映画やドラマの感想です
★★★★★しんぼる 2009
2018-02-23 Fri 22:00
監督:松本人志
出演者:松本人志
収録時間:92分
レンタル開始日:2010-02-03

Story
『大日本人』に続く松本人志監督による長編映画。目を覚ますと見知らぬ白い部屋に閉じ込められていた水玉のパジャマを着た男。脱出を試みる男だが、出口はない。途方に暮れる彼が壁に触れると、“あるもの”が現れて…。 (詳細はこちら

※※※ネタバレ要注意※※※

こういう作品はつまらないか面白いか両極端な上にそのボーダー
が許容出来るかどうかにかかってくるので映画館で見といた方が
いいかなと思い。

正解でしたね。


一応脱出パートはベタベタな笑いが散りばめられているのでそれで
笑える人はよし。

まあ実際にはそれで笑わせる気は毛頭なくその後のうっすら白けた
ムードのコントロールぶりが面白いところです。


その辺はトカゲのおっさん辺りが楽しめてた人なら分かると思いま
すが。


いったいオチはどうなるねんで中盤からは引っ張られるので以降は
ネタバレになると思うので未見の人は見ないことをお勧めします。


もろバレになるかもしれないけど要するに「2001年宇宙の旅」

「火の鳥」と同じような落としどころです。

「2001年宇宙の旅」で猿が投げた骨がチンポ弄りになったよう
なものです。おっさんは猿、未熟な人類ですね。

小さい子供って妙にチンポ弄りますもんね。
でそれってある意味一生続くわけで。

フロイトが主張する男根期などでもこのチンポ弄りは重要ですし。


世界中に起こる事象、奇跡はチンポ弄りから起こることだという
か。

まあ性欲・支配欲は大きな悲劇ももたらしもますが革新の原動力
にもなりうることは周知のことですし。

一心不乱にチンポ弄ってたらむさいおっさんになっちゃったけど
それって神っぽくね?と。

なんか人類奇跡的に進歩してるしと。


もう一つの柱のメキシコのレスラーの映像がやたらに艶かしくて
生活感溢れるというか。

というか本当にこちらも松本監督?というくらいの立派な映像。

それがいっそう閉じ込められたおっさんを引き立てますね。

その二つがどう繋がるのよということが知りたくて中盤は
ひっぱられます。

その辺は上手いかなあと思う。

「2001年宇宙の旅」を見ていてそれをどう捕らえているかによって
この映画の受け止め方は大分違う気がします(・、・)
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★☆☆☆☆ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE 2008 | ムービースタリオン | ★★★★☆戦場のメロディ ~108人の日本人兵士の命を救った奇跡の歌~ 2009>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |