映画やドラマの感想です
★★★★☆デトロイト・メタル・シティ 2008
2014-09-09 Tue 22:00
監督:李闘士男
出演者:松山ケンイチ、 加藤ローサ、 秋山竜次、 細田よしひこ、 岡田義徳、 松雪泰子、 ジーン・シモンズ
収録時間:104分
レンタル開始日:2009-02-13

Story
若杉公徳のデスメタルギャグ漫画を松山ケンイチ主演で映画化。お洒落な渋谷系ポップソングミュージシャンを夢見て上京した心優しき青年・根岸崇一は、なぜかデスメタルバンドのギターボーカル、ヨハネ・クラウザーII世として活動することになり…。 (詳細はこちら

まあ原作を少なくとも映画の部分くらいは読んでいるので、その
せいかもしれませんが、原作の素直な笑いに比べるとどうしても
罰ゲームを見ているような少し間があってのひき笑いになっちゃ
いました(^^;

ちょっとオチでのもう一ひねりがかなり今ひとつ(^^;
で弟さんがどうも今ひとつなんですよね(^^;
その辺が痛かったかな。

あと鬼刃君の背景あたりを端折るのはいいんですが、トイレの
デュエットシーンで、その曲を知っていたとかいう細かいネタが
端折られたのは大分笑いを弱くしてしまった気がします。


松山はよくぞの演技。

あと、パンツ丸見えのミニで頑張った松雪はテンションで全体
をひっぱっていたと思います。

ローサは反則的に可愛い(=_=*

あとなにげにコメディは心強い細田がなかなかいい味を。

大倉、岡田の追っかけコンビも重要ですね。

あとジーン・シモンズの終盤の対決は迫力あって良かったです。


全体的にしょぼさを逆手に取った笑いも多かった気がしますが、
社長が部屋をボコボコに改修するシーンは厳しかったですね~(笑)

マッチョな外人二人がドーベルマンになってて迫力が大分ダウン
だったけど、ここは仕方ないか…('~`;)

あと原作のステージのブタ役のおじさんと、管理人のおじさんの
調教シーンは原作では大笑いでしたが、これが消えたのは仕方
ないところでしょうか(^^;(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★☆☆チャーリーズ・エンジェル 2000 | ムービースタリオン | ★★☆☆☆コマンドー 1985>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |