映画やドラマの感想です
★★★☆☆おろち 2008
2017-02-04 Sat 22:00
監督:鶴田法男
出演者:木村佳乃、 中越典子、 谷村美月、 山本太郎
収録時間:107分
レンタル開始日:2009-03-13

Story
楳図かずおの同名漫画を、『リング』の高橋洋脚本、『予言』の鶴田法男監督で映画化。人智を超えた不思議な力を持つ美少女・おろちの目を通し、不吉な宿命を背負った美人姉妹が抱く「美」への執着を描く。木村佳乃、中越典子、谷村美月が共演。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

楳図ホラーは最近低予算モノを見ているのでそれに比べると
キャストは超豪華だしセットも安っぽさは感じず重厚なつくり
ですね。

安易に派手でしょぼいCGに手を出していないのもあり。


難しい役を谷村のパワーで押し切った感じかな。

木村・中越も悪くない。

ただ欲を言えば木村はちょっと声が弱いなと思ったシーンも。

木村はルックスの迫力は文句無いんですが、終盤の中越の怪演
にひっくり返された感も。


で気になったのはおろちがちょっと中途半端だったかな。

おろちのシークエンスをもっとしっかり見たかったです。

見守ってるくせに最後のどんでんは知らなかったってあかんやん
と思ったし(^^;(笑)


ちょっとパッケージがいかにも立ち位置って感じで嫌なんです
よね。

これ、本来谷村が主演でもおかしくないと思うんですよ。

おろち=ドラえもん、木村=のび太 みたいなもんで、あんな風
に谷村の立ち位置を下げる意味が分からない。

おろちが見守っているということを表したいならああはならない
ですからね。

なんか中越とのクレ順の関係でおろちの話、削られてない?
なんて考えてしまったり( ̄ー ̄;)


PS 29歳を過ぎると、姉妹は壊れ、狂い始める…。
美の崩壊は、女の最期。

って何気にすごいキャッチコピーですよね(^^;

PS2 あのオチは実写だときつい(^^;
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★★★終戦六十年スペシャルドラマ 火垂るの墓 2005 | ムービースタリオン | ★☆☆☆☆お父さんのバックドロップ 2004>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |