映画やドラマの感想です
☆☆☆☆☆人のセックスを笑うな 2007
2016-12-12 Mon 22:00
監督:井口奈己
出演者:永作博美、 松山ケンイチ、 蒼井優、 忍成修吾
収録時間:137分
レンタル開始日:2008-07-25

Story
山崎ナオコーラのデビュー小説を永作博美、松山ケンイチ主演で映画化。ある日、20歳年上の講師・ユリに絵のモデルを頼まれた美術学校生のみるめは、自由奔放な彼女にたちまち恋をする。だが、彼女は結婚していて…。監督・脚本は『犬猫』の井口奈己。 (詳細はこちら

映画らしい映画もどきだったという感想です。

長回しで派手なカメラワークを使わないで自然な演技を引き出す
という狙いはいいんだけど。

派手なカメラワークがない代わりにところどころ狙ってます~って
カメラワークがあるところも浮いている。

でいくら映画らしい映画と言っても話の面白みは重要なんだけど、
「人のセックスを笑うな」という強烈なタイトルが内容と乖離して
しまっているんですよね。


猫的女、魔性の女を描きたいのは分かるんだけど、恋愛経験がろく
に無い大学生が妄想したかのように綺麗過ぎる。

でタイトルとの乖離からも作者や、分かってるつもりの人だけが
悦に入る、よくいう自慰臭がするのです。


はっきりとセックスを思わせるカットが無いということがこの映画
の象徴ですね。チュッチュチュッチュしつこくキスばかり。

年上の女性に夢中になる、旦那の存在を知りへこむ、でも夢中は
やめられない。

せっかくいい題材だったのに、その先が見たかったのに青臭い話に
フェードアウトというところでした。

まあ狙いがバレバレなので自然な演技でと監督役者一緒に唱えて
いる姿も目に浮かび、話にも引き付けられないので、自然通り
越して不自然に見えて仕方なかったです(^^;

後半蒼井を中心に持ってき過ぎてトリプル主演ぽくしようと無理
にしている印象も受けました。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★★★ハピネス 2007 | ムービースタリオン | ☆☆☆☆☆パッチギ!LOVE&PEACE 2007>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |