映画やドラマの感想です
★★★★★十九歳の地図 1979
2013-07-01 Mon 22:00
監督:柳町光男
出演者:本間優二、 蟹江敬三、 沖山秀子、 竹田かほり、 山谷初男
収録時間:109分
レンタル開始日:2001-08-24

Story
映画芸術誌1979年第1位を獲得した、混迷する社会に問題提起する異色の青春ドラマ。新聞配達をしながら予備校に通う青年が、不満を抱いた家に対し片っ端からいたずら電話をかけまくる。その電話はいつしか社会すべてへ向けた脅迫電話となってしまう。 (詳細はこちら

柳町光男監督作品

結構インパクトのある話なんだけど、入ってこない作品でした。

これがリアリティのある映画って言うんだろうなと思わされる
作品でした。


個人的に、まあ商売だからと自然かもしれませんが、最近の
ニュースを始めとしたマスコミってやたらに犯罪を煽りすぎ
だと思うんですよ。


例えば最近未成年のいじめに因る自殺が多いですよね。っていう
けど。どんだけ増えたのと、けどそれって広い視点で見るとどう
なのってよく思うんですよ。

国民に対し、たった一パーセントの増加でも、人数で言えば
すごい人数に感じるから増加人数にしましょうとか、そういう
の絶対ありますよね。

昔は当たり前にチンピラみたいなのが肩切って歩いていたけど
今はまず見かけないわけで、その点から見れば随分平和になった
わけですよ。


だから自殺が増えた増えたって言うけど、実は直接暴力で殺される
ケースがすごく減ったんじゃないかなとか思うわけです。

よくいう話ですが、陰湿なものに追い込んだだけとも。


シートベルトの着用で、なるほど事故にあった時の死亡率は減った
かも知れないけど、人は体を締め付けられると眠くなる性質が
あるので、居眠り運転は急増しているなんて雑誌で取り上げて
いたこともありました。

結局トータルで事故による被害は増えたのか減ったのか…。

まあでもそういった都合の悪い情報は隠蔽されるわけです(^^;


話はそれましたが、ちょうど最近、まるで自分が考え出したかの
ようにしたり顔で、最近は自分がうまくいかないことは他人の
せいだと思うようになってるんですよ、と言うコメンテーターと
それに驚くアナというのを見たばかりなので、いやいやそんな
ことは昔からだよ。

この映画見てみいと思わず(^^;(笑)


理由無き憤り・ストレスを嫌がらせやイタズラで解消するのは
昔も今も変わらないんだなと思わせる作品でした。

インターネットで誹謗中傷して炎上なんて方が、この映画の彼に
比べればはるかに平和です(笑)

だからいい、では勿論ないですが。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★★☆さらば愛しき大地 1982 | ムービースタリオン | ★★☆☆☆アサルト13 要塞警察 2005>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |