映画やドラマの感想です
★★★★★カビリアの夜 1957
2012-03-03 Sat 22:00
監督:フェデリコ・フェリーニ
出演者:ジュリエッタ・マシーナ、 フランソワ・ペリエ、 アメデオ・ナザーリ、 フランカ・マルツィ
収録時間:113分
レンタル開始日:2005-07-27

Story
ジュリエッタ・マシーナが男たちに騙され続けながらも前向きに生きていく娼婦を好演し、数々の賞を受賞したフェリーニ監督の傑作ドラマ。 (詳細はこちら

今まで見たフェリーニ監督の作品では一番正統派でした。

後期のフェリーニ監督はリンチのパワーアップ版というほど
ワケワカメなものが多く、その辺りがフェリーニにカルトな
ファンをつけているんだと思いますが、道やこの映画のような
映画は普通に楽しめます。


といってやっぱりあまり見慣れない光景なのでどうしても世界に
入りにくいものはあるはあるんですが。


荒廃した感じの土地に無秩序に家がまばらに立ち並ぶ風景はなにか
異世界を思わせました。


草もまばらな平地にぽこんと穴があってそこに住む人もなかなか
馴染めない光景。


ということで約三回見ましたが、これは傑作といってなんら
問題はないでしょう。

非常に分かりやすいプロットの作品ではありますが。


簡単に言えば女性が人に裏切られつづける作品です。

こういうプロットの作品はたくさんあるのでしょう。


道でも良かった、ジュリエッタ・マシーナの演技につきますね。

これも名演技といってなんの問題も無いでしょう。


はっきり美人なことは美人なんですが、ちょっと上沼恵美子が
入ってますね(笑) おばちゃん臭いというか(^^;

結局、そこがこの作品のキモでもあるんですが。

ちょっとおばちゃん臭い人がひたすら辛い目に遭うという。


たくさんの人の前で催眠術をかけられて心の奥を見られてしまう
ってほんと丸裸にされてしまう悲しさがありますよね。

まだストリップは観客を魅了しようとして丸裸になるわけで
まったく意味が違う。

完全に無防備な心を見られてしまうということで。

そこが特に心に染みました。


あっあと、音楽がとても良かった。

心に残る映画音楽ってこういうことだなと思いました。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★☆☆☆☆インランド・エンパイア 2006 | ムービースタリオン | ★★★★☆2LDK 2002>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |