映画やドラマの感想です
★★★☆☆キューポラのある街 1962
2013-06-04 Tue 22:00
監督:浦山桐郎
出演者:吉永小百合、 浜田光夫、 北林谷栄、 東野英次郎
収録時間:100分
レンタル開始日:2004-08-06

Story
浦山桐郎監督のデビュー作であり、吉永小百合が18歳という若さでブルーリボン賞主演女優賞に輝いた作品。埼玉県川口市を舞台に、貧しくも、たくましく明るく生きていく若者たちの姿を等身大で描く。 (詳細はこちら

随分前から見たいと思ってましたが、それだけにふ~んて感じ
でした。

朝鮮人差別や、貧乏で高校にすら行けないあたりの話は今見れば
そんなことが…と思いますが、やはり文部省推薦映画の匂いが
想像していたよりぷんぷん(^^;


ジュン(吉永小百合)があの家の娘としてかなり違和感があり、
ちょっとアイドル映画臭も強く。

貧乏っぷりもどこかステレオタイプでリアリティが今ひとつ伝わ
らず(・、・)


「山の手サラリーマンの吉永に、映画で描く世界のリアリティー
が判るはずはなく、スタッフ一同で彼女をいじめて、泣きそうに
なったところでフィルムを回した」と監督は言っていたそうですが
そこまでしてなんとかここまでにしたという感じでしょうか。


個人的には古い日本の風景を扱った作品は好きで、横浜ラーメン
博物館の擬似世界はいるだけでジーンとしてしまうほどなんですが
なにか美化された映像、話を聞いているからなのかもなと思って
しまった作品になりました。

と厳しいことを書きましたが話としては貴重な映画だと思います。


当時は中卒の方も今よりはたくさんいただろうと思うのですが
中卒じゃ…ってセリフは当時どうだったのでしょうか?
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★☆☆日本誕生 1959 | ムービースタリオン | ★★★☆☆警事ジョー ママにお手あげ 1992>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |