映画やドラマの感想です
★★★★☆本当と嘘とテキーラ 2008
2015-05-19 Tue 22:00
ある自殺した女の子が娘とどう関わっていたかを通じて父娘の心の
交流を描いた作品。

佐藤・夏未エレナが父娘で樋口可南子が自殺した娘の母。
柄本明・山崎努が会社関係の知り合い。

一回目は話が飛びすぎててよく分からなかったので二度視聴。

まあちょっと山崎の説得シーンは力技でねじ伏せた感じですね。

樋口可南子が昂ぶるシーンでいい演技だったと思います。

渋い役者揃いで落ち着いた作品が見れるというのもいいことですが
やっぱり佐藤浩市に華があるからだと思います。

夏未エレナって子は清楚な感じで役にマッチしてたと思います。

しかし14才であんなに美人な娘になっちゃうと父も大変ですね(^^;

寂しくて優等生に絡んでしまい、そんな自分が嫌で自殺してしまう
若い子ってなんかいるよなあって分かる気がします。

そんなキャラを今尚作れる山田太一って若い感性を今尚持っている
んだなと思いました。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★☆☆アイランド 2005 | ムービースタリオン | ★★★☆☆恋のから騒ぎ ドラマSP ~LOVE STORIES~ V 2008>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |