映画やドラマの感想です
★★★★☆はだしのゲン 1983
2013-03-15 Fri 22:00
監督:真崎守
出演者:宮崎一成、 甲田将樹、 中野聖子、 井上孝雄
収録時間:84分
レンタル開始日:2005-08-06

Story
中沢啓治原作による傑作戦争コミックの劇場版アニメ。戦争の嵐の中、少年・ゲンは家族で励ましあって生きていたが、原爆により父と弟が帰らぬ人となる。生き残ったゲンと母は、その後生まれた妹・友子と共に終戦を迎えた日本で力強く生きていく。 (詳細はこちら

初見だと思いますが、想像していたよりは明るいですね。

トラウマになったという声も多いので、子供向けとしてはこれでも
まだまだ明るくないのかもしれませんが。

ピカ直後の映像は凄まじかったですけどね。


ヒロシマナガサキで現に目玉が飛び出て顔は二倍にも腫れ、
皮膚は剥がれかかっている人がうめきながら歩いていたという
被爆者の話を見ていたので誇張ではないと理解して見れました。

また被爆中心部は5000度に達したということなのでこれまた、
この映画同様に一瞬にして人や犬は炭になったわけです。


あと赤ちゃんが死んでしまった見ず知らずの母親が乳の出ない
母親の代わりに母乳を上げるシーンもきつかったです。

こういう作品は小学校とかで見てもらいたいものです。

あと実写版が三部作あるらしいんですが、VHSのみのようで。

リマスターはそんなに気合入れなくていいからDVD化して欲しい
ものです。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★★☆はだしのゲン2 1986 | ムービースタリオン | ★★★★☆エクスクロス 魔境伝説 2007>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |