映画やドラマの感想です
★★★★★菊次郎の夏 1999
2014-07-23 Wed 22:00
監督:北野武
出演者:ビートたけし、 関口雄介、 岸本加世子、 吉行和子
収録時間:137分
レンタル開始日:2002-10-25

Story
北野武監督がバイオレンス路線を排して挑戦したヒューマンドラマ。祖母と暮らす小学3年生の正男は夏休みを利用し、会ったことのない母親に会いに行こうとする。無職の中年男・菊次郎の妻は、そんな正男を心配し、菊次郎に正男の旅を同行させる…。 (詳細はこちら

久石譲の心地よい音楽が非常に強力で透明感のある濃度の低い
絵作りと相まって心地いい映画でした。


グレート義太夫、井手らっきょとの絡みなどたけしも素に近く
自然なふるまいに見えました。

義太夫と井手を馬鹿野郎!と怒鳴りながら彼らに滑稽なふるまい
をさせる辺りはほんとまんまでしたからね。

日本人は知ってるけど、知らない外国の人からしたらこれは
びっくりするかも。


あと途中で使われた微妙に起伏のある長い真っ直ぐな道。

雑多な畑や緑の中にある道がとても印象的でした。

ロケハンもよくぞだし、構図もよくぞと思いました。

最後、少年が去っていくシーンの一回画面から出して、また
入ってくるという構図にはなかなか唸らされるものがありました。

あまり期待せずノーマークでしたが、かなりの良作だと思います。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★☆☆インナースペース 1987 | ムービースタリオン | ★★★☆☆インデペンデンス・デイ 1996>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |