映画やドラマの感想です
★★★★☆尼僧物語 1959
2013-04-23 Tue 22:00
監督:フレッド・ジンネマン
出演者:オードリー・ヘプバーン、 ピーター・フィンチ、 エディス・エヴァンス、 ペギー・アシュクロフト
収録時間:151分
レンタル開始日:2007-02-27

Story
フレッド・ジンネマン監督がオードリー・ヘプバーンを主演に迎えて手掛けるドラマ。コンゴでの医療活動を切望、看護尼になるために修道院へ入り尼僧を目指す女性・ガブリエルの姿を描く。 (詳細はこちら

オードリー・ヘプバーンのタイトルの通りシスターの話で、第二次
世界大戦に運命を翻弄され、教会のあり方と対立していく話。

先日の暗くなるまで待ってより約8年前で、オードリー・ヘプ
バーンの魅力も最盛期ではなかろうか?という作品。

目の下にクマを作ったシーンでさえ、その美しさには感嘆して
しまうほど。


ちょっとふっくらさせたらまんま「1ポンドの福音」のアンジェラ
になるんじゃなかろうかという位。

映画のほうは非常に演出を抑えリアリティを求めた作品なので微妙
な表情を楽しむ、映画らしい映画です。


それゆえにちょっと退屈に感じられる気もしますが、後味は悪く
ないです。

オードリー・ヘプバーン最高作というレビューもちらほら。

オードリー・ヘプバーンの晩年のボランティア活動を考えると
この映画が彼女に与えた影響は大きいのかなと思います。

PS 見猿・聞か猿・言わ猿って世界的に有名?(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★★☆独立愚連隊 1959 | ムービースタリオン | ★★★★☆ドッペルゲンガー 2002 二回目>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |