映画やドラマの感想です
★★★☆☆犬神家の一族 2006
2012-02-04 Sat 22:00
監督:市川崑
出演者:石坂浩二、 松嶋菜々子、 尾上菊之助、 富司純子
収録時間:135分
レンタル開始日:2007-07-06

Story
横溝正史の原作を76年に市川崑監督が映画化した大ヒットミステリーを、再び同監督がメガホンを取りリメイク。犬神財閥の創始者が遺した全財産を相続することになった珠世の周りで、次々と殺人が起こる。金田一耕助役をオリジナル同様、石坂浩二が好演。 (詳細はこちら

あまり見る気がなかったんですが市川崑監督が亡くなられたので。


最近は、電線だの看板だのせいで昔のようなロケーションは難しい
と思うんですが、その辺はさすがよくぞ用意したというロケ地や
セットで。

おかげで空気感はあい変わらずにいいと思ったんですが…。

ちょっと役者の演技力の低下を感じずにはいられない映画でした。


重要なだけにきつかったのが尾上菊之助。

どう見ても戦火をくぐりつけたとは思えないボンボン臭も
アンマッチ。


あと奥菜恵が驚くほどの大根ぶり。
終盤の発狂モードではドリフのコントかと思った(笑)


あと演技というよりは空気が明らかにアンマッチなのが深田恭子。

途中はたいして出てこないので気にならないけど、終盤のセリフで

ずっこけました(^^;

彼女の空気は富豪やめぐるにははまりますが。


松嶋菜々子は可哀相だけどルックスがあの時代にはやっぱり
アンマッチなんですよね。

体型にも着物が似合ってないし。

なんか役の割りには空気化するのが精一杯という感じでした。

あとこれまた時代にあの役にアンマッチだと思ったのは松坂慶子。


と全体的に見ていて痛々しいキャスト演技が感じられました。

こういうキャストにせざるを得なかったのかなあと残念です。


死体も明らかにマネキンチックだし、どうせ変なら昔みたいに
ピンと足を張ったような不自然さの方が良かった気がします。


余談ですが、日本アカデミーの希木のコメントでの市川崑監督
の話には号泣してしまいました(^^;ゞ

金田一耕助は随分好きだったわけで、そう考えると市川崑監督
にはお世話になってるんですよね。

ご冥福を祈ります(=_=
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★☆☆☆こわい童謡 表の章 2007 | ムービースタリオン | ★★★☆☆ドラえもん のび太の創世日記 1995>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |