいるようではありますが
全体的にはよくある伝記をそれなりに抑えた作りになっていて
まとまりはいいと思いました。

ぐっとひきつけられないまでも終わる頃には少しジーンと感動でき
ました。

リンダ・リーのローレン・ホリーが美人だったりいろいろ出来すぎ
な感じもありますが…。

まあブルースぐらいならかなり美人でもおかしくないか(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★★竜二 1983
2018-01-09 Tue 22:00
監督:川島透
出演者:金子正次、 永島暎子、 もも、 北公次、 桜金造
収録時間:92分
レンタル開始日:2002-09-27

Story
三東部の幹部・花城竜二は、拘置所に入れられて以来会っていなかった妻、娘と暮らしたいという一心で、堅気の世界に身を置く。新たな人生を歩み始める彼らであったが…。脚本・主演を担当した金子正次は、この映画の完成後すぐに癌で亡くなった。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

松本人志の○○な話で大阪ではとても人気のある作品と聞き。

結局はヤクザだから善人にすることは出来ないけれどそこには
少しだけ目をつぶり。

すごくやさしい顔、愛嬌のある顔、怖い顔を併せ持つ魅力ある男
ですね竜二は。

声もすごく温厚そうな低い声であると同時にぐるるる~と低い声で
唸って今にも襲い掛かりそうにも感じる。

またヤクザをやめようかという下りの先輩とのやり取りは良かった
です。自分を捨てたという先輩も良かった。

サントラは全体的にけだるく、そして心地よい音色でこの頃の音楽
も良かったなと改めて感じます。

そして絵作りもいいですね。

夕闇迫る時刻に夕日のオレンジを見せずにそれを表現していた雑多
な車のテールランプのカットが良かったです。

全体的にも昭和だなとすごく懐かしくなり。

エンディングのショーケンのララバイもすごく良かったです。

永島暎子もすごくよかったけれど桜金造(佐藤金造)がこんな渋い
役をやっていたとは知りませんでした。


なにか土田世紀の描くチンピラって竜二がルーツかな?なんて
思いました。


金子正次の33歳という早世が惜しまれます。
別窓 | 映画 | コメント:0
★★★★☆20世紀少年 ~もう一つの第2章~ 2009
2018-01-06 Sat 22:00
もう一つの第1章は脱落しましたが、これは先に第2章を見ていな
いからか、かなり楽しめました(^-^

平愛梨は目力が強くていいですねえ(^-^

木南晴夏もいい表情作りますよね(^^


賭博やマルオの自爆未遂のエピソードは新撮らしいですね。

原作にあったかは覚えてないけど空中に像が写る玩具のあたりは
よく出来てるなと思いました。

暗殺時の群集や葬儀のスケールもばっちり。

演出が上手いからかスケールは気になるところがあまりなく、
ハリウッドに負けてないと思いました。

日本もこれくらい金かけられれば出来るもんなんだなと( ̄ー ̄)


PS どう見てもカンナ主演なんだけどトップページの絵では豊川
や常盤・香川より平の顔がずっと小さいのは悲しい(^^;

クレジット通りではあるけれど…。
別窓 | 映画 | コメント:0
☆☆☆☆☆闇の子供たち 2008
2018-01-03 Wed 22:00
監督:阪本順治
出演者:江口洋介、 宮崎あおい、 妻夫木聡、 佐藤浩市
収録時間:137分
レンタル開始日:2009-02-25

Story
梁石日の同名小説を、『亡国のイージス』などを手掛けた阪本順治監督が映画化したサスペンスドラマ。新聞記者・南部と福祉活動でタイを訪れた音羽は、臓器密売や幼児売買としてタイの子供たちが取引されている現状を目の当たりにし…。PG-12 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意※※※

題材を取り上げたことはいいんですが…。


まず日本人のタイでの心臓移植は前例がないんだそうです。
じゃあ無届かというと心臓移植は難易度の高さや大掛かりの設備の

必要性からも実在しているかはかなり疑問なんだとか。

にもかかわらず"ノンフィクション"として宣伝したことは許され
ざることだと思います。

すぐに撤回したらしいですが撤回を知らない観客もいるわけで商魂
丸出しの嘘ついたもの勝ち狙いなのは明白です。


次に売春と臓器移植を混同しすぎですね。

人が売り物になるという点では共通ですが肝心の臓器移植の部分が
随分ぼやかされている上に全く尺を使わず、まるで避けているかの
ように感じました。

性欲は悪い欲としやすく不快感を簡単に描くことが出来るとはいえ
話の軸もそれなりに消化できないのなら売春を派手に描くことは
楽にインパクトを求めていると思われて仕方がないと思います。

このような軸が消化不良の状態では題材と取り上げたから偉いと
いう擁護も出来ません。安易にしてしまいがちですが。


時代、場所によってやっぱり人のモラルってある程度違うと思うん
ですよね。

つい最近の戦争前後やそれ以前は日本だって子供は労働力として
売られ、親に再会することなくぼろ雑巾のように死んでいくという
話は普通にあったわけです。

今なお某国で姉が売春婦だと自慢げに目をキラキラさせている子供
の映像も見たことがありますが、そうして今なお売春婦が
超エリートのように扱われている国もあるわけです。


一番引っかかるのは南部(江口)の次の台詞です。
「人殺しは親の感情に付け入る奴らだ、言うべき相手が違うだろ」


南部は真実を見つめている、見抜いている立場の人間なのでこれは
この映画の考えととらえられても仕方がないわけですが、これでは
責任をタイのブローカーに転嫁してる以外の何者でもありません。
これを売春に置き換えれば「悪いのは男の感情に付け入る奴らだ」
になるのですからおかしいことは明白。

買う側も、売る側も悪いはずです。子供を売る親も取締りを強化
しない警察や国も、そしてそんな国をアシストできず、逆に加担
している先進国も悪いわけです。


話は変わって江口・宮崎・妻夫木・佐藤のキャストですが、四人
とも主役が多かったので俺様演技で細かい演技は出来ないタイプ
ですよね。おまけに演出自体もいつもの俺様演技でよしとしてる
感じでした。

例えればホームランバッターを揃えてしまったようなもの。

豊原もどちらかと言えば器用な演技をするタイプではない言わば
長距離バッター。

まあはっきり言えば大根演技のオンパレードでした(^^;

特に梶川(佐藤)宅でのやりとりは酷い(^^;


特に気になったのは宮崎・妻夫木の二人。

ステレオタイプの甘っちょろい若者なんですが、それが漫画ライク
の濃い演出のようで浮きまくっちゃってました。

いつもの彼らの十八番ほそのままやってるようにしか…。

宮崎は華奢すぎる体とロリ声で結構厳しいなと思っていたけど演技
的にも引き出しを作ること考えないと今後厳しそうだなと思いまし
た。


シーンでは終盤の銃撃戦がどっちらけでしたね。

警察と大立回りする意味も殺してくれ的な死に方も意味不明。

警察があんな広々とした場所でパンパン撃ってるのに犯人にまるで
当たらない不思議といい(^^;


それでいきなり南部(江口)の謎のオチ。

まあ同属嫌悪で自殺?なのまでは想像するとしてもあんなに鏡に
べたべた貼るのはちょっと繋がらないなと思いました。

なのでぽこんと軸が理解不能に。


最後の桑田の歌はとりあえず"東京"なのは駄目だと思う。

最後の最後に所詮日本からだけの視点だと念押された気分だけど
アジアや世界という視点であるべきだと思う。


せっかくこういうよくぞ題材にという話題でもホームランバッター
を揃えてしまうあたりに商魂がちらついて嫌ですね(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
| ムービースタリオン |