映画やドラマの感想です
★☆☆☆☆太陽の帝国 1987
2016-07-03 Sun 22:00
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演者:クリスチャン・ベール、 ジョン・マルコヴィッチ、 伊武雅刀、 ガッツ石松
収録時間:152分
レンタル開始日:2002-03-08

Story
第二次世界大戦中、両親とはぐれた少年が強制収容所で力強く生きていく姿を描く、SF作家、J・G・バラードの自伝的小説の映画化。日本軍による上海侵攻のダイナミックな描写や、少年とゼロ戦パイロットのみずみずしい交流など、印象的なシーンが多い。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意※※※

この時代の中国での日本軍をハリウッド映画スケールで見れたのは
いいんですが…。

一応、ゼロ戦のパイロットを礼儀正しく描いたり、日本人少年との
友情を描いたり、中国人による略奪を描いたりで一方的な視点では
ないよ。

日本にも配慮しているよと見えますが、結局は原爆を神の恵みの
ように描くことがこの作品の中心的なオチであり、それは大いなる
原爆正当化誘導作品なんですよね。

あんなに美しく原爆を描いてはだめだと思う。

直後にばら撒かれる物資の豊かさも奪い合いにならないものか、
奪い合いにならないほどばら撒けるなら、アメリカの余裕は計り
知れないと感じ、まさに神の恵みに見えたのがなおさら原爆の
美化を感じました。

いろいろ戦争映画見てるからか、彼らの捕虜生活もそれほど大変
に見えなかったですし。

原爆の報復とさも滑稽に竹刀で叩かせていたけれど、その都市への
無差別爆撃でどれだけの惨劇を生んでいるのかとも。


とここまでは感情論になりかねないんですが、少年の心の変遷が
今ひとつ伝わってこないのが評価の低い大きな理由です。

この少年は知的障害があるのかな?と勘繰りたくなるほどの
はしゃぎっぷりなんでよ。

しかもあんな大変なことになっているのに変化が無い。後々まで。

子供は主役にも拘わらず天真爛漫で無邪気なものだで終わって
しまっているように感じました。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★☆☆☆幸せのちから 2006 | ムービースタリオン | ★☆☆☆☆ミスター・ベースボール 1992>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |