映画やドラマの感想です
★★★☆☆しゃべれども・しゃべれども 2007
2011-07-19 Tue 22:00
監督:平山秀幸
出演者:国分太一、 香里奈、 森永悠希、 松重豊
収録時間:109分
レンタル開始日:2007-11-09

Story
2007年本屋大賞を受賞した佐藤多佳子の原作を、国分太一主演で映画化。東京の下町を舞台に、不器用な人間たちの友情と成長を描く。ひょんなことから「話し方教室」を始めることになった二つ目の落語家・今昔亭三つ葉の下に、ワケありの3人が集まる。 (詳細はこちら

※ネタバレ注意

暖色系の黄色がかった色補正が、作風にマッチしていて、そんなに
すかっとしてはいないけど、それもいいかなと思える。

そんな作品でした。


なぜ、それぞれが出来るようになったのか?とすっきりとはしない
けど、お互いが向上心をもって、協力し合ってそれぞれの問題点を
克服していったでいいかなと。


30%と言われ、なぜ胸に飛び込むのかも分からないけど、それも
いいかなと(笑)


国分太一は思ったよりかっこよくてよかったです。

さすがは一応アイドルなんですね(^^;


彼の一つのクライマックスの落語は誉められたほどの出来だとは
思いませんでしたが。

一応しっかり練習はしてるなとは思うけど、まず第一に目が自信
なく泳いでいて、客と向き合ってない感があったのが落語としては
宜しくなかったような(・、・)

よく出来たとオチがつくほどには。


あと彼のキャラがどうもアンマッチでふらふらしていたような。

五月(香里奈)のポニーテールを彼女の不意に後ろからぐいっと
ひっぱったり、一方的に自分の意見で怒鳴り散らし、しかりつける
のはあの役にはあっていない気がします。

粗暴すぎて魅力も感じなかったし。


落語家というキャラにしても、ダメだダメだ散々言われ続け、あき
らめるかあきらめないかという時期のキャラとしてもアンマッチ。


ただの熱血ややDQN系キャラとしては見事なステレオタイプだと
思いますが。


評判の子役はこなれすぎてて逆に面白みは少なかったですね。

役者としてはなかなかすごいと思いますが。


一番良かったのは香里奈です。

最後の落語の活き活きした感じがとても良かった。

あとツンデレキャラは十八番とばかりに。

なんちゃってデート後は口紅濃くしたり、最後のデレぶりや。

また見事なまでのスタイルの良さで劇中美人と言われる説得力も
抜群。

正座してるように見えない足の細さもすごく(^^;(笑)


話は戻しますがそれでもなんとなく暖かく、見て得したなと思えて
しまう一品。
別窓 | 映画 | コメント:0
<<★★★☆☆名探偵コナン 工藤新一の復活!黒の組織との対決 2007 | ムービースタリオン | ★★☆☆☆ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 2007>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ムービースタリオン |