映画やドラマの感想です
★★☆☆☆4ヶ月、3週と2日 2007
2016-09-01 Thu 22:00
監督:クリスティアン・ムンジウ
出演者:アナマリア・マリンカ、 ローラ・ヴァシリウ、 ヴラド・イヴァノフ、 ルミニツァ・ゲオルジウ
収録時間:113分
レンタル開始日:2008-09-10

Story
2007年カンヌ国際映画祭でパルムドール受賞をした、独裁政権末期のルーマニアを舞台に、友達の違法中絶を手助けする女性の一日を描いたドラマ。大学生のオティリアは妊娠してしまったルームメイト・ガビツァの違法中絶を手助けするために街を奔走するが…。 (詳細はこちら

中絶が法律で禁じられた独裁政権下の若者の違法中絶の話。

パルムドールでこういう題材だと認めないといけないみたいな
気がして叩きづらいのですが、まずよくある悲しい事を映像化
した以上のものは感じませんでした。

よく言えばリアリティがある。

けどそれは退屈なことが多いということで。

まあドキドキすることはするんですけどね。

けど、それって単に時代背景の違いから来る事ですからね。

当時の価値観で言えばなんでもないことなのに今見るから大変に
見えるわけで。

その上、まあ性にだらしない若い女性というのは今も昔も変わら
ないという感じかな。

そんなに厳しい時代なのになぜそんなに簡単に妊娠中絶するの?
と。


あと、アディがまるで無計画でだらしない男みたいに描かれるけど
これは当時の常識的な行動なんじゃないかなと。

今でこそ計画してないなら避妊しろだろうけど、昔は、いや今も
場所によってはもう漠然とSEXイコール結婚なんじゃないかな
と。

当時の当たり前が今見るとすごいことってあって確かにそれだけ
で成立させている作品て多いとは思いますけどね。

この作品は特にそれを感じてしまいました。

普通の父親であるベベが殺人罪である中絶に関わりピリピリする
のはよく分かったし、胎児の姿は衝撃的でしたけど。

と叩いてはいますが、見る価値は高いと思います。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★☆☆プラネット・テラー in グラインドハウス 2007 | ムービースタリオン | ★★★★☆トップガン 1986 再見>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |