映画やドラマの感想です
★★☆☆☆薬指の標本 2004
2014-04-09 Wed 22:00
監督:ディアーヌ・ベルトラン
出演者:オルガ・キュリレンコ、 マルク・バルベ、 スタイプ・エルツェッグ、 ハンス・ジシュラー
収録時間:100分
レンタル開始日:2007-03-01

Story
小川洋子の原作をディアーヌ・ベルトラン監督が映画化。不慮の事故で薬指の先端を失ったことをきっかけに、“永遠に遠ざけたいと思う品々”が持ち込まれる標本室で働き始めた女性と標本作製士の男の密かで奇妙な愛を描く。 (詳細はこちら

なんかよく分からなかったので、原作を読んでしまいました(^^;
っても30分位で読めたかな(・、・)


原作読まなかった時は★三つ位つけようかと思ってたけど、原作
読んだら評価を下げました。


この映画は原作に比べると、主人公と標本技術士の感情移入を
しずらくして、それを不思議な雰囲気作りへのアプローチとして
いるみたいですが、個人的には正攻法で見たかった気がします。

急に風呂場でセックスしてたり???が多くて参りました(^^;


世にも奇妙なの尺でちょうどいい気がします(^^;

あと終盤の麻雀パイは原作の活字だった方がいいと思います。

あちらの監督には麻雀はミステリアスであっても、それを知る人
にとってはなんでもない娯楽道具で消耗品に近いものです。


女の人は透明感があって裸体も綺麗で魅力的だったと思います。

でもこういう作品が外国の監督で作られるのはなにか嬉しい気が
します。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★★☆ザ・シークレット・サービス 1993 | ムービースタリオン | ★★★★★マーシャル・ロー 1998>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |