映画やドラマの感想です
★★★★★カンナさん大成功です! 2006
2013-04-29 Mon 22:00
監督:キム・ヨンハ
出演者:キム・アジュン、 チュ・ジンモ、 イム・ヒョンシク、 イ・ハヌイ
収録時間:116分
レンタル開始日:2008-05-08

Story
鈴木由美子の同名漫画をキム・ヨンハ監督が映画化したラブロマンスコメディ。身長169cm、体重95?のビッグなボディを持つゴーストシンガー・カンナ。彼女は想いを寄せる相手の心ないひと言をきっかけに、全身整形を決意する。 (詳細はこちら

久々のブラボー(^^~(笑)


非の打ち所がないくらいよくできたエンタメ作品です。

まさに笑って泣ける。 結構泣いてしまいました(^^;

古き良きハリウッドエンタメ作品を思い出させる。


主役カンナ役のキム・アジュンの魅力が素晴らしいですね。

顔だけならともかく歌がすごい(・、・)

だからコンサートシーンのカタルシスがすごい(^o^

スラっと伸びた足もかっこいい(><


顔は新垣と中谷とビビアン・スーと黒谷友香を足して割った感じ
かな(・、・)


口も四角い感じで顔は完璧っていうのでもないけど、表情が軟ら
かくていいですよね(^^


なんでもこのヒロインは絶対に整形していない女優という条件
だったらしいですが、個人的に整形している人は表情が硬い傾向
があるのでは?と思っています。

引き攣った感じで不自然になりやすいような(・、・)


対する、男優のサンジュン(チュ・ジンモ)も劇団一人をかっこよく
した感じでなかなかの美形でした(・、・)


原作とどこまでエピソードが一緒かは知らないんですが、
エピソードもいちいち面白いですよね。

なんでも原作は醜いパートはないんだそうですが、だとしたら
思い切った改変はよくぞ。

そこまで変えていたら、オリジナルとしてでもいい気もしますが、
律儀にリメイク権を取るのも好感度が高いですね(^^


使われる曲も外国の曲を贅沢に使ってるし、かなり力の入った
作品とも言えると思います。


整形大国と言われる韓国においても、「整形女は化け物」や
「整形は構わないけど自分の彼女には勘弁」なんてセリフが
飛び出す現実があるのかというのはちょっと目鱗でした。


あとストーカー肯定のセリフはもうちょっと今の日本では厳しい
かなあという気がします(・、・)


まあ、けど歌手を題材にすると心地いいカタルシスが得られる映画
になりやすいですよね(^-^


漫画大国日本はアイデア大国でもあるんですよね。
なぜ日本で先に作れなかったのか…(・、・)


PS ED曲は梨花なんですがなかなかいい声してたんですね梨花(^^;

PS2 昔葉月と菅野がやっていた恋の奇跡もこんな話でしたっけ?
(・、・)

※追記 結局リメイク権払わないとかで揉めたみたいですね。
キチンとリメイク権取ったと褒めてしまったけど、がっかり。
韓国はそういうのルーズだから仕方ないかな。
それ最初に聞いてたら感想も大分変わったでしょうね。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★☆☆☆☆緑の館 1959 | ムービースタリオン | ★★★★☆独立愚連隊 1959>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |