映画やドラマの感想です
★★★☆☆39 刑法第三十九条 1999
2014-03-04 Tue 22:00
監督:森田芳光
出演者:鈴木京香、 堤真一、 岸部一徳、 吉田日出子
収録時間:145分
レンタル開始日:2004-12-23

Story
森田芳光監督が、刑法第39条(心神喪失及び心神耗弱とみなされた場合の犯罪の不成立及び刑の減免)をモチーフに人間の心の闇を描いた心理サスペンス。殺人を犯した多重人格者の容疑者と、彼を司法精神鑑定する香深の間で息詰まる心理対決が展開する。 (詳細はこちら

話は面白いと思うんだけど、音がおかしいのかセリフが聞き取り
づらくてきつかったです(><

主役の鈴木京香が特にだからきつい(^^;

樹木希林や岸部一徳も分からないところがあった('~`;)

堤真一はいい演技だと思いましたが。


心神耗弱もしくは心神喪失の場合は罪に問わないという法律。

確かに毎度弁護士が主張するから理不尽に感じることも多い
ですよね。

凶悪犯罪者がその時は精神がおかしかったから無罪って言われて
も、ならなおさら拘置してくれよと思うし。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★★☆竜馬暗殺 1974 | ムービースタリオン | ★★★☆☆富江 1999>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |