映画やドラマの感想です
★★★☆☆霧の火 -樺太・真岡郵便局に散った9人の乙女たち- 2008
2014-07-11 Fri 22:00
こういう事実があったことは知らなかったし、北方の戦いも記憶
から抜け落ちていたので、やってくれたことは大いに意味があると
思います。

ですが、シナリオのお都合主義が、史実を書き換えそれが意味を
変えてしまったのがどうにも。


青酸カリを飲むまでの心境の変化、過程がどうにもよく分からない
んですよね。

実際は非番の三人が助かっただけで後は亡くなっているそうです。

それが作品だと実質、死のうと呼びかけた本人がなぜか生き残って
しまう。

あれではずるい臆病者と思われても仕方ないですよね。

現に生き残っておられる方がそういう目で見られないか心配です。


あと白石演じる班長?一度取り上げておいて配った心境の変化も
よく分からず(・、・)

このあたりは肝だと思うのでしっかり描いて欲しかったです。

ちなみにあの名文句も後で作られたらしいですね(^^;
確かにあんなこというのもおかしいですからね(^^;


あと地図やあの時の状況はもっと説明を入れて欲しかったと思い
ます。

どういう状況かよく分からないですから。

自分みたいなのはネットで補完するからまだいいですが。


広島に原爆が落とされ、東京他爆撃は自在に行なわれるように
なりほぼ終戦は確実の状況で8/8ソ連が宣戦布告。

8/15正午 玉音放送にてポツダム宣言受諾による終戦を公表し
ても、ソ連はこれ幸いと北方からの侵攻をさらに激しく。

ほとんどアメリカに戦わせておいてで死に体になった途端に襲い
掛かるというのは確かに泥棒呼ばわりされても仕方無い。

ただ一説には玉音放送の内容自体は降伏する内容ではなく、
その後も軍は戦闘体制、命令を出していたとも。

樺太は少なくとも江戸時代あたりから日本が主に治めていたら
しいのでまあ日本の領土といって良さそう。


あと判断が難しいのはレイプですが、一応、あの三人にはレイプは
無かったとされているそうです。

まあでもここも泣き寝入りが多いレイプですから、現にソ連兵に
よる略奪、レイプはかなりあったそうなので、あったとする作品
で問題はないかと思います。

ちなみにソ連の日本侵攻は主に囚人兵によって行なわれたそうで、
その為にモラルが低いんだという説も。

ヨーロッパでもソ連兵は別格でモラルが低く略奪レイプで恐れら
れたとか。


まあその背景には、ソ連がものすごく戦死者が多く、囚人兵に
依存しなければいけないほど苦しかったとも言えるわけですが。

第二次世界大戦ではソ連と日本の戦死者は別格に多いですから。


日本とソ連の兵器は非常に貧弱で、日本の兵器は棺おけと揶揄
されてましたし。


話は長くなりましたが、いろいろ勿体無い点、しっかり描いて
欲しい点はありましたが、一応そんな単純な日本批判でもない
ので姿勢はまあまあ良かったと思います。

福田はこういう頃の若い女の子としてはどんぴしゃのルックスで
演技もなかなか良くてよかったと思います。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★★☆リトル・プリンセス 1995 | ムービースタリオン | ★★★☆☆ディープ・インパクト 1998 二回目>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |