映画やドラマの感想です
★★★☆☆アンネの日記 1959
2011-10-07 Fri 22:00
監督:ジョージ・スティーブンス
出演者:ミリー・バーキンズ、 ジョセフ・シールドクラウト、 シェリー・ウインタース、 リチャード・ベイマー
収録時間:180分
レンタル開始日:2005-05-27

Story
世界的ベストセラーの映画化。ナチスが徹底的にユダヤ人を迫害する時代の最中、狭い屋根裏部屋にひっそりと隠れ住み、人間の良心を信じた少女の優しさと思春期のさまざまな思いを瑞々しい感性で書き綴ったひとりの少女アンネ・フランクの物語。 (詳細はこちら

改めて見るとものすごい平和な時間が長いですね。

まあ隠れているわけだから、平和なわけでもないんだけど。

淡い恋模様など、隠れていることを忘れてしまうくらい。

またドイツの言い分ラジオがいかにも悪そうながなりたてる声で
(・、・)

最後も結構あっけなく。

最近の作品の方がやっぱりストレートに悲しさを煽ってきますよ
ね。

この作品はじわわんと心に残る感じ。


当初オードリーにオファーを出したそうですが、オードリーで見た
かったかな。

見た目はオードリーっぽくて可愛かったですが、話し方がやや大根
だったかも。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★☆☆☆僕は妹に恋をする 2006 | ムービースタリオン | ★★☆☆☆ベニスに死す 1971>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |