映画やドラマの感想です
★★★☆☆アキレスと亀 2008
2016-05-01 Sun 22:00
監督:北野武
出演者:ビートたけし、 樋口可南子、 柳憂怜、 麻生久美子
収録時間:119分
レンタル開始日:2009-02-20

Story
北野武が監督・脚本・編集を務めた劇場最新作。幼い頃に両親を亡くした孤独な画家・真知寿は、唯一の理解者である幸子と結ばれ夫婦となる。愛と希望に満たされ、さまざまなアートに挑戦するふたりだったが…。樋口可南子ほか個性派俳優が共演。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

映画としては映画じゃなくてコントや"たけしの誰でもピカソ"
の延長戦といった感じなので★マイナス。

逆に言えばその部分が目新しくて退屈はしなかったです。

ついでに残念なのは幸子があそこまで真知寿を慕う過程が弱すぎ
で、最後の落とし方も生ぬるく感じてしまったこと。

いい面では芸術家を扱った作品は成功した人の伝記が多くなるの
で、そういったよくあるサクセスストーリーとは真逆のアプローチ
なのが新鮮。

気になったのは柳憂怜からたけしに変わったところでかなり別人
に感じたことですかね。

麻生久美子から樋口可南子へのリレーは違和感がなく、しかも
けなげに慕う幸子が魅力的に演じられていたと思います。

徳永えりも夫婦の被害者となった冷めた娘を好演していました。

アキレスと亀ってたけし本人もなんとなく付けちゃったと言って
いた通りあまりピンとしないタイトルですね(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★★☆エリン・ブロコビッチ 2000 | ムービースタリオン | ★★★★★ベスト・フレンズ・ウェディング 1997>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |