映画やドラマの感想です
★★★☆☆俺たちに明日はないッス 2008
2017-08-06 Sun 22:00
監督:タナダユキ
出演者:柄本時生、 遠藤雄弥、 草野イニ、 安藤サクラ
収録時間:79分
レンタル開始日:2009-05-22

Story
傑作として名高いさそうあきらの同名コミックを『百万円と苦虫女』のタナダユキ監督が映画化。同級生の美少女・友野とヤリたくてしょうがない童貞高校生・比留間は、その友野が担任・吉田とラブホテルから出てくるところを目撃してしまう。R-15作品 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

17才位の男女の性のやりとりでイタタタと思うような共感出来る
かっこ悪さがありますね。

柄本時生は不細工俳優としてはとても貴重です(^^;

ああいう壊れてどこかいっちゃいそうな女の子ってねえ。

嵌るんですよ(^^;;

浮き足立ってる先生への嫉妬と苛立ちも分かるなあ。

ただあの終盤の海のそばの小屋への展開は強引に感じました。

あんな汚い部屋でしたくないって(^^;(笑)

(まあそれじゃドラマにならないかもしれないけど)

その後、海に行くとこも裸になるのが白々しい(笑)

あと17才のパンク化って全く面白くないです。

最近のこうした安易なリメイクには辟易としてます。

きちんと作品となるレベルにして欲しい。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★☆☆招かれざる客 1967 | ムービースタリオン | ★★★☆☆ラスト・ボーイスカウト 1991>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |