映画やドラマの感想です
★★★★☆世にも奇妙な物語 春の特別編 2008
2012-07-09 Mon 22:00
監督:植田泰史、杉本達、石川淳一、岩田和行、都築淳一
出演者:タモリ、 伊藤英明、 藤澤恵麻、 戸田恵梨香、 船越栄一郎、 筒井康隆、 北乃きい、 石丸謙二郎、 堺雅人、 羽田美智子
収録時間:120分
レンタル開始日:2008-10-01

Story
4月に放映された人気オムニバスミステリーの特別編。伊藤英明主演の「さっきよりもいい人」、船越英一郎主演の「日の出通り商店街いきいきデー」、北乃きい主演の「透き通った一日」ほか、豪華キャスト主演の全5編を収録。 (詳細はこちら

個人的満足度は以下のとおり
いい人・これ見て>フラッシュ>透き通り>いきいきデー

そこそこ、作品を見ているせいか、先が読めたとかパクリがどう
とかはあまり感じないです。


「さっきよりもいい人」
"情けは人の為ならず" この言葉って誤解釈が多く、もはや元々
の意味より他の解釈の方がスタンダードになってる感があります
よね。

そこに着眼した面白い作品だったと思います。 単なる時間
戻りモノ。 オチが読めたで片付けるのは勿体無い。

1.情けをかけることは回りまわって自分の為になる
2.1の冷めた視線で一部の政治家や芸能人のボランティアのように
 自分の為にやってるんだろ?
3.情けと思ってあれこれ他人にやさしくすると、逆にその人の為に
 ならない。例えば病人の治りが遅くなったり。

あたりの別解釈で、席をゆずっても失礼だと気分を害されたり、
振込みは俺俺詐欺なんじゃ?とか勘ぐってしまう。

最後のオチも"情けは人の為ならず"って無茶苦茶(理解不能)だろ
っていう切り捨てたようなシュールさでいいと思います。

アナの梅宮が可愛くて良かったです。



「これ…見て…」

これがオチが読めたとか子供は意味無くない?とかいう悲しい
切捨てが多い気がしますが、これこそ、子供という存在が珍しい
のでそれを考えて楽しむべきじゃないでしょうか?

大体、こんなの尺とキャストとあらすじ見ただけで戸田が…
って分からなきゃ鈍すぎなんですから(笑)

最初の交番シーンも子供はなんなのか?を考える上で重要です。

サトメグが怖い女にはまっていたのと向井も役にあっていたと
思います。

あと「触ってんじゃねーよ!」はさすがギャルサーで鍛えた
戸田だなと(笑)



「日の出通り商店街いきいきデー」

最近少林サッカーのようなバカバカしいCG使いまくり作品が
たくさん作られてますが、それを生かしたまさに馬鹿馬鹿しい
作品。

ノリはいいし、ワイヤー使ったりで苦労を感じるのもいいんです
が、ちょっとオチがなさ過ぎなのが今ひとつ。

ノリだけで楽しめはしないなあやっぱり(・、・)



「透き通った一日」

やわらかい映像で雰囲気は嫌いじゃないんですが、ちょっと
全体的に予定調和だったかな(・、・)

これなんかはいくらでも落とし方をいじれると思うんですが、
細かいオチにいってしまったというか。

体に怪我が無いなど、彼女が生き返るのは大本命のオチとして
明らかですが。

なにより、これなんてライフ・アナザー・ストーリー?という方が
気になりました(笑)



「フラッシュバック」

これもあらすじとキャスト見た時点で彼が…ってオチは
読めるけど、家族の映像が…ってのがこの作品の狙いですよね。

彼が…オチは最近でも小西がやってましたが。

今時、リアルすぎる犯罪映像に不謹慎ですが、頑張ってるなと
思いました(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★★★ホーンティング 1999 二回目 | ムービースタリオン | ★★★☆☆大逆転 1983>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |